スポンサーリンク

不得意で苦手な仕事を楽しんで片付ける!ベタ褒めトークを使った心理テクニック

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

苦手なものは見た目で判断している 

勉強、仕事、スポーツ。これらはどんな人でも最初からうまくできるというわけではありません。

またこれらが好きかどうかもまず実際にやってみなければわかりません。もちろん、見た目でやるかどうかは判断されますが、私たちは実際にやってみないことには物事を好きにはなりません

ただ、見た目だけで嫌いになることはあります。なぜならこの世には選択肢があまりに多すぎるからです。人はそうやって見た目で嫌いと判断することで、自然と残りの物に意識が向いて選択しやすいようにしているのです。

努力し続けられる人は何が違うのか?自分の人生をどう捉えているかで行動力が変わる!
努力が続く人、努力が続かない人 世の中には物事を続けるのが苦手な人と、一度やると決めたら結果が出るまで努力し続ける人がいますよね。 できれば後者の努力家になりたいと思っている人は多いかと思います。では、後者の努力し続けられるメンタルの持ち主は普通の人たちと何が違うのか...

苦手なものを克服するコツ

そして、見た目で嫌いと判断したものを好きになるのは簡単ではありません。

なぜなら、「何かを嫌う」という選択は思考というよりも感情によって強く引き起こされる問題でそこには理由なんてないからです(この理由は突き詰めればあるのですが、普通はそこまで深くは考えませんのでこの部分の話は省きます)。

そんなふうにして「嫌い」と判断したにも関わらず、やらなくていけないということはたくさんあります。

じゃあ、そんなときはどうすればいいのか?

嫌いだったり興味のないことをどうしてもやらなければいけないときは、ドーパミンという脳内物質をうまく使って気分をコントロールするのがおすすめです。

勉強が苦手でも楽しみながら学べる心理読書術!キュリアスリーディング
読書が苦手な人でも大丈夫 先日、フォロワーの人たちに書籍プレゼントをしましたが、せっかくなので本の楽しい読み方をまとめておきます。 読書は苦手だけど本を読めるようになりたい人向けに書いていますので、今回の心理テクニックはハードルが低めになっています。読書や勉強が苦手で...

期待を感じるとやる気が出る

ドーパミンというのはその昔「幸せ物質」と呼ばれ、これが脳内に分泌されると人は幸福感を得られると有名になりました。しかし実際は「幸せ」という感情とはちょっと異なっています。

詳しく研究を進めていったところ、ドーパミンというのは私たちに「幸せ」ではなく、「期待」を感じさせてくれる脳内物質だったということがわかったのです。

つまり、私たちは楽しかったり幸せな気分だから何かを頑張るというのではなく、「この作業を終えた先に何か良いものがありそうな気がする!」と期待を感じることで心理的に辛い作業でも頑張れるようになるのです。

なので、その「期待」を感じさせてくれるドーパミンを思いのままに分泌させることで、苦手なことでも「何か良いことがある気がする!」と思えて作業に集中できるようになります。

挑戦したい気持ちはどうやって生まれるのか?努力する勇気がないときの不安対処法
挑戦の気持ちはどう生まれる? 不安を感じるてしまうのは仕方のないことです。脳に障害がない限り、どんな人でも不安は感じるようにできています。 問題なのは不安を感じすぎてしまっていて、心から望んでいる行動が実行に移せないという状態です。こうなってしまうと、ちょっとネガティ...

ドーパミンを生み出す報酬作戦

この「何か良いこと」は、要するに報酬ということです。

報酬と聞くとお金とか物とかを思い浮かべがちかもしれませんが、報酬の中で一番手っ取り早く入手できるものは賞賛です。私たちは褒められることを良いものとして認識して努力することができるのです。

この課題をクリアしたら褒められる!と思うことで、人に認められたいという欲求、人に好かれたいという欲求が刺激されて、嫌いな作業でも興奮して没頭できるようになります

とはいえ、やっても当たり前だと思われている仕事や勉強をしても褒めてくれる人はなかなかいないかと思います。

そこで、今回はお金もかからずボッチでもできる効果的なドーパミン操作方法を紹介します。

ナルトに学ぶ、瞬間集中の心理学!瞬速でやる気をトップギアに入れる心理テクニック
集中できるかどうかは慣れで決まる! 今回は集中に関する心理学の中でも、瞬間的に集中できるようになる方法について漫画のNARUTOを参考に話していこうと思います! 重要なポイントから言うと、一瞬で目の前の作業に没入できる「瞬間集中」ができるかどうかは慣れの問題です。 ...

自分自身を褒めるとやる気が出る

その方法が「自分で自分を褒めまくる」というものです。これをするときのポイントは「ささいなことでもとにかく褒めまくる」ことです。

たとえば、

「勉強用のノートを開いた。すごいじゃないか!どんどん行こう!」
「教科書を1ページ読んだ。すごいじゃないの!どんどんやっちゃえ!」
「課題を終えた!わたし、やればできるじゃん!もっと行こう!」

という感じで、自分を調子に乗せまくるのですね。このテクニックを心理学の言葉でセルフトークと呼びます。

これを毎回続けていくと、脳内の神経回路のつながりが新しくなって「あの課題をやると褒められて気分がいいからもっとやろう!」と脳みそが感じてくれるようになるので自然とその作業が好きになっていきます。

こんなふうにして自分を褒めるのはタダなので、ぜひ試してみてください。

脅しや罰に本当に効果はあるのか?脅迫と賞賛をうまく使い分けるための心理学
脅しには心理効果があるのか? 今回は、人の心を動かす心理的な影響力の一つである、強制影響力(罰影響力)について解説します。 強制(罰)影響力は、「罰を与えるぞ」と脅すことで相手に行動を促すさせる方法です。怖い人が好んでよく使う心理テクニックで、保守的な考え方というイメ...

https://twitter.com/kruchoro/status/1161768460873019392

👉よかったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

一番やりたいことに集中しよう

しかし最後に、その課題を本当にあなたが頑張ってこなさなくちゃいけないのかどうか、と考えることが実は一番大切なことです。

「人に言われたから」「みんなやっているから」という理由で課題を選ぶようになってしまったら、自分の人生そのものがつまらなく感じるようになってしまいます。

苦手な物をすべて好きにしていったらキリがなく、その作業だけで人生が終わってしまいますからね。課題の選び方、目標の決め方には気をつけましょう。

個性を磨く!他人の評価を気にせずにあなたらしい生き方をするための心理的ポイントとは?
自分の個性を磨き上げる方法 今回は自分らしい生き方をするために使える心理学の研究を紹介します。他人の目が気になってしょうがないという人や、他人に気を遣いすぎて疲れてしまうことが多いという人は参考にしてみてください。 アメリカの心理学者であるクラッチフィールド博士は、人...
人は期待を感じるとやる気が出る
行動した自分を褒めることで気持ちよくさせる
セルフトークを習慣的に続けることで作業と賞賛が結びついて作業が得意になっていく
(Visited 64 times, 1 visits today)