スポンサーリンク

触わると好きになる?体に触れると相手の心にも触れられる

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

ボディタッチがうまい女子はモテるというのは世間でよく言われていることですが、これは科学的にも正しい事実です。私たちは基本的に人に触ってもらうことで気分が良くなって相手への好意が増します。

例えば、仲の良い人同士やカップルはお互いに頻繁に触れ合いますよね。これは相手への好意を示すための自然な行動なんですね。

今回はそんな触れ合う科学について、ある心理実験を元に話していこうと思います。

そっと相手に触れると好かれる

イスラエルのアビブ大学に所属するホーニック博士は人が人に触れるタッチングに関する研究を行ないました。その研究では大型の書店を実験場所に、女性の店員さんにお客さんに接客する際に体にそっと触れるように指示したところ、それだけで店の評価が上がり売り上げも多くなるという事実を突き止めました。

実験では、お店の入り口でカタログを渡す際にさりげなく相手の手のひらに触れるという行動を店員に指示しました。すると、そのような接客を受けていないお客さんに比べて、手のひらに触れながらカタログを渡されたお客さんは店内の滞在時間が増えて本もたくさん買ってくれました

この店内の滞在時間というのは店舗の売り上げをアップさせるうえで重要な要素の一つであることは以前にも話しましたが、やはり今回の心理実験でも関わってきましたね。

ちなみに実験でのデータを示しますと、タッチングされたお客さんの滞在時間は約8分増え、5点満点でつけてもらったお店の評価は平均で1ポイントも増え本に使った金額も約20%も増えました。大健闘ですね。

大切なのは自然なタッチ

ただ今回の実験での注意点は、実験を指示されたのが女性店員限定なところですね。男性の場合のデータではないので、男性だとどうなの?という疑問がありますが、さりげないタッチなら男性でもいいんじゃないかと個人的には思います。触り方が自然であれば、軽く触れられても私たちは特に気にしませんが、その効果は絶大ですからね。

例えばですけど、コンビニ等で店員さんにお釣りを渡される際に手に触れながらの方がなんとなく安心しますよね。それと同じだと思います。

ただし、露骨なタッチは嫌われるので注意が必要ですし、今回の実験が示すように女性の方がタッチングの効果が高い可能性はあります。

さらには別の心理実験でも、タッチングをされながら人にお願い事をされると、相手が知らない人であってもお願い事の承諾率が上がるというのもあります。触れ合うことで生まれる心理効果というのは心理学界ではけっこう研究されているんですね。

何にせよ、私たちは誰かに触れてもらうのが基本的には好きなので、お互いに好意が確認できている場合はもちろんのこと、気になる相手にも自然と触れ合う機会を作っていくことが仲良くなるコツであります。

さりげないタッチは相手に好かれやすくなる
触れてきた人物だけでなく店舗への評価も上がり、売り上げもあがる
女性の方がタッチングの効果が高いかも?