スポンサーリンク

注意!言い訳すると本当にダメ人間になる!言い訳の心理的に正しい使い方

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

言い訳の心理学

言い訳を繰り返していると、本当に能力が下がります。

心理学の言葉に自己成就予言(予言の自己成就)というものがあり、自分の言っていることや信じていることが実際に起こるように、無意識に自分からその方向へ努力してしまうというものです。

この心理現象が存在するために、私たちは言い訳をすることで、その言い訳に合った能力になるまで無意識に自分の力を抑えようとしてしまいます。仮想の話に辻褄を合わせるために現実を変えてしまうのです。

自己成就とラベリング

これはラベリングの心理効果と同じです。ラベリングには、私たちの心に良い効果をもたらす場合もあれば、言い訳のように悪い方に働いてしまう場合もあるのです。

良い効果のラベリングは、教育の現場でもその成果が証明されていますので参考にしてみると良いです。もちろん、大人にも有効な心理術です。

・90%の人を動かした!子供にも使える優秀すぎるラベリング心理術

90%の人を動かした!子供にも使える優秀すぎるラベリング心理術
イメージ次第で生活習慣が変わる 私たちの頭の中にあるイメージの力は強力です。 私たちは自分でも意識できないレベルで、頭の中にあるイメージに行動を決定されています。ですので、イメージの力を利用することでやりたいことができるようになったり、やりたくないことを抑えら...

そして、この自己成就予言効果があるので、特に何かに挑戦する前に言い訳をしてしまうのは大きなNG行動となります。

言い訳を現実に変えようという心理が働き、挑戦する前から自分の能力を下げてしまって、そのせいで望んだ結果が得られないということが起きてしまうからです。

そして、その結果、言い訳をした人は自信も失うことになります。

・恋と仕事を成功させるために最初にとるべき心理戦略

小さな成功体験が恋と仕事を成功させるために最初にとるべき心理戦略!
勝ち組に入る方法 勝ち組というグループに所属する方法があります。 人生には上り坂と下り坂と平坦な道とがありますが、勝ち組と呼ばれる人たちは上り坂に分類されます。調子は絶好調で、業績成績ぐんぐんアップ!異性にも同性にもモテモテ!という感じですね。 毎日起こる出来事...

言い訳をすると本当に成績が悪くなる

アメリカ、テキサス大学のリスカ博士は、189名の学生に体力テストを行わせました。このとき、「体調が悪くて」「前日あまり寝ていなくて」と言ったように、テストを行う前から言い訳をする学生は実際にテストを受けてみると成績が悪かったそうです。

有名なセルフハンディキャッピング効果と呼ばれる現象です。これは、成果が出ない言い訳を先に公言しておくことで成果を出さなくてもいい言い訳を手に入れることになり、実際に全力を出さなくなってしまう心理効果です。

以前に登場した際は、この心理効果を防ぐ心理術について話しました。

・あなたの人生を劇的に変えるかもしれない小さな変化の起こし方

あなたの人生を劇的に変えるかもしれない小さな変化の起こし方
小さな変化は大切です。なぜなら、小さな変化の結果は決して小さくはないからです。 では、小さな変化はどのように起こしたらいいのでしょうか?今日はその具体的な方法について話していきます。 習慣を変えるよりも、習慣に従う そもそも人間は不安定よりも安定...

この言い訳効果の恐ろしいところは、本当に能力が下がってしまうということです。

さらには実際に能力が下がってしまったために、悪い結果を目にした本人は余計に自信を失ってしまうということが起こります。

やっぱり自分には才能がないのだ、と思い込んでしまうのですね。つまり、言い訳をすることは二重に心理的に不健康なのです。

1つは能力が下がるから、もう1つは悪い結果に自分がショックを受けてしまうから、です。

これは以前に話した、他人に責任を転嫁するのがダメな理由と似ていますね。

・他人まかせをしてはいけない理由!責任転嫁はメンタルに悪影響。自己選択の心理学

他人まかせをしてはいけない理由!責任転嫁はメンタルに悪影響。自己選択の心理学
自分で決める人は健康的! 物事の決定は自分自身で行う方が心理的にプラスの効果があります。他人任せにしてはいけないのです。 他人や環境に問題の原因や責任をなすりつけてしまうと、傷つくのは責任転嫁をしてしまったその人自身です。意外な事実ですよね。 一見すると他者に責...

