スポンサーリンク

たった一言!会話が弾んで人からモテるようになる魔法の言葉

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

思ったように相手との会話が弾まずに気まずい雰囲気になってしまったことが誰でも一度はあると思いますが、こういうときの時間の流れというものはものすごく長く感じますよね。

今回は、会話が苦手な人でもうまく会話が切り抜けられるようになる簡単なテクニックを紹介します。しかもたった一言なので覚えやすいです。これひとつ覚えておくと会話に困ったときに意外と使えたりするのでかなり便利なワードです。

魔法の言葉「あなたはどう思いますか?」

おそらく勘の良い人ならすでに何となく答えが出ていそうですが、その言葉とは「あなたはどう思いますか?」と相手に投げかけることです。

アメリカのニューヨーク大学のアーリン ホークスの研究によると、「あなたはどう思いますか?」と相手を主体とした会話を行うようにしただけで、相手を主体にしなかった会話と比べて58%も会話が弾むことがわかったそうです。約1.6倍の効果ですね。

ただ、この会話術を使うときにはいくつかポイントがあります。

否定しない、説教しない

まず、相手の意見を真っ向から否定しないことです。誰でもそうだと思いますが、「聞いておいて否定するのかよ!」みたいな流れは好ましくないどころか余計に話をしたくなくなりますよね。だってどうせ反対されてしまうんだもの。

もちろん、あまりにも流すことができない意見には、否定の意見であっても、きちんと自分の意見を伝えてべきです。なぜならこちらの気持ちを勘違いされたまま付き合い続ける方が相手と仲良くなる前よりもかえって辛くなってしまいますからね。

そこで、相手の意見そのものよりも、その意見を持った相手の感情に寄り添う感覚を持つとこの会話術はうまくいきやすいです。「大丈夫かな?」と相手のことを気にかける感じですね。

・恋愛初心者にもおすすめ!男女の関係が良くなる簡単な時間の過ごし方

具体的には、相手の話は熱心に聞いて、こちらで善悪や正誤の判断をしないというのがコツですね。

ただ、まぁはっきり言って、この正誤の判断をしないというのはけっこう上級者向けの考え方なので、最初はまず会話に慣れるまで相手の話を聞いてみて、自分としても相手に賛成だったり共感できるところを積極的に探すようにすると細かいことは気にならなくなります。

オウム返しの返事をする

あとは「あなたはどう思う?」「きみはどう思う?」と聞いた後に相手の答えと同じ言葉をオウム返しにするというのも昔からあるわかりやすいコミュニケーションの手段ですね。

「あんまり好きじゃなくて」 「そっか、そういうのはあんまり好きじゃないのね」

「牛丼が好きなんだ」 「本当に!?牛丼が好きなの?」

みたいな感じです。本当にそのまんまです笑。相手の答えに驚きながら「?」をつけてそのまま言い返すという手もあります。

これだと先ほど言った正誤の判断を自動的にしなくなるので、うまく相手の気持ちが理解できない人は試してみるといいですね。

ちなみに声を大きくして言い返すだけで会話が弾んでいる雰囲気が簡単に出ます

大切なのは、相手を主役にして話を徹底的に聞いてあげることですね。ただこちらの話を一切しないとそれはそれで気味悪がられるので、相手から質問されたらこちらも適度に答えを返しましょうね。

相手を主体にした会話をすると58%も会話が弾む
会話に困ったら「あなたはどう?」&「オウム返しの返事」