意志力の心理学2。瞑想(筋トレ)で脳みそ(筋肉)を鍛える話とその理屈。

意志力の心理学2。瞑想(筋トレ)で脳みそ(筋肉)を鍛える話とその理屈。

どうもー、ちょっぺ〜です☆ さて少しばかりサイトの中の人の話になりますが、僕はあんまりウェブサイト構築やパソコン操作の知識がないので悪戦苦闘しながらこのサイトを運営しています。以前は livedoor blog を使っていたのですがサイトの細かいところ(見て...

意志力の心理学。やる気はどのようにして生まれてくるか。

意志力の心理学。やる気はどのようにして生まれてくるか。

どうもお久しぶりーふ、ちょっぺ〜です☆ サイトの移転作業、ブログの活用法、並行してやっているプロジェクトに追われてめちゃめちゃ記事更新遅れました。待っていてくれた人がいたのかどうかはわかりませんが、お待たせしました!! 「このブログは閉鎖したんかな?」と思って...

信頼するものは嫌われる。

信頼するものは嫌われる。

「信じているから」これは脅迫の文句であって信頼の証とはなりえない(言葉を投げかけるにしてもたいていの場合私たちはもっと軽い言葉や二人にしか伝わらないような表現を使う。)。この手の言葉を使う人は相手を束縛しようとしている可能性が高い。

しぐさの心理学6 お腹と足の向きからわかる相手の気持ち

しぐさの心理学6 お腹と足の向きからわかる相手の気持ち

私たちは相手の気持ちを察しようとするとき、どこを一番見ているでしょうか? もちろん、一番注意深く観察するのは相手の顔・表情です。 たとえば相手の顔をじっと見るという行動をとる場合には「この人、嘘ついてないかな?」と相手を観察する意味と同時に威圧してボロ...

しぐさの心理学5 親しい人のしぐさの癖を知ろう

しぐさの心理学5 親しい人のしぐさの癖を知ろう

こんちゃ!ちょっぺ〜です。今回もしぐさの心理学について話していこうと思います。 やっぱり人気のこのシリーズ。今回はしぐさの心理学を学んだ人が陥りやすい罠と、相手の重要な気持ちを表現しているしぐさを見抜くコツについて話していきますね。 前回、前々回と私た...

しぐさの心理学4 不安や緊張を取り除くための体の動き

しぐさの心理学4 不安や緊張を取り除くための体の動き

こんちゃ!ちょっぺ〜です。 今回もしぐさの心理学について話していこうと思います。けっこう人気みたいなんですよね、このシリーズ。だから今回からシリーズタイトルを前に持ってきてナンバリングしてみました。わかりやすくなったのかわからんけど笑。ちょっと試しにってことで。 ...

心理的に息苦しいときにやるしぐさの心理学3

心理的に息苦しいときにやるしぐさの心理学3

こんちゃ!ちょっぺ〜です。今回はしぐさの心理学の続き。 みんなは普段Yシャツ派ですか? それとも、Tシャツ派ですか? ビジネスマンやOLの人は圧倒的にYシャツを着ることが多いかなと思います。移動時間とか含めたら仕事の時間って一日の半分近くもありますもの...

緊張している相手を気遣うためのしぐさの心理学2

緊張している相手を気遣うためのしぐさの心理学2

こんちゃ!ちょっぺ〜です。今回はしぐさの心理学の続き。 相手が緊張しているかどうかというのは、その人を見るだけでなんとなく私たちはわかってしまいます。でもそれと同時に私たちは自分が緊張しているときは相手にそれが伝わらないように表現を抑えることもします。 ...

やめたいことをやめるための習慣の心理学

やめたいことをやめるための習慣の心理学

今回は生活習慣を変える方法について。 自分の中で何かを変えようと思ったときにそれを行動に移すことは人によってはけっこう難しい。またそれを習慣として続けることはもっと難しい。 私たちはそもそも、何か新しいことを始めるにあたって、そのために必要な時間とエネルギーを確保しなければいけない。新しい習慣を増やすのであれば、それと引き換えに古い習慣をひとつなくさなければいけないのだが、私たちは意外とこのことを意識していなくて何となく頑張ればできると思い込んでしまいがち。

はるかぜちゃんに学ぶ、夢を叶える心理学2

はるかぜちゃんに学ぶ、夢を叶える心理学2

夢を叶える心理学。前回のはるかぜちゃんツイートの続き。 今回はそのツイートに触れながら「受け売りの知識」と「オリジナリティ」について話していきます。夢を叶えるためにアイディアのオリジナリティについての科学的な見解を知っておくと、オリジナルのアイディアを大量に生み出せるようになります。 はるかぜちゃんがこのツイートをするきっかけとなった、そもそもの発端は、「はるかぜちゃんの言葉が『誰かからの受け売り』で『薄っぺらい』と感じる。子どもは大人に意見するもんじゃない」 とある人が発言したからみたいなんですが、そういうふうに思うこと自体は本人の自由なのでここでは特に言及しません。誹謗中傷したり本人を故意に傷つけるのは法律的にもアウトだけどね。ここは自分の考えを言っているだけだし、特に誰かがその人を責める必要はないかなと思います。

はるかぜちゃんに学ぶ、夢を叶える心理学

はるかぜちゃんに学ぶ、夢を叶える心理学

はるかぜちゃんツイートのまとめ第二弾。今回は夢を叶える心理学について話していきます。 この言葉は間違いないですね。というのも、そもそも私たちは大人とか子どもといった概念を明確には区別できないからです(子どもという概念は歴史的に見て最近作られたものに過ぎない)。 人間は年齢が10歳にもなると大人とほぼ変わらないサイズの脳みそになり、その機能も大人の人とほとんど一緒になります。ひとつだけ大きく違うのは、前頭葉と呼ばれるおでこのあたりにある脳の部位の働き方で、ここは衝動的な行動を抑える役割を担っているので、大人と子どもでは感情や欲望をコントロールする能力に差が出てしまいます。だから法律の中には少年法という子どもの刑罰を軽くしたり罪を犯した子どもの個人情報を守るルールがあったりします。 とはいえ、大人でも我慢できずにまわりに迷惑をかけるまでお酒を飲みまくったり休日にポテチを食べながらダラダラして過ごしたりと、必ずしもそれぞれの前頭葉がきちんと機能しているとは限りません。

不安を感じたときに落ち着きを取り戻す方法。しぐさの心理学1

不安を感じたときに落ち着きを取り戻す方法。しぐさの心理学1

みなさんはストレスや不安を感じたときに自分がどんなしぐさや体の動きをしているか思い出せますか?ちょっと考えてみてください。自分が「こういう感情のとき、こういうことをしている」とわかっているだけでも自分の感情をすんなりとコントロールしやすくなります。 たとえば、「あん...