スポンサーリンク

会話の満足度を上げて好きな人と仲良くなるためのしぐさの心理学!

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

多くの人がわかっていても、意外と意識してやっていない好意的なしぐさがあります。それは相槌です。

私たちは、話を聞いてくれている相手が相槌をしてくれるだけで安心感や心地よさを覚えて、相手のことが好きになるという特徴を持っています。

これが逆に、例えばこちらがしている話をブスッとした顔で黙って聞かれると、「怒ってるのかな?」とか「つまらないのかな?」と考えてしまってうまく話ができないですよね。そうなると当然一緒にいる時間が楽しく感じられないので、その人とはあまり長く一緒にいたくないと思ってしまいます。

話に集中しすぎて表情をおろそかにしていないか

とはいえ、男の人や真面目な性格の人は、相手の話をきちんと聞いて意見を添えてあげようという思いが強いために自分がどんな顔や表情で相手の話を聞いているのかまで意識が向いていないことが多いです。

もちろん、これも相手を思う優しさなのですが、話を聞いてもらっているだけでも相手にとっては十分喜ばしい状況なので、もう少し自分の表情に意識を向けて笑顔で相槌を打ちながら相手の話を聞いてあげると良いです。それだけで相手から好意的な評価をもらえる確率がグッと上がります。

・異性にモテるようになる意外すぎる能力が見つかった

相槌を打つと好かれるようになる

アメリカのメリーランド大学で心理学を研究しているアロン シーグマン博士は、相手の話を相槌を打ちながら聞くだけで温かみのあるコミュニケーションが取れるということを発見しました。

博士は実験で、48名の女子学生に面接を受けてもらいました。その面接では、面接官を半分のグループに分けて、片方の面接官には相槌を積極的に入れるように促したところ、相槌をした面接官は学生からより多くの好意的な評価を得ることができました。

相槌一つで人の評価は変わるのです。

・笑うと幸せになるだけではない!異性にもモテる上に人間関係も良くなる!

話し方を変えて会話を充実させることができる

相槌をしないでただ話を聞いているだけだと、話し手はただの情報端末と変わりありません。そのために話をしている側の心はどことなく寂しさを感じて話す気持ちがなくなっていきます。

会話とはただの情報取得の方法というだけではなく、人がお互いに仲良くなるためのコミュニケーションツールでもあります。私たちは会話をすることで情報交換をしているだけではなく、感情の共有もしているのです。

・男女に好かれる話し方!言い方を少し変えるだけで好感度アップ!説得の心理学

というわけで、今度誰かと話す機会があったらいつもより多めに相槌を打ってみてください。この心理作戦は特に普段は無愛想になりがちな男性の人ほどプラスの効果が大きいと思います。

相手の話に相槌を打つだけで相手から好意的な評価を得ることができる