スポンサーリンク

謝罪の魔力!謝る必要がないところで謝ることには意味があった!

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

謝ることで人間関係が良好に

実は、謝罪には人間のコミュニケーションを円滑にさせる効果があります。

しかも不思議なことに、自分に責任や非がないことでも謝ることで、相手からの信頼を高めることができるのです。

日本人の文化には低姿勢で謙遜が多いところがありますが、これにも意味があったのですね。続きを読んで見ればわかりますが、謝罪というコミュニケーションは効果の高いかなり万能なアイテムだということがわかっています。

日本人の口癖として、話しかける時に「すいません」という単語が頻繁に使われるのは、心理学的な観点で言うと合理的なことなのです。たったこれだけで相手との摩擦が減って平和にコミュニケーションが始まるのです。

https://twitter.com/kruchoro/status/1074448348826890240

謝罪しただけで承諾率が5倍に跳ね上がる

これはハーバードビジネススクールのアリソン ウッド ブルックス博士が研究で、雨の日に「すいません(I’m sorry)」から入る文章で話しかけられた人たちの反応が変わるのかどうかを調べました。

すると、実験者が何も謝らずに「携帯電話を貸してくれませんか?」と聞くよりも、「雨が降っていてすいません!携帯電話を貸してくれませんか?」と言った方が、携帯電話を貸してくれる確率が上がったのです。

実験は、町中で初めて会った人から携帯電話を借りてみるというシチュエーションでした。見知らぬ人にいきなり電話を貸してくれませんか?と言われたら、かなりびっくりしますし怪しいですよね。

実際に、実験者が何も謝らずにただ「携帯電話を貸してくれませんか?」と聞いた場合では、承諾率はたったの9%でした。ほとんどの人が携帯電話を貸してくれなかったのです。

しかし、「今日は雨が降っていてすいません!携帯電話を貸してくれませんか?」と謝罪から入ったグループでは、携帯電話を貸してくれる確率が47%と一気に5倍以上にも跳ね上がったのです。

・男女に好かれる話し方!言い方を少し変えるだけで好感度アップ!説得の心理学

異性にモテるようになる意外すぎる能力が見つかった
異性にモテるコツ 異性モテるコツってなんだろう?という話を今回はします。 異性にモテたり好きな人との距離を縮める心理学的な方法論というのはすでにいくつか紹介してきましたが、今回は「人間の持っている、ある能力でモテる度合いが変わるのではないか?」という疑問に焦点を当てた...

自分が悪くなくても謝ることに意味がある!

実験の様子を見てもわかるように、謝罪のポイントは自分自身に非がないことで良いということのです。面白いですね。

この実験をした研究者は、こうした謝罪を不必要で過剰な謝罪と名付け、「人間の力ではどうにもならないことに対して謝ることがポイント」だと言っています。今回の場合は悪天候でしたが、自分の影響力を超えたものに謝ることに意味があるようです。

英語では「雨が降っていてすいません」でしたが、これだと日本語としておかしいので、今回の実験の内容を日本語に訳すなら「雨が降っているところすいません」という感じで使うと良いと思います。

今回の実験では雨が降っていることを謝罪しましたが、他にも交通渋滞や飛行機の遅延といった謝罪内容でも効果があります

・嘘をつくのがうまい人は幸せになる心理学的な理由。嘘つきは成功の始まり!

嘘をつくのがうまい人は幸せになる心理学的な理由。嘘つきは成功の始まり!
嘘は良いこと? 嘘をつくのは、実は良いことです。 ただし、時と場合によりけりなのですが、嘘=悪いことということはありません。 「嘘=悪いことではない」というのは大人の人なら何となく、あるいはちょっと時間をかけて理性的に考えてみても納得できることじゃないでしょうか...

過剰な謝罪で良い人そうに見える!

どうしてこのような結果になるのかと言うと、過剰とも言える謝罪をすることで相手に慈悲の心や親切心が芽生えて、こちらのことを信用しやすくなる心理が働くからなのだそうです。「こんなに低姿勢な態度な人は良い人に違いない」と直感的に思うのですね。

にわかには信じられませんが、確かに逆のことを考えると、「態度が大きくて不躾な人はどうも信用できなくて、できれば何も貸したくない」ですよね。そういう人は何だか腹黒そうにも見えますし、他者に優しくなさそうに見えます。

・異性に嫌われてモテなくなる性格ワースト10!を海外の心理学研究から紹介

異性に嫌われてモテなくなる性格ワースト10!を海外の心理学研究から紹介
モテない人の共通点 人にモテなくなる性格というものが科学的にも存在します。 私たちは誰にも、好きになりやすいポイントがあるように、嫌いになりやすいポイントというものも持っています。苦手な人たちを頭に思い浮かべてみると、彼らにも共通点があるということに気がつきます。 ...

