スポンサーリンク

これで成功も思いのまま!オバマ大統領が行っている5つの仕事術!前編

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

オバマ大統領のタスク管理&仕事術

「世紀の空売り」や「マネー・ボール」などの作品で有名なノンフィクション作家のマイケル・ルイスさんが2012年に発表した「オバマの決断」という記事があります。この記事ではオバマ大統領に密着インタビューしつつ、仕事の仕方や一日の過ごし方を分析していっています。

今回はその記事の中から、オバマ大統領が実践している5つのタスク管理&仕事術を紹介していきます。以下がその5つのテクニックです。

  1. 準備を怠らない
  2. 重要なこと以外は人に任せる
  3. ネガティブな批判は聞かない
  4. 毎日運動をする
  5. ルーティンを大切にする

順番に解説していきます。今回は最初の2つを紹介します。

専門職で成功できる優秀な人になるための3つのスキルを手に入れる方法
専門的な仕事で成功する 今回は、成功している専門家は普通の人とは何が違うのかを調べた心理学研究を紹介しつつ、私たちが仕事の達人になるための方法についても話していきます。 研究によると、専門職で成功を収めるために必要な三大条件というものがあり、これらの条件に当てはまるス...

準備を怠らない

大統領の1日は前日の夜からすでに始まっています。家族が寝静まると、オバマさんはその日に残った雑用をこなしつつ、翌日のための準備をします。

ノーベル平和賞を受賞したときには、日中に受賞スピーチの内容を考えたりはせず、夜のうちに骨子をまとめておいて、翌日に一気に書き上げました。重要なことは事前にこなしておくのが大事ということです。

プライベートタイムを大事にする

オバマ大統領は夜型の人間なので、みんなが寝静まって静かになった夜中の時間帯の方が集中しやすいのですね。就寝時間は午前1時~翌朝7時が習慣となっていて、夜の10時~眠りにつく夜中の1時までがオバマ大統領のプライベートタイムです。

逆に朝が得意で夜中まで起きていることが苦手な人は、早起きをして朝の時間帯に準備をする方が自分の能力を発揮しやすいのでおすすめです。自分のクロノタイプに合わせて予定を練りましょう。

早起きできるかどうかは遺伝子の問題!朝型と夜型、クロノタイプの話
朝が苦手なのは遺伝子のせいだった カリフォルニア大学の神経遺伝学者ルイス・プチェク博士が、早起きな家族の遺伝子を調べるという研究を行ったところ、早起きをする人特有の染色体を発見しました。 同様に夜更かしをしがちな家族の遺伝子を調べたときにも、夜更かしをする人特有の染色...

https://twitter.com/kruchoro/status/1125535714018517000

👉よかったらぜひツイッターのフォローをお願いします🙇‍♂️

重要なこと以外は人に任せる

ジョブズを始め、忙しい成功者は決断の数をできるだけ少なくし、重要なことだけに絞って決断すべきタスクを管理しています。

オバマ大統領も同じく決断のし過ぎによって脳みそが疲れてしまわないように気をつけています。そのため彼は一日の食事や服装といった細かいことはすべてアシスタントに任せています。

決断を下さなければいけないことが多すぎるので、食事や服装といった些細なことまで考えてはいられないのです。

というわけで、あなたも自分にとって本当に重要なことだけに集中して、それ以外のことは他人に任せましょう。すべてを自分で決めて自分でやっていたら、結局重要なことは何もできずに一日が終わってしまいます。

マルチタスクは生産性を下げて認知機能にも悪影響を与える
マルチタスクは仕事を遅くして頭も悪くする マルチタスクは生産性を下げてしまいます。過去の研究では、マルチタスクによって仕事の生産性が40%低下したり、IQが下がったりすると言われています。 しかし、テクノロジーが進化するにつれて私たちがチェックしていなければならないメ...