スポンサーリンク

女性の能力を最大化する心理術!協調性を活かしたギバー志向とは?

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

ある考え方を利用することで、女性の能力を最大化する方法があります。

ここではあえて女性と言っていますが、一応これは男性でも使えるテクニックです。女性と男性はそれぞれの違いが強調されてしまう傾向がありますが、実際には男性と女性はほぼ同じなので男性や男っぽい性格の女性でも一度は試してみる価値がある方法です。

さて、その能力を最大化する方法とは、親しい人たちのことを考えて行動するということです。

競争で力が発揮できる男性

男性的な思考モデルは競争を好みます。男性に成功者が多いのは、この競争好きな性格が関係していると言われています。

実際に成功者の性格を調べた心理研究では、競争をより楽しむことができる人ほど成功する傾向があるという結果が見つかっています。

・性格から成功する相手を見抜くための特徴の心理学!

協調で力が発揮できる女性

逆に女性的な思考モデルの人は競争よりも協調を好みます。誰かが一人が成功するよりもみんなで楽しむ雰囲気を重視する傾向があると言われています。

・狭い部屋が好きな女性の心理とは?

とはいえ、人は誰しも他人と仲良くしたいものです。みんなで仲良くできれば、それだけ自分にも有利な環境になっていきます。

そこで、この協調したい、誰かのために役立ちたいという心理を使うことで、自分の中の隠れた能力を引き出すことができます。

それがギバー志向です。

・成功・出世したければ面白くなれ!ユーモアと成功の心理学研究

他者志向で能力が上がる女性

ギバー志向とは、その名の通り、自身がGiverとなって誰かのために行動しようとする志向のことを指します。この考え方を使うことで私たちは能力を発揮できるようになるのです。

例えば、女性の参加者を昇給交渉に挑ませた実験では、自分のために給料をアップさせてくださいと言われたグループよりも、家族のために給料をアップさせてくださいと言われたグループの方が多くの給料を手にすることができました。

女性的な考え方と言われている協調性の高い人、自分よりも他者への愛情が強い人たちは、自分のためよりも誰かのために頑張る方が自分の実力を出すことができ、その愛情の力を利用することで自身を含めたみんなの利益を最大化することができます。

お願いをするときは他者志向で!

というわけで、なんとなく厚かましいと感じてしまうようなお願いごとや交渉ごとの際には、自分の成功ではなく、会社のみんなや家族などの親しい人たちの幸せを思い出してから挑戦してみてください。きっと、いつも以上に力を発揮できると思います。

あなたの成功は、あなたの周りの人たちにもプラスの影響をもたらします。そのことを忘れないでくださいね😌

・責任を持つようになると能力が上がる。仕事を成功に導く、自己成長の心理学

協調性の高い人、他者志向の人は他人のことを考えると能力を発揮できる