スポンサーリンク

異性にモテるようになる意外すぎる能力が見つかった

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

異性モテるコツってなんだろう?という話を今回はします。

異性にモテたり好きな人との距離を縮める心理学的な方法論というのはすでにいくつか紹介してきましたが、今回は「人間の持っている、ある能力でモテる度合いが変わるのではないか?」という疑問に焦点を当てた恋愛心理学研究を紹介します。

優しい人はモテると言われますが、その優しさをどう出すか、あるいはどのようなことが「優しい」に分類されるのかが肝心な部分ですよね。

この研究を読むことで、優しさの具体的な正体がわかってくると思います。

優しさの正体とは?

優しさの正体は「気づき」であり、そこから連想される「解決力」です。

まず相手の状態に気づくことで私たちは相手のことを思いやれるようになります。相手の立場や心情をある程度理解できてないと優しいことはできないのです。

ビジネス本や自己啓発本でよく「相手の立場になって考えよう」とアドバイスされるのはこのためです。相手を思いやることが人間関係構築の第一歩だからです。

・嘘の能力が高い人は幸せになる。嘘つきは成功の始まり

しかし、相手の立場や心情が自分なりに理解できても、相手は自分とは違う感覚かもしれません。というのも誰にも得手不得手なものがあるように、好き嫌いも個別にあるからです。つまり物事に対する感情が人によってそれぞれ違うのですね。

ですから「相手の立場になって考える」とは「自分が相手の立場だったらどう感じるか?」と「相手の情報を知った上で、自分とは違うその相手ならどう感じるか?」の2パターンがあります。後者の思考をするには想像力と知識や経験が必要です。

相手の立ち場を理解する能力と相手の心情を理解する能力があって初めて、解決する能力に結びつきます。これは何も相手が困っていたり悩んでいるときに限らず、相手の挙動や言動に対して的確な返答(相手が喜ぶような返答や求めているような返答)を返すためにも必要なことです。

そこで、マインドフルネスの登場です。

マインドフルで人気者になる

オーストラリアにあるクイーンズランド大学の研究で、90人の学生(男女45人ずつ)を対象にマインドフルネス傾向と異性にモテる割合を調べてみました。

マインドフルネス傾向というのは、日常的にどれだけマインドフルな状態を保てられるかを計った数値です。

目の前の作業に対して「善悪の判断をせずに」集中力を保つ状態をマインドフルな状態と呼びますが、学生たちがその状態をどれだけ維持し続けることができるかを計ってみたのですね。

そうして実験では、まずテストで参加者全員のマインドフルネス傾向がチェックされました。

そのあとで参加者たちに顔を合わせて少しお話しするお見合いパーティをしてもらい、相手の「魅力度」を採点してもらったのです。このお見合いパーティでは、一人当たり1回3分のセッションを9回ずつ繰り返してもらい、異性全員と何度か会話する状況を作りました。街コンのようなものですね。

そして、その実験で出た結果を見てみると、なんと

マインドフルネス度が高い男性ほどモテる!ということがわかったのです。

そういえば、集中している男性はモテるという心理学研究もありました。こちらの研究結果とも合致する結果ですね。

・集中してる男はモテる!仕事のできる男性が魅力的に見えるはなぜ?

ルックスは関係ない

このときルックス(外見や肉体の魅力度)の要素は調整されていたので、結論として、見た目の良し悪しに関わらず、マインドフルネスな男性は女性にモテるのだということがわかったのです。

しかし、悲しいかな、女性の場合はマインドフルネス度が高くても特に男性からモテるわけではないということもわかりました。

研究を詳しく見てみると、男性は女性のマインドフルネス度には無関心であり、見た目がいい女性を「魅力的だ!」と採点する傾向がありました。

男性が女性を見た目で判断する傾向があるというのは世間でもよく言われていることですが、心理学的にも認められている現象なんですね。身も蓋もない話になりますが。

しかし、女性には男性にはない「笑顔」というとっておきの武器がありますので、よかったら下記の記事を参考にしてみてください。

・よく笑う女性は本当にモテることが心理学研究によって判明!しかし男性は…?

