スポンサーリンク
お金の心理学

【やる気】行動意欲が高い人はドーパミン量が人より多い

ADHD治療薬と認知機能 注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療に使われているメチルフェニデート(商品名リタリンで有名)などの脳を覚醒させる薬は、認知機能の向上を目的に使用されています。 ときに、こうした興奮剤は、AD...
サイコパス・天才

【危ない性格】他人を平気で傷つける冷淡無感情特性について解説

冷淡無感情特性とは? 冷淡無感情特性(Callous-unemotional traits, CU)は、他者を尊重せず軽視や無視をするほか、共感性の欠如や一般的に欠落した感情を反映する持続的な行動パターンによって特徴付けられていま...
アサーティブネス・自己表現

【チャルディーニ賞】大人が理解を示すと子供の犯罪率が劇的に低下する

少年再犯率を半減させた研究 今回は、優れた社会心理学の研究に与えられるロバート・B・チャルディーニ賞の2022年の受賞研究について解説していきます。 これは2021年におこなわれた、スタンフォード大学心理学部のグレゴ...
スポンサーリンク
やる気・モチベーションの心理学

【ドーパミン】幸せになりたいのなら、幸せになるな!?

ドーパミンと薬物中毒 今回はやる気や喜びといった感情にかかわる脳内神経物質であるドーパミンについての解説の続きです。 脳の快楽システムを乗っ取るほどの強力な消費報酬である薬物となると、ドーパミンについての話はより悪質...
やる気・モチベーションの心理学

【なぜ?】成功者からのアドバイスが役に立たない心理的理由を解説

成功者のアドバイスは過信されている 以前に紹介したある心理現象で、「人は成功者からのアドバイスを過信しすぎてしまう」というものを話しました。 簡単に説明すると、私たちはある分野についての改善や目標達成を望む場合、その...
会話術・話し方の心理学

【5つの愛情表現】相手の好きなイチャイチャをすることでもっと仲良くなる

恋愛言語について 恋愛感情を表現する方法や、それの受け取り方は人それぞれに異なっています。 愛の言葉をささやかれることが好きな人もいれば、黙って手をつなぐことが好きな人もいます。プレゼントが嬉しい人もいれば、何もなく...
やる気・モチベーションの心理学

【やる気】不快感を受け入れることがモチベーションアップにつながる

不快感でやる気が上がる 今まで試したことのないことに挑戦するときは誰でも緊張し、ストレスを感じるものです。 また、新しいことに挑戦するときに感じる不快感を、「この挑戦は自分の手に負えない挑戦であるサインだ」と解釈して...
ゲーム・遊びに関する心理学

【YouTube】動画を見るだけで学べた気になる!が、実際はできていない

すぐ何でもできる気になる心理 ソーシャルメディアの台頭により、私たちは教育的なビデオでも簡単に録画し、共有し、そこに自由にアクセスできるようになりました。 最近では新しいスキルや知識を習得するために、YouTubeや...
やる気・モチベーションの心理学

【衝撃】成功者からのアドバイスは実は役に立たない

成功者=最良の教師ではない 多くの人は、何かを達成するための有益なアドバイスが欲しいとき、その分野で成功している人に話を聞きたがるでしょう。 しかし、2022年におこなわれた研究によると、成功者のアドバイスが実際に役...
やる気・モチベーションの心理学

【ドーパミン】お菓子が止まらなくなるのはなぜなのか?

食べ過ぎにつながるドーパミン 今回は脳内神経物質であるドーパミンについての解説の続きです。 前回はドーパミンがもたらす喜びの感覚として「期待報酬」と「消費報酬」があるという話をしました。 実は、この後者...
催眠・思い込み・バイアスの心理学

【人助け】悩んだら人助けしてみよう!たいてい相手に喜ばれるぞ

見知らぬ人を助けていいのかどうか 曖昧な状況下では、こちらからの援助の申し出を歓迎してくれるかどうかを判断するのは難しいものです。 「困っているように見えるけれど、自分が話しかけていいのだろうか?何か手助けになること...
やる気・モチベーションの心理学

【ホルモン】やる気と気持ち良さに関係するドーパミンについての解説

ドーパミンについて簡単解説 ドーパミンは、私たちの脳の報酬系システムに関与する重要な神経伝達物質です。 やる気や喜びをつかさどるホルモンとして有名なので聞いたことがある人も多いでしょう。 私たちが何か気...
催眠・思い込み・バイアスの心理学

