NO IMAGE

ストレスはあなたを励ましてくれる出発のサイン

ストレスを発散するということがひと昔前に流行ってしまって、多くの人はストレスと聞くと過剰に反応してしまうようになってしまったのかなと思う。ストレス=悪いものと扱われがちだけれど、バカとはさみは使いようということで、ストレスもまた使いようでプラスにもマイナスにも転じます。

NO IMAGE

実はメンタルに弱いとか強いとかいうパラメーターは存在しない

よく自分はメンタルが弱いだとか、あの人はメンタルが強いだとか言う人がいるけれど、そもそもメンタルの強弱を表すパラメーターなんてものは存在しない。ある人のメンタルが弱かったり強く見えるには必ず原因があるのだが、その原因を突き止めるのが面倒くさいからそんな言い回しをしているにすぎない...

NO IMAGE

「お前のことなんか誰も見ていないよ」自意識過剰の弱虫たちに捧ぐ

怒られて責められて、それを嘆く人がいる。迷惑をかけたから嫌われた、人に迷惑をかけている自分が嫌になった。怖くなって、同じ間違いを繰り返し、人と関わるのも自分から行動するのも嫌になる。そんな人たちに伝えたい言葉がある。 「お前のことなんか誰も見ていないんだぜ」

NO IMAGE

慣れない作業(仕事・勉強)をするときは時間配分をバカみたいに多く見積もる

新しいこと、知らない分野についての作業をする機会が僕にはまだまだ多々あります。このサイトの構築もまさにそのひとつですね。僕は文章を書くのは好きだしいつまでもやってられるけれど、それを発表する過程に落とし込む作業には大して興味がないです。

NO IMAGE

優しくできるときと優しくできないときを把握する。優しさのコントロール

優しくなりたいと思う。誰でも自分にできるかぎりは他人に優しくできたらいいなと思っているし、できるかぎりという範囲内で優しさを与えている。 人に優しくできないときは自分の精神状態が荒れていたり余裕のキャパが超えてしまっているから、とっさに優しくない行動を取ってしまう。そしてあ...

NO IMAGE

サボってしまうのは”あなた”じゃなくて”ドーパミン”のせい

サボりってなんであんなに心地良いんでしょうね。やらなきゃいけないことを放棄してどうでもいいことや娯楽に時間を費やし始めた途端に心がふっと軽くなる感じがします。でもあとになって気づくんです。「自分、なにしてん……」この瞬間は恐怖ですよね笑。そんな恐怖を和らげ、サボり癖の改善にも役立...

NO IMAGE

パニック!心が雁字搦めになってしまったときの対処法

あれもしたい!これもしたい!もっとしたい!もっともっとしたい! という具合に、求めていることが多くあるにも関わらず現実が追いついていないとき、私たちはしばしば「自分はなんてダメなやつなんだ」と自己否定的な思考に陥ってしまいます。冷静なときに考えてみれば、こういった自己否定が...

NO IMAGE

瞑想は脳みそを本当に大きくする。賢くなりたければ瞑想するといい

瞑想に関する書籍を読んでいてすごいなと思ったのは、瞑想を続けることで物理的に脳みそに変化が訪れるということだ。 数値化された能力や行動の結果を比べて、「あ、今回は増えてるね」とか「これをするとみんなこういうことをする傾向があるね」というのではなく、本当に見た目に脳みそが大き...