しかし女性の皆さん、だからといってマインドフルネス能力が低いままでいいということではありません。マインドフルネスの能力は恋愛に限らず、仕事や勉強、趣味の時間の集中力に大きく関わるスキルですので、このマインドフルネス傾向が高ければ高いほど充実した人生を送れるようになります。

・自分の人生に意味を持たせて満足度も高める考え方

マインドフルネスでモテる理由

マインドフルな男性ほどモテるという現象が起きた理由としては、男性は合コン時にマインドフルネスになることで女性とのコミュニケーションに集中するようになり、コミュニケーション能力が高まったことで、人気が出たということのようです。

マインドフルネス度が高いということは、それだけ相手の話に耳を傾けるので相手が納得するような的確な返事を返せるようになります。ですから女性は、マインドフルネス傾向の高い男性と交わした会話の満足度が向上したのですね。

ということは、マインドフルネスになることによってコミュ障も改善できるかもしれません。コミュニケーション能力を鍛えることで人間関係を良好にできるので、仕事面プライベート面の両方で使えます。

マインドフルネスがもたらすもっと大きな恋愛効果

さらにもうひとつ、アメリカのオークランド大学の実験で、「マインドフルネスで恋愛を長続きさせることができるか?」ということを調べたものを紹介します。

この実験の参加者は72人の学生で、平均で30ヶ月以上、特定のパートナーと付き合った経験のある人たちだけを選んで調べられました。

こちらの研究でも、前の実験と同様に最初に参加者全員のマインドフルネス傾向がテストでチェックされ、そのあとで日誌にパートナーとの間に起きたトラブルや事件について10日間ほど記録してもらいました。

その結果わかったのは、

マインドフルネス度が高い人ほど、男女のトラブルを上手く切り抜けることができる!ということでした。

逆にマインドフルネス度が低いと「別れ」や「拒否」への恐怖が強く、トラブルで関係が破綻しがちになる!ということもわかりました。

これはモテる性格ランキングとも一致する内容ですね。

・異性に本当にモテやすくなる性格TOP10を海外の心理学研究から紹介

マインドフルネスは、男女間の問題を解決(回避)させる

この現象について研究者は、マインドフルネス傾向の高い参加者は気づきの能力が高いために、男女間のトラブルに対してネガティブな感情に支配されずに建設的な対処を行えるのだろうと指摘しています。

つまり集中力が高い人はマインドフルネスの視点で現在の状況を冷静にチェックすることができるので、人間関係の問題に対処するための対応力もあるのだということです。

基本的に人間関係がギクシャクしてしまうのは、ネガティブな感情に振り回されて余計な問題を自分から起こしてしまうことが原因だったりしますから、納得の理由であります。

マインドフルネス度が高いほど男女の危機を上手く切り抜けられるようになるために、自然と恋愛も長続きするようになるという結果ですが、これは過去に紹介した結婚生活に関する心理学研究でも話し合いが重要だと言われていますので、話し合い+ユーモアで問題解決というセットが夫婦関係を良好なものにするのでしょうね。

・仲の良いカップルが長く付き合うために普段していること

自信のなさもマインドフルネスで補える!

また、このマインドフルネス能力が高い人ほど人間関係が良好になるという傾向は男女で変わらず、自尊心が低い場合でも、マインドフルネス度が高ければその分をカバーできるとのことです。

・モテる理由は顔か性格か問題に答えが出た。それは恋人関係でも仕事関係でも同じ!

つまり、恋愛関係を良好にするためにはマインドフルネスの能力を鍛えるのがいいんですね。そして男性の場合はそれがモテることにも繋がる、と。

今回紹介した心理学研究が示すように、目の前に集中するマインドフルネスが対人コミュニケーションに有効な可能性は高いですから、男女問わず、また恋愛関係の問題に限らず、私たちはみんなマインドフルネスの能力を鍛えた方が人生にとってプラスですね。

感情のコントロールはあらゆる場面で活きてくるのです。

マインドフルネスな男性はモテる
マインドフルネスなカップルは長続きする
マインドフルネスでコミュニケーション能力が上がる