【スピ系】神様の意思はどう作られる?人によって宗教の解釈が異なる理由

自己中心的な人間の思考 これまでの心理学の研究によれば、人は他人の気持ちを考えるときでさえ、自己中心的に考えてしまうことがわかっています。 例えば、「自分は○○されると嫌だから、きっとこの人も嫌なのだろう」「自分は○...
イメージを変える・印象操作の心理学

【性格を見抜く】ただ握手をしただけで、その人の性格がわかってしまう

握手しただけで性格を予測 嘘みたいな話なのですが、ただ握手をするだけでその人の性格の一部があらわになるという話があります。 今回紹介するオレゴン州立大学心理学部のフランク・J・ベルニエリ、クリステン・N・ペティ博士ら...
ポジティブ・ネガティブ思考

【クリスマスの呪い】クリスマスの前後に病気や自殺が増えるのは本当か?

気分が悪くなるクリスマス効果とは? 実はクリスマス効果(The christmas effect, またはクリスマス現象, Christmas phenomena)と呼ばれる心理現象が、いつからか都市伝説のように存在しています。 ...
お金の心理学

【病み期サイン】メンタルがおかしくなると現れる “ある心理的変化” を紹介

心が病むと衝動的な性格になる 2019年におこなわれたマクマスター大学のマイケル・アムルング、ランディ・マッケイブ教授、カンザス大学のデレク・リード博士らが依存症や中毒症状について調べた研究によれば、ある性格特性が精神衛生上の問題...
イメージを変える・印象操作の心理学

【読心術】あなたは他人からどう思われているのか?を正確に調べる方法

人は他人にどう思われるのかを考える 社会的動物である私たち人間は、他人が自分のことについてどう思っているのかを、多くの時間を費やして考えています。 例えば、私は相手にとって、魅力的か、知的に見えるか、能力があると評価...
心と体の健康心理学

【痩せるサプリ】超朗報!体重減少に役立つサプリメントが見つかる

ビタミンDが不足するとなぜ太るのか? 2015年の欧州肥満学会で発表された研究結果によると、ビタミンD不足の肥満・過体重患者において、ビタミンDの補給が体重減少に役立つことが明らかになりました。 これまでの研究で、ビ...
勉強・自己成長の心理学

【知性アップ】子供のIQを上げるもの・下げるもの

知性は赤ちゃんの時の食事で決まる 7,000人以上の子供を対象とした研究では、幼いときの食事の内容と成長後のIQとの関連性が判明しています。 アデレード大学(オーストラリア)公衆衛生学部のリサ・G・スミザーズ、レベッ...
しぐさの心理学

【印象操作】人は歩き方を見て、その人がどんな性格なのかを直感で判断している!

歩き方を見れば人の性格はわかるのか? 過去の研究から、私たちは、他人の顔や声、服装など、ほんの一瞬の表情から、驚くほど多くの正確な情報を得ていることがわかっています。 では、歩き方ではどうでしょうか。歩き方を見れば、...
やる気・モチベーションの心理学

【心理テスト】あなたがどれだけ努力好きな性格かを調べる心理テストを紹介

認知必要性の測定方法 今回は認知必要性の解説の続きです。 これまで数回にわたって認知必要性の意味と特徴について話してきましたが、今回は認知必要性のレベルを調べる方法について話していきます。 認知必要...
ビジネス・成功の心理学

自信を持つようになると人生の満足度はどう変わるのか?自信と幸せに関する心理学

自信を持つと人生の満足度は変わる? 「自信を持とう」「自分を愛せるようになろう」「根拠のない自信が大切」と世間でよく言われるように自信や自己受容の気持ちというのは幸せになるために必要なものだと認識されています。 果たして、これら...
しぐさの心理学

【外向性】外向的な人だけがおこなう、他の人と違うこととは?

外向的な人は職場で評価されやすい 私生活だけではなく職場においても、外向的な性格は有利なほうに働きます。 いくつかの研究によると、内向的な同僚に比べ、外向的な人はしばしば質の高い社会的相互作用を行い、他の人と信頼関係を築くのに役立っ...
やる気・モチベーションの心理学

【計画力】やる気を出し続けるために一番最初にすべきことは予備目標の設定

 
ストレスの心理学

【愛着保障効果】愛の力がスゴい!愛情の影響力を強化する方法

愛着保障プライミング効果とは? 愛情や愛着を思い出すこと(愛着プライミング)は、人間関係に対するポジティブな期待や感情をもたらすことが研究で示されています。 たとえば、以前に紹介した心理学研究では、心がダメージを負うほどのショッ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました