スポンサーリンク

人は一番重要なことしか覚えていないから気にするな、に関する話

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

今回の研究は私たちの記憶に関することです。

人間の脳みそとコンピューターとの違いは、私たちが抽象的なイメージや大まかな情報で物事を記憶する性質を持つのに対し、コンピューターは細かいところまで正確に記憶しているところです。

よく過去の失敗を気にしたり、他人からどう見られているかを気にして落ち込んでしまったり行動できなくなってしまうことがありますが、そもそも他人はそんなにあなたのことを覚えていないから気にすることはないかもという内容になっています。

小さなことは忘れる

アメリカ、ニューヨーク大学マーケティング学科のモーウィッツ教授は、商品の価格をすべての費用込みの状態で表示した場合と、各費用と商品を別々に分割表示した場合によって買い物客の心理にどのような変化が見られるかを調査しました。

この実験では、前述した費用がすべて込みの値段表示と費用と商品とを分けた値段表示のカタログを用意し、被験者にそれぞれのカタログで買い物をしてもらいました。

すると、分割価格で表示したカタログで買い物をした被験者は、本来かかった値段よりも低い値段を見積もる傾向があることを発見しました。正確に思い出せる数字が商品の価格だけになってしまったんですね。

具体的には、商品自体の価格が69.95ドルで輸送費などの経費が12.95ドル、それらを足すと全部で82.90ドルかかる商品をサンプルとして実験しました。そしてその後で、いくらの買い物をしたのか思い出させてみたんですね。

すると、商品価格と輸送費が別に表示されたカタログで買い物をした被験者は、商品価格のみの値段に記憶が引っ張られて平均78.27ドルと低く見積もってしまいました。本来の費用から5ドル近く外れて記憶されてしまっていますね。

しかし、大きなことは覚えている

ちなみにすべて込みの値段表示を見て買い物をした人はほとんど正しい値段を思い出すことができました。彼らにとって重要な情報はすべて込みの値段だったので記憶しやすかったのです。

それに対して分割価格の表示で買い物をした人が重要視したのは商品の本体価格だけです。ここに両者の違いが見られたのです。輸送費などの諸経費は小さなことだと自動で認識されたんですね。

これ、アマゾン等のネットショッピングで買い物をするとわかりますよね(プライム会員は商品によっては配達費用無料ですけど)。私たちは大抵の場合、「いくらしたの?」と人に聞かれても本体の値段だけを見て答え、配達費用のことは考慮に入れません。

ちなみにアマゾンの商品価格表示については「これ犯罪じゃない?」みたいな話もありますのでお気をつけください。お得だと思ったらそうでもないことが起こり得ます。

というわけで、私たちは本能的に一番重要な情報しか脳みそに記憶したがらないのです。だから本能に逆らって記憶したいものがある場合は科学的なテクニックが必要ですし、細かなことで他人の評価をいちいち気にすることにもあまり意味はなさそうですね。

なぜなら他の人たちはみんなあなたの中で一番重要なイメージに関した情報しか覚えていないのですから。

私たちは一番重要なことしか記憶していない
人は一番重要なことしか覚えていないから気にするな、に関する話
最後まで読んでくれてありがと!
よかったらいいねしてたまにチェックしてね^_^/

SNSでコメント待ってます

よかったら友達になろうず