言い訳と怠け癖

このセルフハンディキャッピングは、日常の色んな場面で出てきます。特に怠け癖のある人と言い訳効果は関連性が高くなっているので要注意です。

例えば、勉強や仕事などのやるべきことがあるのに、そこまで重要ではないテレビを見たり無駄にスマホをいじったりして時間を潰してしまうことがありませんか?これも言い訳の一つです。

「いろいろやっていたら時間がなくなってしまったんだ。だから仕方ない」と自分に言い聞かせるためにそれほど重要ではない行動を取ってしまう癖がついてしまっているのです。

怠けやサボり癖が起こる原因のひとつは、この言い訳効果による影響を受けていることが関係しています

・仕事と勉強を失敗させてしまうやりがちなマズい行動と習慣

仕事と勉強を失敗させてしまうやりがちなマズい行動と習慣
予定を伸ばしてしまう先延ばし癖 なかなか直せない人の癖で、先延ばし癖というものがあります。 先延ばし癖というのは、物事の決定や行動を今すぐに実行に移すのではなくて、未来に先延ばしにしてしまう癖のことです。これを聞いて「はっ!」とする方もけっこう多いんじゃないでしょうか...

言い訳を始めたら注意信号

セルフハンディキャッピングという言い訳の心理は、私たちの能力を下げてしまうこともあれば、目的とは関係のない無駄な作業に意識を向けることで時間を浪費させて計画通りに課題を進ませない効果もあるのです。

ですから言い訳というのはかなり注意が必要な心理現象なのです。

こんなことを続けていたら、当たり前ですが目標達成なんてできません。そして望んだ結果が出せない上に成長に繋がる行動も起こせないのでは、私たちはどんどん自信をなくし他者からの信用も失ってしまいます。

・自分の人生に意味を持たせて満足度も高める考え方

自分の人生に意味を持たせて満足度も高める考え方と時間の使い方
価値観を守れるかどうかが人生を決める 自分の人生について考えることは心理学的にも重要なことです。 特に人生の意義や目的を持たないと、選択に迷ったときや不幸な目に遭って悩み苦しんでいるときに行動が起こせなくなってより辛い目に遭ってしまう可能性があります。 困難な壁...

言い訳を利用した超便利な心理術

しかし、この言い訳効果を良い方に利用する方法が実は存在します。それは、セルフハンディキャッピングを行動の理由に使うことです。

言い訳というのは本来「行動できない理由」として使いますが、これを逆に「行動する(できる)理由」として使ってしまうのです。使い方は同じで、その方向性だけを真逆にするのです。

例えば、「家に帰ってきてしまったらから勉強しよう」ですとか「水曜日だから運動しよう」というような感じで、理由なんて何でもいいのでこじつけで言い訳と行動とを結びつけるのです。

・落ちたやる気を復活させて上げることができる超絶シンプルな方法

やる気は体調で決まる!落ちたやる気を復活させて元気になるための超絶シンプルな方法
心理学でやる気は上げられる やる気を上げられるかどうかで人生は決まる、と言っても過言ではないです。 心理学の研究者の中には「やる気なんて存在しないから気にするな」とおっしゃる方もいますが、私の考え方は別でして、肉体的な活性度と同じように精神的な活性度もあるから、うつ病...

行動するのに正しい理由なんて必要ない

これは、言い訳が正当な理由なしに発動する心理を逆手に取った心理術です。

実は、人が行動するのに正しい理由なんて必要ないのです。理由っぽいものがあれば、私たちの脳みそは「そっか。そういうものか」と認識し受け入れてくれるのです。自分たち自身のことながら、単純な構造ですよね笑。

この言い訳の心理術がおすすめなのは、あらゆる場面、あらゆる状況でも使えるからです。「午後になったから」「空を見たから」「スマホを操作したから」という、日常でよく起こりそうな理由を選んで、自分が望む行動と結びつけましょう

言い訳という理由が存在することで、アドバイスをしてくれる味方がついていてくれるような気分になり私たちは心理的に強くなれます。

サボり癖や先延ばし癖に困っている人は、ぜひお試しください。

・お金持ちになる3%の成功者たちがしている超絶シンプルな習慣

お金持ちになる3%の成功者たちがしている超絶シンプルな習慣
※この研究は心理学界隈では有名な研究だったのですが、色々な文献を読んでいたところ、今回の記事で紹介しているような研究は存在しなかったということがわかりました。 ですが、他の研究と合わせて考えると、効果がないというわけではないので、今回の話は参考程度に留めておいてください...
言い訳をすると本当に能力と成績が下がる
言い訳の心理を逆に利用することで行動できるようになる
(Visited 70 times, 1 visits today)