スポンサーリンク

働きたくない!萎えた心をコントロールしてモチベーションを上げる遊び心の心理学

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

働く気が起きないときの対処法

「仕事に行きたくないです」とか「働きたくない」という気持ちになることは誰にでもなる可能性があります。

私たちは常に調子が良いわけではないので、ときには仕事ややるべきことに対するモチベーションが感じられないといったことが起きてしまうのです。というよりも、もしかすると毎日そんな気分になっている人もいるかもしれません。それはそれで問題ですが。

それでも締め切りや約束などでやらなくてはいけないことがあったり向かわなければいけない場所があったりして、気持ちの赴くままに休めないこともあります。

そこで今回は、やる気が起きない、動く気が起きない気分になったときの心理的な対処法について研究を紹介しながら話していきます。今回のポイントは遊び心です。

・これでもうを手を抜かない!活動的に生きるための心理学的に正しい締め切りの作り方

これでもうを手を抜かない!活動的に生きるための心理学的に正しい締め切りの作り方
やりたいことすらできないのが人間心理 私たちは基本的に自分に甘い生き物です。驚きの真実なのですが、私たちはやるべきことを先延ばしにするどころか、やりたいことすらも先延ばしにしてしまう癖を持っています。 人類みなダメ人間です笑。ポジティブなアイディアであっても私たちがな...

社員のやる気を上げたユニークなアイディア

今回紹介するのはミシガン大学で行われた研究です。

アメリカ、ミシガン大学のエド ペダリーノの博士は、実際に存在する会社に協力してもらって従業員の欠勤率を下げるためのユニークな方法を実験で見つけました。

その方法とは、出社時に社員同士でポーカーゲームをするというものです。面白い心理実験ですね。

実験では、社員の出社時に毎日トランプのカードを引かせ、週に5日出社すると合計5枚のカードを引く事ができるという設計になっていました。なので、きちんと一週間出社するとポーカーゲームができるようになります。

出社毎にポーカーゲームをするのではなく、役となるトランプのカードを毎日配って、その週の終わりに勝負するというデザインですね。これだと毎日会社に来ないとカードが役を作れませんから、毎日出社するというインセンティブが社員に働くというわけです。

というか、どんだけ会社に来ない人がいるんですか、という話ですよね。日本の視点で見ると、そういう会社の方にこそ問題があるように思えなくもありません笑。海外だとこういう会社はけっこうあるんですかね?笑

そして、きちんと毎日出社し、カードを5枚集めて1番良い役を作った社員には20ドルの賞金を渡すというおまけまでつけました。会社に行くだけで報酬が出るのです笑。なんとも画期的な報酬システムです。

すると、従業員の間で出社のモチベーションが高まり、欠勤率が18.27%が減少したのです。我々はどれだけ単純な性格なのでしょう笑。ゲームができるというだけで会社に行きたくなってしまうのです。

つまり、毎日出社することで得られるログインボーナスのようなものを従業員に配ることで、少なくとも会社に出社するためのモチベーションを高めることができるということです。これは出社率の高い日本の企業でも利用できる心理テクニックです。

・やる気が下がらない心理学的な目標の立て方と、やる気が出ない時の対処法

やる気が下がらない心理学的な目標の立て方と、やる気が出ない時の対処法
やる気が下がるのは仕方のないこと まず最初に「やる気が下がらない目標の立て方」ですが、そんなものは心理学的にはありません。 やる気だけに限らず、人の感情というのは上がり下がりがあって当然のものなので、あなたがロボットかサイコパスでない限りは、ある時点で特定の目...

ギャンブル要素を入れることでやる気が出やすくなる

他の記事でも話しましたが、人間はギャンブルがもともと好きな性格なのです。なので、仕事にもギャンブル性を取り入れることで刺激を求めるようになり、モチベーションを自由に操作できるようになるのです。

今回の方法はギャンブルとお金を利用した少し露骨な方法でしたが、例えばランチやドリンクの無料券を賞金の代わりに配布してもいいですね。

日本だと会社に社員が来なくて困っているという状況にはなりにくいかと思いますが、きちんと出社して働いている社員のやる気をさらに高める方法としてログインボーナスを取り入れると良いわけです。どうせなら会社に行く楽しみは多い方がいいですからね。

また社員や部下ではなく自分に対してこの心理を使う場合は、「一週間やりたくない仕事をやったら週末に好きなものを食べよう」ですとか「やる気が起きないときに3回教科書を開いたらスマホを1回触っていい」というように自分に小さなご褒美となるログインボーナスを与えてあげるルールを作ると良いです。

・仕事がうまくいく人たちの心理的な共通点はあれだった!成功できるかどうかの半分はこれで決まる!

仕事がうまくいく人たちの心理的な共通点はあれだった!成功できるかどうかの半分はこれで決まる!
性格が成功を決める 今回は個人の性格がもたらす、職場内の評価や業務成績への影響力について話していきます。性格と成功に関する心理学の話です。 実は個人の性格は職場の成功度合いにも影響を及ぼしています。それもかなり大きな影響力を持っています。仕事で成功できるかどうかの条件...

怠惰な生活をリセットしたいときに使ってみよう

さらに言うと、このテクニックは楽しみがないときだけではなく、好きなことであっても面倒臭くて動く気にならないときにも使えますので、怠惰な生活を送っているなぁと感じていて生活習慣を改善したいと思っている人にも使えます。

このログインボーナステクニックを使うときの注意点は続けることで望んだボーナスが得られるルールに設定することです。結果ではなく、努力を続けることや行動したこと自体にご褒美を与えてあげることで習慣化しやすくなります

またもう一つのコツとして、一度の行動で得られるボーナスは小さいものにして、努力の回数が積み重なったときに本当に望んでいるアイテムや活動といったご褒美を自分に与えるようにしましょう

イメージとしては自分を小さい子どもに見立てて子育てをするような感じです。自分が親であり、育てる子どもでもあるというイメージを持つと良いです。自分を育てるシミュレーションゲーム感覚でログインボーナスを与えて育ててあげましょう
・あなたの行動力を爆上げさせる!子どもにも使える自己コントロール方法!

あなたの行動力を爆上げさせる!子どもにも使える自己コントロール方法!
行動力が上がるテクニック 今回は子どもにも大人にも使える、目標達成率と行動力を上げるための心理テクニックについて話していきます。 実は目標自体は同じで努力の量や行動する量は同じでも、目標の提示の仕方に少し工夫を加えるだけで目標達成率が変わってしまうのです。 なの...
社員に出社ごとのログインボーナスを与えることで欠勤率が約20%減少した
続けたいことや行動したいことにログインボーナスを設けることで目標達成率をアップさせることができる
結果に関係なく行動したことや続けたことに小さなご褒美をあげよう
ご褒美は努力が積み重なったら得られるように工夫しよう
(Visited 15 times, 1 visits today)