スポンサーリンク

失敗の言い訳は他人に代わりにしてもらうと効果的。自分でしてはいけない

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

何かに失敗してしまうと、ついその言い訳しちゃいますよね。僕なんかもよく言い訳します。というか言い訳するのがけっこう好きなんですよね。面白いから。でも当たり前ですけど、空気を読むのに失敗したり、使いどころを間違えると言い訳というのはとても危険な行為になります。

今回は言い訳に関する心理学の研究結果を紹介しながら、うまい言い訳の仕方について話していきます。言い訳が下手くそなんだよな〜と自分自身で感じている人には役立つ方法かもしれません。

言い訳しても良いことは何もない?

そもそも言い訳というのは、変なことを言って笑いを取るという特殊な目的を除けば、言い訳しても良いことは何もないんじゃないかと言われております。というのも、失敗したり目的を達成できなかった理由を説明することで自分の責任を軽くはできても、人物の評価自体は結局下がってしまうからです。

これはアメリカのミズーリ大学のキャサリン リオダン氏の実験からわかったことです。彼女らによると人が言い訳した時の心理状況に関して実験して確かめたところ、失敗の理由を自分で話すことで責任を減らすことはできても、他人からの評価はどうしても悪くなってしまったそうです。

もちろんどうしても「それはしょうがないよね」というような理由は存在します。そういう場合には相手の理解も得ることができ評価も下がらないこともあります。また相手の心に余裕がある場合も「失敗してもかまへん、かまへん」と特に評価が下がることもないでしょうね。そういうケースは今回の話では除いています。

言い訳として扱われない言い訳の仕方

しかし、例えばいくら正当な理由を挙げてみても「それはあなたの実力不足でしょ」ですとか「対策を打っていなかったからでしょ」みたいに責められ責任を追及されることはよくあります。そういう場合にどうやってうまく言い訳をするのか、というのが今回のポイントです。実はうまい言い訳の方法というのが存在するんですね。それは第三者に協力してもらうことです。

アイオワ州立大学の研究では、自身で言い訳すると評価が下がってしまうのに対し、友人に代わりに説明してもらうと評価が下がるどころか逆に上がり、失敗した人に対して良い印象を持つことを突き止めました。

つまり本人による直接の弁解だと心理的に反感を買いやすいのに対し、第三者からの言葉となると、それを聞いた相手は冷静に話を聞いて分析できるようになるんですね。なんとも不思議な現象ですが、たしかにこれは身近な人物で想像してみると共感できると思います。

例えば、友達があなたに対して何かの約束を破ったときに「いや、しょうがなかったんだよ」と本人が弁解すると反省していないように見える上に、その人が言い訳をして責任逃れをしようとしているように見えてしまうので、自然と腹が立ってしまいますよね。

しかし、そこに別の友達がやってきて「いや、実はこういうことがあってさ」と説明してもらうと、「そっか。知らないところでいろいろあったんだな」と何だか納得しそうになりませんか?

人を褒める時に使える心理テクニック

似たような心理効果で、これまでの功績についても人に説明する場合は自分で話すよりも第三者に説明してもらう方が良い印象を抱くというものがあります。ウィンザー効果と呼ばれ得る心理テクニックですね。

例えば、自分で自分の功績を話すと「どうだ、すごいだろう?」とどうしても受け手にとっては相手が自慢しているように感じてしまいますが、これが第三者からの説明だと、「そっか。あの人はそんなにすごいのかー」と、私たちは冷静に情報を受け止めることができて相手のことを良いように評価できるようになるんですね。

第三者に言い訳してもらうと良い印象を与えることができる
自身の功績の紹介も第三者からの方が効果的