スポンサーリンク

異性に本当にモテやすくなる性格TOP10を海外の心理学研究から紹介

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

モテるポイントが見つかりました!

人にモテるためのポイントというのはこのブログでもすでにいくつか書いてきました。

・恋人たちの心理学

どうしてモテると良いのか、モテの効果についても話しておりまして、パートナー獲得戦略(恋人作りや結婚活動)にイマイチ乗り気でないという人も試してみる価値は多いにあります。

・どうしたら人は幸せになれるのかを科学する、心理学研究の話

さて、誠実が良かったり頭が良かったり優しかったり面白かったりするとモテる!というように、個人の性格と恋愛には密接な関係があります。そこで今回は「モテやすい性格」について調べた研究を紹介します。

これはスイスのチューリッヒ大学の研究で、18〜44才の男女327人を対象に恋愛のパートナーに何を求めるのかを調査しました。研究では参加者の全員に「長期的なパートナーに求めるのはどんな性格ですか?」と尋ねて「知性」や「親切さ」といった16種類の特性を採点してもらいました。

長期的というところがミソですね。遊び相手ではないのです。

モテる性格ランキングTOP10

すると、モテる性格のランキングは以下のようになりました。

  1. 親切さ・共感力
  2. 知性
  3. ユーモアのセンス
  4. 楽しいことを好む性格
  5. 社交的な性格
  6. 身体的な魅力
  7. 健康
  8. 遊び心があるかどうか
  9. 寛大さ
  10. 子供が欲しいかどうか

これは長期的な恋愛関係における傾向を調べた研究ですので、ルックスや若さといった肉体的な魅力よりも、「親切さ」と「知性」が上位に来てます。似たようなものでは「寛大さ」もランクインしています。

これは共感能力が高いとそれだけ他者に対して優しく振る舞えるので、共感能力に関連した性格は恋愛の価値観では重要視されるのです。

ちなみに「健康」はモテる要素だけではなく、結婚生活を長く続けるための要素としても重要です。

・モテる条件と結婚生活が長続きするかどうかを見極める方法が見つかった!

5,009人のノルウェー人を集めて、彼らの握力と結婚生活の状態をチェックしてみたんですね。すると、握力が強い人たちほど幸せな結婚生活を送れていることがわかったのです。

さらに、握力が強い人たちは健康的で人生の質も高くなるという結果も合わせて出ました。なるほど、歳をとればとるほど健康指数が人生に重要な意味を持ってくるんですね。

しかしそれとは逆に、握力が弱い人ほど独身者であることが多いということも判明しました。

健康問題がまさかのモテ要素にも関連してくるんですね。

そして言うても、健康は恋愛だけでなく幸せな人生を送る上でも最も重要な指標となっております。周知の事実ですね。健康とモテることは相関関係がかなり強いのです。

・幸せ&モテるようになるための手っ取り早い方法。最強の恋愛心理学

97名の成人を集めて彼らの人生満足度を尋ね、どういう要因が私たちを幸せにするのかを調べました。

すると、「健康であること」が幸せを維持する上で一番大切な要因だということがわかりました。割合としては健康が私たちの人生の満足度の20%を占めていました。

さらに健康に関する項目として「運動習慣がある」ということも満足度の8%を占めていました。健康と運動は幸せな状態を保つ上で本当に重要なんですね。健康な体を作るためには運動習慣は欠かせませんから、当たり前といえばそうなんですが。

しかし、これが短期的なモテる要素となると話は変わって、より見た目重視になってきます。

こう言うと身も蓋もない話となりますが、私たちは子孫に引く継ぐ遺伝子としては優秀な肉体を持つものを、育ての親や長期的な付き合いの相手としては親切で賢い人を選ぶ傾向があります。

親切だとモテる理由

親切な人がモテるのには生物学的なわけがあります。親切な人ほど性格的に子育てにも参加しやすいので、それだけ遺伝子を残せる確率が高まります。

これは10 位にもランクインしている「子供が欲しいかどうか」という点にも言えることですが、その人を見たときに家族像や夫婦像が垣間見える人物ほど長期的な恋愛の相手として選ばれやすくなります

