スポンサーリンク

学習の心理学 時間を制する者は人生を制する

SNSでコメント待ってます

人気の心理学
学習の心理学ドーパミン

今回のテーマである「時間の活用法」は前回の学習の心理学のときにも少し触れましたが、最も効果的で簡易的な活用法のひとつに制限時間を設けるというものがあります。
たとえば、勉強をこれから始めようとするときに30分以内に1ページを終わらせるだとか、ひとつの問題に5分以上かけてはいけないといったことがやる気を出すのに効果があります。

もちろん、これは仕事の場合にも使えます。メール確認は5分以内とか書類整理は10時までに終わらせるといった状況に使えますね。

脳科学者として著名な茂木健一郎先生は、この作業における制限時間のことをタイムプレッシャーと呼んでいます。ひょっとしたらテレビで聞いたことがある人もいるかもしれません。
このタイムプレッシャーを自分にかけるということは、ただ単に作業を早くする、やる気を起こさせるということ以外に3つの大きな意味を持っています。

1つにはダラダラ癖を改善したり予防することができること。わたしたちは自分に許された作業の持ち時間が多ければ多いほど、その時間をいっぱいに使おうとして自分で作業スピードを遅めてしまうということが心理学の研究結果からわかっています。
まだたくさん時間があるからと言って、本来ならとらなくてもいい作業にも時間を割いてしまうようになるのです。
これは、セルフハンディキャッピングと言って、「いろいろやることがあったからうまくできなかったのは仕方ないよ」と自分に言い訳をしてしまう原因にもなります。

2つ目の意味は作業時間という数値を設けることで、自分の能力を数値化して自分を客観的に眺めることができるようになるということです。これができるかどうかで、前回の学習の心理学のテーマでもある「自分の能力に合わせた難易度の最適化」の精度が大きく変わってきます。自分のことを客観的に数値化できないと、きちんとしたレベル合わせがうまくできないからですね。

3つ目の理由はゲーム性の有無です。ゲーム性があるかどうかでその作業を楽しめるかどうか、さらには集中できるかどうかが決まってくると言っても過言ではありません。
楽しいことをやるときと、楽しくないことをやるときのモチベーションが全然違うのは誰でも簡単に想像できるだろうと思います。そこで作業の中に制限時間を設けて「何分以内にクリアするぞ!」とゲーム性を自分で作ってしまうことで楽しい上に集中力がつき、作業のスピードが上がるといった一石三鳥のお得な効果があります。

ですから、ダラダラ癖の予防しながら、自分自身を客観視して調子に乗らないように注意し、最終的にはその作業自体を楽しみながらやるために、仕事でも勉強でもスポーツでも、制限時間を設定してから作業を始めることをおすすめします。

今回のお話、みなさんはどう思いましたか?

学習の心理学 時間を制する者は人生を制する
最後まで読んでくれてありがと!
よかったらいいねしてたまにチェックしてね^_^/

SNSでコメント待ってます

よかったら友達になろうず