『ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞』茂木 健一郎【学術書レビュー】

『ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞』茂木 健一郎【学術書レビュー】

『ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞』茂木 健一郎 著を読んでみました。  「ひらめきの導火線」っていうタイトルがカッコいいですね。 ・別々の個性が交差することで新しいものが生まれる ・小さな改善の繰り返しが、大きな変化を生み出す ・「ストレスが体に悪い」は思い込み

色の魔法で毎日を楽しく過ごそう『色彩心理学でココロを読み解く心理学練習帳』 【学術書 要約】

色の魔法で毎日を楽しく過ごそう『色彩心理学でココロを読み解く心理学練習帳』 【学術書 要約】

『色彩心理学でココロを読み解く心理学練習帳』 渡辺 洋子 著を読んでみました。女性目線で書かれた、女性のための色彩心理学の入門書といった感じで、恋愛やカラーコーディネートの心理など女性にとって興味深いトピックを中心に扱っているようですね。 ・そのときの好みの色と人の心理状態には関連性がある ・そのとき好みでなくても、意識的に色を取り入れることで心理状態に影響を与えることができる ・あらゆる場面で色を意識することでプライベート、ビジネスの問題解決に繋がる

なぜかまわりに助けられる人の心理術:メンタリスト Daigo

なぜかまわりに助けられる人の心理術:メンタリスト Daigo

『なぜかまわりに助けられる人の心理術』メンタリスト Daigo 著は、人の助けをもらいたいときに役立つ本だ。うまく人にものを頼む方法や不必要な仕事量を減らすコツ以外に、対人関係のコミュニケーション問題の解決法を示してくれているので、人間関係に悩んでいる人におすすめ。 今回は学術書 要約の第2回目で、心理学・メンタリズムの話をいくつかしていく。

なぜかまわりに助けられる人の心理術:メンタリスト Daigo

なぜかまわりに助けられる人の心理術:メンタリスト Daigo

『なぜかまわりに助けられる人の心理術』メンタリスト Daigo 著は、人の助けをもらいたいときに役立つ本だ。うまく人にものを頼む方法や不必要な仕事量を減らすコツ以外に、対人関係のコミュニケーション問題の解決法を示してくれているので、人間関係に悩んでいる人におすすめ。 今回は学術書 要約の第2回目で、心理学・メンタリズムの話をいくつかしていく。