子供好きな男性がモテたり、料理ができる家庭的な女性がモテるのはこのためです。

また親切だとそれだけ人間関係に気を遣えるので、これが仕事面でも有利になります。仕事ができる人にお金や信頼が集まるのは事実ですので、異性としても優秀な人物として評価されます。

・「どう人と付き合うか」こそが最強の心理学ツールだ

様々な業種に勤める従業員456名を対象に3年間に渡って人付き合いについて調査してみました。

すると、人付き合いの「形成」よりも「維持」に努めていた人々がまわりからより良い印象を受けていたことがわかりました。

つまりですね、「人脈が大切だ」と言ってもやたらに人脈を広げることは意味がないということなんですね。ただ単に人間関係の広さが大事なのではなく、そこに深さや親密さがあってこその人間関係だということです。

逆にダメなのが短気な性格で、自分のことしか考えていないような人です。

・成功から遠ざかってしまう人の性格的な特徴がわかりました

面白いとモテる理由

ユーモアのセンスの重要さは当ブログで何度か話している通り、ユーモアがあると人間関係が良好になるだけでなく、人生の見通しも明るくなり困難に打ち勝てる強さを身につけられるからです。

・笑うと幸せになるだけではない!異性にもモテる上に人間関係も良くなる!

・成功・出世したければ面白くなれ!ユーモアと成功の心理学研究

また「アダルトプレイフル理論」というものもあります。タイトルだけ見るといかがわしさを感じますが、いたって真面目な理論です。

まず「プレイフルネス」は「現状をより楽しく変えられる能力」を意味する言葉です。つまりプレイフルネスの高い人は物事を柔軟に捉えることができるので、世界をより良い解釈をもって認識するわけです。

そういう人といるのは楽しいかつ幸福度が高まるだけでなく、困難にも対処できるようになるので大変助かるわけです。

これは先ほども言ったユーモアの特性の一つですね。4位にランクインしている「楽しいことを好む性格」、8位の「遊び心があるかどうか」とも合致する内容です。

・ユーモアのある人ほど仕事ができるみたいです

人間関係の維持に大切な要素が重要

研究者が言うには、多くの人はこのプレイフルネスを「恋愛関係をうまく働かせる機能」の一つとして捉えて活用しているようです。プレイフルネスには、パートナーとの関係を維持し、2人の関係性を刺激的なものにし、お互いの感情を伝え合いやすくする働きがあるのです。

つまり、ユーモアセンスが高いと人間関係の衝突が少なくなり、長期の関係を結べるようになるということです。これもユーモアに関していつも言っている内容ですね。

さらには「ユーモアがある人ほど幸福度が高い」というデータもあります。我々の人生の幸福度においては「笑い」がかなり重要な割合を占めているのですね。

笑うのは人間だけだっていう話もありますし、笑いやユーモアは歴史的に見てもわりと高度な社交術に分類されるんじゃないでしょうか。

・簡単に幸せになるための心理学研究。好きなものや幸せな瞬間を見つけよう!

幸せになるにはこれしかない!と一つの固定された考えを持っている人ほど自身の人生を後悔していることがわかったのです。いわゆる頑迷な人はその頑固な性格のために幸福から遠ざかって行ってしまうんですね。

人や社会が幸せで健康であるためには、多様性と柔軟性が必要であることが数々の研究から示唆されていますから、納得の結果ではあります。逆に固定的で自己中心的だと不幸せになってしまうのです。

というわけで、親切さ・知性・ユーモアのセンスを磨きつつ、好きな人に自分をアピールしていきましょう。幸運を祈ってます。

親切だと共感能力が高いとみなされてモテる
共感能力が高いと子育てに参加しやすくなるのでモテる
賢いと困難に対処しやすくなるのでモテる
面白いと幸福度が高まるのでモテる
さらに肉体的な健康をプラスすれば最強のモテる性格