スポンサーリンク

瞑想トレーニングで脳みそを鍛えるとメンタルが強くなり優しい性格にも変わる!意志力の心理学

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

やるべきことをやる人になるために

今回は意志力(やる気)の心理学についての話をします。以前の話で、スタンフォード大学の神経生理学者であるロバート サポルスキー教授は、前頭前皮質の役割は私たちにやるべきことを仕向けることなのだと話しました。

つまりこの脳の部位を鍛えることで、私たちは苦手なことを克服したり得意なことをさらに伸ばすことができるようになるのです。今回はその前頭前皮質(脳みそ)の鍛え方について話していきます。

前頭前皮質の鍛え方はいくつかあるのですが、今回紹介するのは一番有名なものであり、おすすめのトレーニング方法です。

その方法は、瞑想(マインドフルネス瞑想、呼吸法、または座禅)をすることです。まず最初にその効果のほどを心理学の研究を紹介しながら説明していきます。

集中力が上がり、頭も賢くなる心理学!瞑想をすると自制心と注意力が高くなる
瞑想で集中力が上がり賢くなる理由 瞑想を長期的に続けることで物理的にも脳みそに変化が訪れることがわかっています。頭を使うようになることで、本当に脳みそが大きくなるのです。 研究者が脳をスキャンしたデータを分析したところ、脳みその灰白質という神経ネットワークが存在してい...

瞑想をすると脳みそが成長する

最近流行りのマインドフルネス瞑想ですが、すでに研究では、瞑想の練習を3時間行っただけでも注意力と自制心が向上したという結果が出ています。瞑想が有名な意志力の向上方法となっているのはこういった研究結果が理由になっています。

また別の研究では8週間の瞑想トレーニングを続けた結果、脳の灰白質という部分(前頭前皮質を形作っている部位)が大きくなり自己認識(セルフモニタリング)の能力が向上しました

超集中状態(ゾーン)に入るために必要な条件とは?実生活でも使えるスポーツ心理学
集中することが難しいときに集中する技術 今回は超集中状態に入るためのコツをスポーツ心理学の研究を参考にして解説していきます。引用はスポーツ心理学ですが、実生活にも十分通用するアドバイスが載っております。 スポーツの試合や競技では、自分だけではなく周りを人に囲まれ、声援...

トレーニングを積むことで人間性も向上する

つまり瞑想自体が上手くなくても、また練習でもいいので瞑想トレーニングを続けることで自然と頭が良くなっていくという素敵なシステムが私たちには備わっているわけです。

しかも単に頭が良くなっていくだけではなく、注意力や自制心が向上するので我慢強く誠実な性格になっていき、人としてのレベルも上がっていき絵に描いた素敵な人にもなれるのです。

瞑想は私たちが生きるために必要な能力を底上げしてくれるです。

あなたの心の強さを表す3つの指標と、心を健康的に成長させるためのメンタルトレーニング方法
心は筋肉のようにトレーニングで成長する 心は筋肉のように鍛えることができます。筋肉を増やしたかったら筋トレを行うように、トレーニングを積むことで心を強く成長させることができるのです。 またそうやって心を鍛えていくことによって感情のコントロールも上手くなっていきます。ネ...

呼吸法で感情をコントロールする

マインドフルネス瞑想にはいくつかやり方があるのですが、今回紹介するのは簡単な呼吸法です。

呼吸法で有名なものは深呼吸と、「ヒッヒッフー」と息を吸ったり吐いたりするラマーズ法ですが、このラマーズ法は日常でも使える万能的な呼吸法です。

たとえば感情的になっているときや、頭がパニックになっているときにこの呼吸法をすると心が落ち着きます

不安はノリツッコミで軽減できる!過剰な不安感を抑えて行動できるようになるための心理学
不安がなくなる考え方 今回は不安な気持ちを払拭して積極的に行動していくための考え方を話していきます。 今回の話では不安を過度な不安、不必要な不安として扱って話しています。しかし以前にも少し話したことがありますか、適度な不安は幸せや成功するために必要です。

呼吸法で心がコントロールできる理由

慌てているときに私たちはよく「深呼吸しよう」と言われていますが、多くの人は深呼吸をするときにゆっくり息を吸うことばかりに気がいってしまいがちです。しかし、実は深呼吸で大切なのはゆっくりと息を吐くことです。

なぜなら私たちは息を吸うときには交感神経という、イメージで言うとピリピリした状態になるのに対し、息を吐くときには副交感神経という、イメージで言うとふわふわした状態になるからです。

つまり、リラックスするためには息をゆっくり吐く必要があるのです。

というわけで瞑想をするときにも、心を穏やかにするために、ラマーズ法のように吸う息よりも吐く息により長い時間を与えてあげると集中しやすいです。また「ヒッヒッフー」という呼吸法はみんな知っていますので、ラマーズ法をイメージするとわかりやすいですからね。

パニックになった心を落ち着かせるための心理テクニック!小説家のように考える I think法
実況中継で心を冷静な目で見つめる 自分に対する意識を高めて客観的な目線で自己分析をするためには、I think法というトレーニング方法を使うといいです。 この方法は冷静さを取り戻す時にも使えます。 例えば「私は暑いと思った」というような感じで自分の気持ちや考えた...

https://twitter.com/kruchoro/status/1112127364014710785

👉よかったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

呼吸法をするときの時間の目安とコツ

呼吸法をするときの数字の目安を言っておくと、5秒かけて息を吸って10秒(もしくはそれ以上)かけて息を吐くという具合です。

先ほどは吐く息が長い方が副交感神経を活発にしやすいのでおすすめと言いましたが、実際に初めて瞑想(呼吸法)をやるときは同じ時間に設定した方がやりやすいかもしれません。やりづらい人は「なんとなく気持ち吐く息の方が長いかなー」くらいの適当さ加減でやるのがおすすめです笑。

ちなみに目はつぶっていた方が良いと言われることが多いのですが、大差はないので開けていてもいいです。またできるだけ背筋を伸ばした方が良いですが、大切なのは自分が瞑想を続けられることなので最初は適当でも良いかと思います。

不安と緊張で夜も眠れない!考えすぎて不眠になった時の心理的対処法 
考えすぎて眠れなくなった時はどうすればいい? 不安や心配ごとで頭がいっぱいになり眠れなくなってしまったら、頭に浮かぶ考えをすべて紙に書き出すと良いことがわかっています。 もしも仕事のことばかり考えて眠れなくなったり、明日のことを悪く考えてしまって気分が悪くなってしまっ...
瞑想をすると自制心や注意力が高まり素敵な性格にもなれる
瞑想は有名な呼吸法であるラマーズ法を意識するとやりやすい
呼吸をするときは吸う息よりも吐く息を長くするとリラックスできる