スポンサーリンク

なぜか物事が続かない!を解決する、無駄なことをやめる習慣の作り方

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

やりたいことができないのはなぜ?

やりたいことを計画したり好きなことを始めてみたのはいいけれど、思うように続かない!といった問題があります。

人は心理的に易きに流れる性質を持っているので、エネルギー切れを起こしたり誘惑に魅了されると、どうしても楽な方を目指してしまうのです。

もちろん、楽をして目的を達成できればそれで良いに越したことはないのですが、目的から遠ざかっている場合には対処が必要です。

https://twitter.com/kruchoro/status/1075005256306708480

やりたいことが続かなかったり、後でやろうと思っていたのに気づいたら時間がなくなっていたを解決する方法があります。

それは、やらないことを決めることです。

やらないことを決めると行動力が増える

私たちは一日のうちで意外と無駄な行動をとっています。そのせいで疲れてしまったり自由な時間がなくなってしまって、「好きなことが今日もできなった!」といったことが起きてしまいます。

・慣れ親しんだ習慣はなかなか抜けない。不健康な習慣を変える方法とは?

慣れ親しんだ習慣はなかなか抜けない。不健康な習慣を変える方法とは?
習慣を変えるのは難しい 自分の理想の姿というのは誰にでもあります。 しかし、やめたいことや断ちたい習慣があったとしても、私たちにとってこれらの習慣的な行動を改善するのはけっこう難しいということが数々の心理学の研究結果からわかっています。 あるいは...

人は易きに流れると言いましたが、この易きとはほとんど習慣のことです。ですので習慣を見直し、自分が無意識にしていることで目的達成から遠ざかってしまう要因を取り除くことが、好きなことを続けるコツになります。

例えば、

家に帰ったらYouTubeやテレビを見てしまう、
お風呂上がりにアイスを食べてしまう、
眠る前にダラダラとSNSを眺めてしまう、

といったことをやめてみて、それでどれだけ自由な時間が作れたかを計ってみることが習慣の改善に繋がります。

「なんとなく気づいたらやめていた」ではなく「これをもうやらない!」と一度きちんと決めてしまえば、わりとすんなりとやめられることが多かったりします。

・禁煙!ダイエット!やりたくないことをやめる画期的な心理術

禁煙!ダイエット!やりたくないことをやめる画期的な心理術
実は禁煙する方法と食事制限する方法には共通点があります。 それはどちらも、やめるのが難しいために失敗してしやすいことのひとつということです。どうしてやめるのが難しいのかというと習慣と結びついているからです。 私たちは習慣と結びついてしまったことは無意識...

やめるときは集中的にやめる

さらには、やめるときのコツとして何か一つに集中するのも手です。

例えば、理想的な生活を計画して何か新しいことを始めるとき、あれもこれも、と色々なことに手を出してすべてに失敗してしまうよりは、一つのことが習慣化するまで愚直にやり続ける方が健全です。

ダメな習慣をやめる場合もこれと同じです。

あれもやめようこれもやめようとしてすべてに失敗するよりは、「まずはこれをやめてみよう!」と一つの習慣に集中することで成功率が高まります

やめるべきことが多すぎると、それだけあれこれと考えなくてはいけなくなり、脳みその処理能力が追いつかなくなるのですね。

というわけで、やる習慣よりもやめる習慣をぜひ試してみてください。

・性格を変えるために必要なこととしてはいけないこと。自己成長の心理学

性格を変えるために必要なこととしてはいけないこと。自己成長の心理学
性格は変えられない? 性格を変えるのは難しいだけでなく、ほとんど不可能なのではないかと言われています。 そもそも性格を無理に変えるということは自己否定するということであり、心の健康にあまりよろしくないという話もあるくらいです。 では、私たちは変わ...
やらないことを決めると行動力が増える
やめたい習慣はひとつずつクリアしていくことが大切