スポンサーリンク

意外と不幸になってしまう選択の心理学!選択肢は少ないほうが幸せになれる?

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

選択肢が多いと不幸になる

私たちは自然と、選択肢は豊富で何でも自由に選べた方が幸せだと考えてしまっていますが、実は豊富すぎる選択肢や自由は私たちを不幸にしてしまうことがわかっています。

自由な生活を求めて文明は日々発展してきており、暮らしの自由度もかなり増えてきました。

しかしそうした日々の暮らしの中での選択肢が増えることで私たちは幸せになるどころか、皮肉なことにかえって不幸になってしまうのです。

選択肢が増えることで不幸になってしまうのは予想外の心理的な問題が関係しています。というわけで、今回は不幸にならないための選択の心理学について話していきます。

個性を磨く!他人の評価を気にせずにあなたらしい生き方をするための心理的ポイントとは?
自分の個性を磨き上げる方法 今回は自分らしい生き方をするために使える心理学の研究を紹介します。他人の目が気になってしょうがないという人や、他人に気を遣いすぎて疲れてしまうことが多いという人は参考にしてみてください。 アメリカの心理学者であるクラッチフィールド博士は、人...

選択肢が増えると不幸になる心理

アメリカの名門スワースモア大学で心理学を研究しているバリー シュワルツ教授は、1747名の日常生活について調べてみたところ、日常的に選択肢が多い人ほどかえって自分の決断に後悔してしまい、抑うつ的になっていることを発見しました。

割合にすると、選択肢を多く持っている人たちの中で約3割の人たちが不幸な気分になっていました。私たちは選択肢が多くなればなるほど不幸になりやすくなるのです。

他人まかせをしてはいけない理由!責任転嫁はメンタルに悪影響。自己選択の心理学
自分で決める人は健康的! 物事の決定は自分自身で行う方が心理的にプラスの効果があります。他人任せにしてはいけないのです。 他人や環境に問題の原因や責任をなすりつけてしまうと、傷つくのは責任転嫁をしてしまったその人自身です。意外な事実ですよね。 一見すると他者に責...

多すぎる選択と自由は悩みを増やす

どうして選択肢の量が幸福度に影響するのかというと、選択肢が少ないとそれだけ選択に悩む時間がなくなるからです。

私たちは、普段自分たちでは意識できていませんが、選択することに疲れてしまっているのです。選択肢の中から自分の意志で何かを決めるというのは思っている以上にエネルギーを消費する作業なのです。

たった数分の作業で自信と幸運が身につくようになる幸せ選択日記!
幸せを感じるために必要な心理的ポイント 日頃から幸せを感じられる心には、自分で幸せな行動を選択できるという自己コントロール感が関係しています。 自分の幸せを、「放っておいたら自然と舞い込んでくるもの」ではなく、「自分自身で選択して手に入れた結果の一つ」だと思えるように...

https://twitter.com/kruchoro/status/1163425378368495616

👉よかったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

選択肢が多すぎる場合の対処法

というわけで、困ったときには一度基本に戻り、選択肢を狭めて本質的な問いかけを行うようにしましょう。

大切なのは一番ゆずれない部分を自分で見つけ出すことです。ゆずれない部分、本質的な部分を理解できていれば選択肢が多くてもその状況に惑わされることはなくなります。

ときには選択の幅を小さく狭めて本質を見つめることが、私たちが幸せになるために必要なことなのです。今後はさらに選択肢が増えていく時代になりますので覚えておいてください。

効率的に時間を管理する!タイムプレッシャーテクニックを心理解説
やる気を出すためのタイムプレッシャーテクニック 今回は、「やるべきことを効率的にこなすための時間活用法」について話していきます。紹介するのは、タイムプレッシャーと呼ばれる心理テクニックです。 以前話した学習の心理学のときにも少し触れましたが、最も効果的で簡易的な活用法...
人は選択肢が豊富な方が良いと考えがちである
しかし選択肢が多すぎると実はかえって不幸になってしまう
選択肢が多いと選択することに疲れて本当の幸せを見失ってしまう