スポンサーリンク

厳しさの裏には愛と期待が隠れている可能性?

SNSでコメント待ってます

「こうやって厳しく言うのはあなたのためよ」的なセリフって最近でもまだ使われているんですかね? ちょっと僕は言われたことがないのですが、この言葉って本当なのかどうかっていうのが今回紹介する心理研究のお話です。

期待する部下にしか上司は怒らない?

今回の調査の対象は会社員の人たちだったのですが、それによると、派遣社員や契約社員のような短期的な雇用だったりそのうちいなくなる可能性が高い従業員に対しては上司はあまり厳しいことはせず長く会社やチームに居残る可能性の高い正規雇用の会社員に対してだけ厳しい言動を取るということがわかりました。

これはアメリカのカリフォルニア州立大学のケビン ラムデ博士の研究です。ちなみに上司が厳しくするのは相手が憎いのではなく、今よりも成長して欲しいからだそうです。まさに「厳しくするのはあなたのため」ってやつですね。

でも相手を叱っても効果はない?

もちろん、この研究結果を受けて「そっか。いつも私が怒られるのは私のことを思ってのことだったのか」とプラスに捉えて今度から上司を見る目が変わってバリバリ仕事ができるようになるのであれば問題ありません。それはとっても良い影響ですよね。

ただ僕が思うに「上司が部下の成長を願うこと」ってわりと普通というか、論理的に考えてまぁそうだろうなっていう内容ですよね。部下が成長しないと自分の成績にも響くし、会社やチーム全体の数字も悪くなるわけですから。

あと、「成長して欲しいから厳しくやっている」からと言って、その行為がうまく働いて人が実際に成長するようになるのかというとこれは別の問題ですので、もしこれを読んでいるあなたが誰かを注意する側になる場合は気をつけてください。

以前の記事でも話しましたが、人は叱っても反省しないという論文もありますし、ピグマリオン効果といってわかりやすく相手に期待をかけるという心理効果もあります。ですので、叱るよりも相手の心を気持ちよく運べる説得話法を学んだ方が賢明かもしれません。

怒られたときはどう考えるべき?

つまり、「よく怒られるな〜」感じている人は「これは愛だ!私のことを想って言ってくれてるんだ」と利用する方法もありますし、「そんなふうに叱っても意味ないのに」と悪い心理的影響を呑気にかわすこともできるということです。

あるいは考えを割り切って、「会社は成長する場所。怒られているかどうかは関係ない。相手の言葉から成長するためのヒントを手に入れることが大切だ」と論理的に考えられたら、ストレスは変に溜まることはないと思います。

しかしもちろん、こういうことが実際にできるかどうかは人の性格によります。ですのでこういう割り切り方ができないのなら、自らの心の許容範囲を超えないようにあまり怒られない環境に身を置く方がいいかもしれません。そういう場合は新しいチャレンジをするチャンスとも捉えることができますからね。

どちらにせよ、自分が実際に成長しているかどうか、そして無理をして心や体の負担になっていないか、という自分なりの判定基準を持っておくことが大切です。それがあれば相手が正しいのか(相手の言葉に本当に愛が隠れているのか)、自分が正しいのかの判断ができますからね。

上司は成長して欲しい人にしか厳しくしない
しかし叱責が成長に役立っているかどうかは話が別。見極めが必要