スポンサーリンク

頭が良い人たちに共通するちょっと変わった思考習慣

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

自分自身を大切にできる人は能力が伸びていきます。

自分が持つ能力や個性を伸ばすということは、自分の時間を才能の開発にあて、それに集中するということです。当然、無理をしていたり努力自体が辛くては続きません。私たちの頭には我慢できる許容範囲があり、それは普段私たちが思っているよりもすごく小さいものです。

そこで、集中力を維持するために必要な作業が出てきます。それが自分自身を大切にするということです。

集中するには健康が大事

具体的に言うと、肉体と心の健康を保つということですが、頭の良い人たちはこれを無意識的にやっています。これまでの経験からそうすることが成功に繋がると知っているのですね。

肉体の健康も心の健康もお互いがお互いに作用し、状態の変化も連動しているので、どちらの場合も健康の維持の仕方は基本的には同じです。このブログでよく言っているように、運動、睡眠、食事です。

・幸せ&モテるようになるための手っ取り早い方法。最強の恋愛心理学

睡眠は特に年収を変えるほどの影響力を持っています。健康と幸福が同時に手に入るカテゴリーです。

・成功と収入を決める睡眠時間の科学!よく眠る人は仕事もできる

考え方でやる気も変わる

心の健康はこれらの要素にプラスして、認知的な働きかけが有効です。

つまり、考え方ですとか思考法を使って、物事の価値観を別の角度から見たり、自分なりの評価を下すということです。考え方については、いくつか書いてきていますので、そちらを参考にしてください。

・やってはダメ!自信を失う行動と考え方。勇気を持つための心理学

さて、認知的な働きかけの2つ目である、自分なりの評価基準ですが、頭の良い人はこちらの能力も高く、面白い学習習慣を持っていることがわかっています。

その面白い学習習慣とは、自分を褒めるということです。

賢い人ほど自分を褒める!

頭が良い人、学校の成績が良い人は他の人たちに比べて、一人でいるときでも自分自身に話しかけて自分を励ましたり褒めたりするという習慣を持っています。

自分自身に話しかけることが学習面でプラスの影響をもたらすのです。面白い心理効果ですよね。一見すると変な人のようにも見えますが笑。

どうして自分に話しかけると学習能力がアップするのかというと、これが先ほど言った心を健康にする認知的な働きかけになっているからです。

自分に話しかけることで心が健康に!

考えてみてください。励まされたり褒められたりすると、人はどんな気分になりますか?

ひねくれた性格でなければ、基本的には嬉しいですよね。つまり、気分が良くなり、勉強中でも心の健康が高い場所で維持できるのです。

自分で自分を褒める場合も同じです。普通に考えると自分で褒めてもあまり意味がなく、人から褒められないと効果がないように思えます。

しかし、脳みそというのは意外ところで単純な構造になっていまして、実際には自分で自分を褒めるだけでも、他人から褒められたときのように、十分に心理的にプラスの効果があるのです。

独り言が多いと成績が上がりやすい

アメリカ、ミシガン州立大学で心理学を研究しているジョエル ブロフィー博士は、自分で自分に話しかける習慣を持った子供達は成績が向上しやすいという法則を見つけました。

ブロフィー博士は、自分で自分を褒めることはそれ自体が報酬になり、おかげで努力することをいとわなくなり成績が良く伸びるようになるのだと言っています。

博士の言う通り、自分で自分を褒めること自体が報酬になってやる気が上がるのですね。そして、この報酬の設定が物事を根気よく続けるために必要な要素の一つなのです。

どんな強靭な心を持っている人でも、努力していることがうまくいかず思っていたよりも成果が出ないと落ち込んでしまいます。そうなると、やっている作業が大きな苦痛になってしまい、努力は続かなくなります。

・自信のある人が成功する理由。自信の高さは能力の高さと比例する

報酬が集中を保つ秘訣

ただでさえ勉強や自己成長のための新しい挑戦というのはエネルギーを使います。新しいことは、普段から行なっている慣れている作業よりも、ずっと疲れます。そのせいで肉体的なエネルギーも、心のエネルギーも消耗してしまいます。

そんな状況にあって自分の努力が無駄に終わっていると感じれば、当然ですが私たちは作業を中断したり、その作業自体を嫌いになってしまうのです。

ですから、この努力の失敗を防ぐために目標と報酬の設定が重要になります。

・やる気を出し続けるために一番最初にすべき大事なこと。目標達成の心理学

しかし、長いスパンの目標の場合は、報酬が手に入るまでの間、ずっとエネルギーを消耗し続けることになり、必ずエネルギー切れを起こします。

短期的な報酬を設定しよう

そこでエネルギー切れを起こす前に、作業自体が楽しく感じられ好きになれるような報酬を用意するのです。それが自分を褒めるという行為です。

賢い人たちはこの脳みそのシステムを直感的に理解し、うまく利用していたのです。彼らは自分で自分を褒めることで短いスパンで努力に対する報酬を与え、努力を必要とする作業中でも自分の気分が常に良い状態でキープできるように手を打っていたのですね。

・あなたの人生を劇的に変えるかもしれない小さな変化の起こし方

学習効果もアップできる

さらに言うと、自分が学習している内容を言語化することで頭に入りますし、まだ理解できていないところとすでに理解できているところが明白になります。自分が何をわかっていないのかを理解していれば、そこに重点的に学習の時間をあてることができ、さらに成績がアップできるという流れが作れます。

つまり、勉強が得意な人たちは、自分で自分を褒めることで気分をコントロールすると同時に自分で自分に勉強内容や感情について話しかけることで学習効果も倍増させていたのです。

この独り言学習術は、勉強はもちろん仕事でも使えますので、一人で仕事する場合は(別に周りに人がいても全然いいのだけれど)自分で自分に話しかけて自分を鼓舞してあげるといいですね。

・やる気を高めて計画通りに絶対に実行する方法!目標達成と行動力の心理学(有料)

自分で自分に話しかけると成績が上がる
自分で自分を褒めると努力が続きやすい