くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【お手軽心理テク】階段を上り下りするだけでも幸福度と健康度がめっちゃ上がる

 

  • 日常生活の運動効果がすごすぎる
  • 簡単な運動のほうが健康にとって大事だ!
  • 階段を使うだけで幸福度がアップする!
  • 無駄な動きを増やしてニートを増やそう
  • メンタルが弱い人ほど運動効果が大きくなる
  • 参考論文

 

日常生活の運動効果がすごすぎる

 

ドイツのハイデルベルク大学、カールスルーエ工科大学、アメリカのペンシルベニア大学などが2020年におこなった研究によると、ウォーキングや階段の上り下りのような日常におこなわれる単純な動作が、精神衛生上の問題を回避するのに役立つことがわかりました。

 

さらに、すでにメンタルヘルスに不調をきたしていたり、もともと精神医学的な問題を抱えやすい性格の人たちは、このようなちょっとした運動からさらに多くの恩恵を受けるようです。

続きを読む

【計画の立て方】逆算的スケジュールを使って生産性を高める方法

 

  • 終わりを決めることで生産性アップ
  • 固定スケジュール生産性とは?
  • 退社時間を守るためには非情な決断が必要不可欠
  • スケジューリングはストレスを下げる
  • 参考文献と新著情報

 

終わりを決めることで生産性アップ

 

仕事というのは終わりを決めないといつまで経っても終わりません。

 

やるべきこともやりたいこともあなたの身近に溢れており、自分で調節しない限りは常に何かのタスクを抱えることになってしまいます。

 

そこで役立つのが逆算的スケジュールテクニックです。

続きを読む

【疲れ知らず】仕事や勉強による疲労感を減らす心理テクニックは計画力にある

 

  • 疲労感を減らすコツはコントロール感
  • 仕事の疲れが残らない
  • 何かを始める前にスケジュールを計画しよう
  • 参考論文

 

疲労感を減らすコツはコントロール感

 

あなたは仕事や勉強、または家事によって生み出される疲労感を減らしたいですか?それならば良い方法があります。

 

2006年におこなわれたシェフィールド大学心理学部のG・ロバート・J・ホッケー、フィオナ・アール博士らの実験によると、仕事が生み出す精神的疲労感は作業スケジュールを自分でコントロールすることにより緩和されることがわかっています。

続きを読む

軽い運動の効果は軽くない!1日たった5分の運動で死亡率が大幅低下

 

  • 負荷の軽い運動を短時間おこなうだけでOK
  • 5分間のランニングによる健康効果
  • 5~15分の運動で下がる死亡率の割合
  • ランニングは禁煙するのと同じくらい重要!
  • 健康効果の上限は週に150分
  • 参考論文

 

負荷の軽い運動を短時間おこなうだけでOK

 

運動の健康効果が大きいことは周知の事実ですが、実はあまり激しくもなければ複雑でもない運動を短時間行うだけでもかなりメリットがあることがわかっています。

 

どうやら私たちが普段思っている以上に、負荷の軽い運動がもたらす健康効果は大きいようです。

続きを読む

【ADHD】集中が苦手な人が注意力の散漫を成功に結びつけるための方法

 

  • ADHDの人が持つ才能とは?
  • ADHDの武器はクリエイティブ能力
  • 集中力のなさは創造性が高い証拠
  • 参考論文

 

ADHDの人が持つ才能とは?

 

ADHDの子どもは、音楽、美術、コンピューターといった分野が得意な傾向があります。

 

さらに、彼らは物事の仕組みに対する探究心が強く、問題を解決する方法について想像力豊かな考えを持つことさえあります。

続きを読む

【簡易性格テスト】内気な外向型、社交的な内向型の人はどんな人?

f:id:kruchoro:20220410200748j:plain

 

  • 自分の社交性と外向性のタイプを理解する
  • 社交・外向レベルを調べるための簡単なテスト
    • 場面1、パーティーのような人が多い場所でのふるまい
    • 場面2、図書館のような静かな場所でのふるまい
    • 場面3、電話が鳴ったときの反応
  • 社交性・外向性は変化することもある
  • 参考論文

 

自分の社交性と外向性のタイプを理解する

 

あなたは、内向型/外向型、内気型/社交型のうち、どの特性に最もよく当てはまるでしょうか?

 

もちろん、人を簡単に分類することはできませんが、外向性と社交性に関して言えば、ほとんどの人は次の4つのグループのいずれかに傾いていると考えられています。

続きを読む

【外向性の限界点】高すぎる必要なし!外向性は中程度あれば十分に機能する

 

  • どこまでの陽キャが好かれるのか?
  • 外向的だと人間関係が良く、うつにもなりにくい!
  • 外向性が高レベルになると影響力がなくなった?
  • やりすぎ効果
  • ネガティブな影響はなし!
  • 外向性はどのくらい高ければいい?
  • 参考論文

 

どこまでの陽キャが好かれるのか?

 

外向性の高さは基本的には人に「好かれるポイント」となりますが、今回紹介する研究によると「外向性が高レベルになっても、めちゃめちゃ人に好かれるようになるわけではない!」ということがわかっています。

 

外向性の高さが与えてくれる心理的恩恵にも限界点があり、ある程度のレベルに達してしまうと外向的なことによるポジティブな効果が薄れてしまうのです。

続きを読む