スポンサーリンク

気になって仕方がない理由!ツァイガルニク効果とは?意味・使い方・研究・関連用語を解説:心理学用語辞典

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

ツァイガルニク効果とは?

ツァイガルニク効果とは、未完了あるいは途中で邪魔をされた課題の方が、すでに完了した課題よりも思い出しやすいという心理現象のことです。発音表記の違いから、ツァイガルニック効果、ゼイガルニク効果、ゼイガルニック効果とも言います。

ツァイガルニク効果は、リトアニア出身で旧ソビエト連邦の心理学者であるブルーマ ツァイガルニク博士の実験によって証明された心理効果です。

この実験は、ドイツのゲシュタルト心理学者クルト レヴィン博士の「人は欲求によって目標指向的に行動するとき緊張感が生じ持続するが、目標が達成されると緊張感は解消する」という考えに基づいて検証されました。要約すると、目的を持つとプレッシャーを感じるということです。

無意識に思い出してしまう心理現象

ツァイガルニク効果が生じると、常に無意識の中で特定の物事を考えたり思い出してしまうようになります。

例えば、未完了のまま途中で終わっている課題や作業は、それがあるというだけで頭の中に残り、脳みその一部のエネルギーを消耗し続けてしまいます。私たちの脳みそは未完了のものを忘れることができないのです。

ですが、実はこの心理作用にはメリットもあります。

未完了の課題は無意識のうちにたびたびその存在が思い出されることになるので、その課題に関する記憶の保持がしやすくなるのです

・ちょっと楽をするだけで勉強の効率が上がり、成績も30%上がります

ちょっと楽をするだけで勉強の効率が上がり、成績も30%上がります
勉強時間を増やすのは正しい? 私たちは思うような結果が出ないと、つい無理をして勉強や作業の時間を増やそうとしてしまいますが、実は心理学的にこういった方法には効果がないどころか、むしろ体力のことを考えると悪影響を及ぼすということがわかっています。 人間の脳みそには報酬を...

クリフハンガーとは?

ツァイガルニク効果と似たような心理現象で、クリフハンガーというものがあります。クリフハンガーはツァイガルニク効果を利用した心理テクニックの一つです。

クリフハンガーは物語や解説をまるでハンガーに引っ掛けたかのように「宙吊りのまま」中断して「つづく」としてしまう結末を描く脚本テクニックのことです。

特に人気の高い海外ドラマではよく使われているテクニックです。「えー!そこで終わるの!?」というところで話を終えて次回作へ視聴者を誘導しているのです。

クリフというのは崖という意味で、ドキドキハラハラする崖っぷちのような状態で物語を終わらせるという意味もあります。

・勉強が苦手でも楽しみながら学べる心理読書術!キュリアスリーディング

勉強が苦手でも楽しみながら学べる心理読書術!キュリアスリーディング
読書が苦手な人でも大丈夫 先日、フォロワーの人たちに書籍プレゼントをしましたが、せっかくなので本の楽しい読み方をまとめておきます。 読書は苦手だけど本を読めるようになりたい人向けに書いていますので、今回の心理テクニックはハードルが低めになっています。読書や勉強が苦手で...

ツァイガルニク効果を使った心理テクニック

このツァイガルニク効果が起こる心理を利用すれば、仕事や勉強の効率を上げることができます。

例えば、勉強するときには中途半端に課題を終わらせることで次の時までに記憶が強化されやすくなります。つまり、「勉強はキリの良いところで終わらせないこと」が重要なポイントなのです。

https://twitter.com/kruchoro/status/1145660638196142080

ツァイガルニク効果の弱点

しかし記憶を強化したい勉強とは逆に、仕事ややるべきことといった課題は、慢性的な疲れに感じさせないために、キリの良いところで終わらせる方が良いです。

仕事などの慢性的なストレスに繋がる作業はキリの良いところで終わらせないと、帰宅したとしても、無意識に思い出してしまい、無駄に心を消耗して疲れてしまうことになります。他の心理学の研究でも仕事を家に持ち帰ることは心理的な負担となると指摘されているのでやめておきましょう。

未完了のタスクというのは自分の意思とは関係なく、思考に侵入してきて今やっている作業の邪魔をします(これを心理学用語で侵入思考と呼びます)。

考えたくもないことや作業とはまったく関係の無いイメージが突然脳裏に浮かぶので、そのたびに集中が途切れ作業効率が劇的に下がります。なので、仕事は終わらせることが先決なのです。

・すぐ不安になってストレスを感じる!HSP、敏感な人が強くなるための心理テクニック

すぐ不安になってストレスを感じる!HSP、敏感な人が強くなるための心理テクニック
ストレスを感じやすい人たち 世の中にはスーパーポジティブで大抵の嫌なことはすぐに忘れてしまう人がいる一方で、ストレスを感じやすかったり悩みを抱えやすい人もいます。 そして、自分がポジティブとネガティブ、どちらの傾向が強いのかを理解していないと必要以上に自分を責めてしま...

勉強や仕事が終わらない時の対処法

しかし、どうしても仕事が終わらないということもあります。その時には別の心理テクニックが使えます。

どうしても仕事が終わらないとわかった時、実感として終わりそうもないと感じる時には、とりあえずはその日の作業の終わりを決めて、残った仕事の続きをスケジュールに書き込むのです。

こうして、ただ予定を組み、スケジュールに仕事を書き込むだけで、私たちの脳みそはその作業を終えたと認識してくれます。困った時にはこのテクニックを使ってツァイガルニク効果が起きないようにしましょう。

・ダメ人間を卒業する方法!やるべきことを絞り込んで目標を達成するアイビーリーメソッドとは?

ダメ人間を卒業する方法!やるべきことを絞り込んで目標を達成するアイビーリーメソッドとは?
ダラダラしてしまう心理的な理由 やりたいことができない理由は主に2つあり、1つはそもそもやりたいことが見つからない場合で、もう1つがやりたいことが多すぎて行動が定まらなかったり集中力が続かない場合です。 今回は後者の問題を解決する目標達成の方法について、アメリカの経営...

障害となる物事もきちんと終わらせた方が良い

同じようにゲームや遊びなどの、本来やるべき作業ややりたい作業の障害となってしまうものに対してもきちんとキリの良いところで終わらせて気分をスッキリさせることが大切です。

中途半端な状態のまま強制的に遊びを終わらせてしまうと、続きが気になって作業に集中できなくなってしまうので、お子さんの教育をする上でも注意が必要です。

さらにはツァイガルニク効果は失恋の心理にも作用してしまうので、中途半端な別れや気になっているのに無理に気のないふりをする素振りをすると余計に胸が苦しくなります。

・ツラ過ぎる失恋を心理学で乗り越える画期的な方法。失恋から復活するための心理学

ツラ過ぎる失恋を心理学で乗り越える画期的な方法。失恋から復活するための心理学
失恋から立ち直る方法 失恋というのは人生で最も悲しい体験のひとつではないでしょうか。 頭の中が好きな人でいっぱいになって思考が回らないし、仕事は手につかないし、食事も喉に通らなくなったりと、とにかく辛い経験となります。そのくせ、経験しない人はほとんどゼロと言ってもいい...
ツァイガルニク効果は、未完了の課題や作業が気になる心理現象
勉強は未完了な状態で終えた方が記憶に残りやすくなる
仕事は完了させた状態で終えないとストレスにつながるので注意