研究者によると、謝罪をすることで私たちは相手に共感を示すことができるようです。 この共感のおかげで信用しやすいイメージがつくので、相手はこちらのお願いに承諾してくれるようになるのですね。

今回の研究結果が示すように、謝罪は私たちが思っている以上にコミュニケーションにプラスの影響を与えてくれる簡単なツールとなるので、たとえ自分に過失がなくても、とにかく謝ることが大事なのです。

・会話の満足度を上げて好きな人と仲良くなるためのしぐさの心理学!

会話の満足度を上げて好きな人と仲良くなるためのしぐさの心理学!
相槌を打つだけで好きになってもらえる 多くの人がわかっていても、意外と意識してやっていない好意的なしぐさがあります。それは相槌です。 私たちは、話を聞いてくれている相手が相槌をしてくれるだけで安心感や心地よさを覚えて、相手のことが好きになるという特徴を持っています。 ...

共感を示す人は信用されやすい

つまり、日本人はこの心理を昔から上手に活用していたのですね。グローバルな環境だと何かと低姿勢が批判されますが、それはおそらく競争が激しい場所だからかもしれません。

日本のように安全が確保されていて競争よりは協調が奨励されている環境では、低姿勢で人と接する方がコミュニティの平和を維持できるのです。

つまり、低姿勢なこと自体は、実は全然悪くないことだったのです。

と言うと、なんだか常にペコペコしていてストレスが溜まりそうなイメージを持つ人もいるかと思いますが、他の研究でも優れたリーダーには低姿勢な人が多いことがわかっていますし、私たちが丁寧な態度の人たちに好感を抱きやすいは間違いありません。

「今日は天気が悪くて残念ですね」くらいのニュアンスでも効果があるので、軽いところから始めればいいのです。

要は、謝罪によって相手の心を察してあげることがポイントになるのです。

・異性にモテるようになる意外すぎる能力が見つかった

異性にモテるようになる意外すぎる能力が見つかった
異性にモテるコツ 異性モテるコツってなんだろう?という話を今回はします。 異性にモテたり好きな人との距離を縮める心理学的な方法論というのはすでにいくつか紹介してきましたが、今回は「人間の持っている、ある能力でモテる度合いが変わるのではないか?」という疑問に焦点を当てた...

謝る時に共感を意識することでストレスが減る

また、自分が何かしでかしてしまって謝らなくちゃいけないときに「なんか謝りにくいなぁ〜」と感じてしまっても、この知識を思い出せばわりとすんなりと謝れるようになるかと思います。

なので、自分のこの謝罪にはきちんと意味があって役に立つということを理解しておきましょう。

「この謝罪には自分にも相手にもメリットがあるんだ!」と思えれば、恥やプライドのことよりも行動を優先しやすくなりますからね。よほど機械的でない限りは、打算的でもいいので謝る習慣があれば、コミュニケーションが円滑になりやすくなります。

しかも、そうやって謝罪をしたところで大抵の人は怒りません。「そんなことないよ」とか「大丈夫です」と言って笑顔になってくれます。

・心理学を学ぶと性格が良くなって人にも優しくなって幸せになれる!

心理学を学ぶと性格が良くなって人にも優しくなって幸せになれる!
心理学は誤解が多い? 心理学って結構誤解されていることが多い学問で、僕もきちんと勉強するまでは眉唾ものだと思っていました。でも、これにはそうなってしまう理由が隠されていたんです!! というわけで今回は、心理学がどう人生に役立つのかを話していきます! 心理学を学ぶ...

もちろん社交辞令の時もありますが、そうであってもこういう行動の一つ一つが私たちの心理にプラスの効果をもたらすのでコミュニケーションが良い方に動くのです。

逆に言うと、その程度で怒るようなら縁を切った方がいいですね笑。

「渋滞していたのにわざわざすいません」とか「今日は雨なのに来てもらってごめんね」とか「こんな遠いところまでわざわざすいません」「せっかくのお休みなのに大変ですよね」くらいの挨拶をすんなりと交わせれば、相手からは良い人だと思われやすくなるのです。

機会があったら、ぜひ雨の日にでも試してみてください。

というわけで、もしも故意でなくても相手に悪いな思うことをしてしまったら素直に謝りましょう。そして、そんな風に相手が謝ってくれた時も広い心で受け入れてあげましょう。

・どんな人とでも最短で仲良くなれる!好意の返報性を使った心理テクニック

どんな人とでも最短で仲良くなれる!好意の返報性を使った心理テクニック
相手を好きになれば自然と仲良くなれる 人と仲良くなるためには、相手の態度の変化をじっと待つよりも、相手があなたに近づきやすくなるような環境をこちらから積極的に整えてあげると良いです。 つまり、あなたに魅力があったり、どこか近づきやすくて話しやすい雰囲気があったら、それ...
謝罪をすることでお願い事の承諾率が上がる
謝罪をすることで相手から信用されやすくなる
人間にはどうしようもないことを謝ることで共感を得られる
低姿勢にはコミュニケーション上のメリットがある