スポンサーリンク

成功の見込みがない人ほどブランド品で派手に着飾る心理的傾向がある

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

ブランド品に目がないという人は心の安定が崩れているかもしれません。

誰もが知っているような高級ブランド品で身を固めている人ほど自分に自信がなく、容姿や能力などに不満を持っているという研究結果があります。そういう人たちは自分に自信がないために価値のあるアイテムを身につけて武装をしています。

当然ですが、このようなやり方ではいつまで経っても自分に自信が持てるようにはなりませんし、外的な要因に依存することで自分に対する満足度がもっと下がっていってしまう危険性があります。

またブランド品に限らず、アクセサリーを好んで身につける人ほど、現時点での能力が低く、将来性もあまり明るくないということもわかっています。

アメリカ、ニューヨーク大学のマイケル・ソロモン博士 は、 将来的に成功の見込みのない学生(成績が悪く、仕事のオファーもこない)ほどアクセサリーを好むというデータを報告しています。

先ほども言いましたが、自分に自信がない人は他人から見て明らかにゴージャスでさも価値のあるようなものを身につけることによって自分がそれに値する人間であるということを示しています。

これを心理学用語では拡張自我と呼びます。自分が身につけているものや気に入っているものを含めて自分の一部だと認識することです。

例えば、自分のお気に入りのものが乱雑に扱われると腹が立ったりしますが、これも自分自身がぞんざいに扱われているかのように感じるためです。私たちは、私たち自身のみならず私たちが愛するものも一緒に愛してほしいと相手に期待する習性があるのですね。

ブランド品やアクセサリーを好む人というのは、この拡張自我を利用して自分の価値を高めて周りからの評価を得ようといるのです。

さらに言うと、これはまったく無意味な行為というわけではありません。

私たち高級なものやブランド品を身につけて清潔感のある人を信用するようになっています。詐欺師が詐欺師っぽい格好をしないのはこのためです。

また実際にビジネスの現場では、安物のスーツから高級なスーツに着替え高級腕時計をつけただけで、やっていることは同じなのに、仕事で得られる収入がとても高くなったパフォーマーの事例もあります。

・わりと簡単に、速攻で自信をつける方法

私たちの脳には「高級なもの=良いもの」という自動思考があり、さらにはそれを身につけている人も優秀に違いないと思い込んでしまう性質があるのです。

とはいえ、これは騙しのテクニックとしては申し分ありませんが、長期的な関係を築いていく場合には弊害があります。なぜなら見た目だけで判断するような人たちが集まって来やすくなるためです。そういう人たちとは私たちは本当には仲良くなれません。

また最初にも言いましたが、ブランド品にこだわることは自分自身のメンタルにも悪影響です。実力を高めようと思う機会を失ってしまうからです。

しかし、そのブランド品の質や機能性を認めた上で使うのであれば、もちろんこのような悪影響はありません。実際に使用感を気に入っているのですから、見せかけだけとは違う、意味のある行為なわけです。

そんなわけで、自分がブランド品にこだわっているのなら自己成長のチャンスと捉え、周りにやたらとブランド品をひけらかしてくる人がいたら距離を置くことを考えましょう。