スポンサーリンク

優秀なリーダーは職場によって変わる!2つのタイプの成功者が存在する心理的理由とは?

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

愛されるリーダーのタイプは職場環境で変わる

理想的なリーダー像はどんなものか日々議論されていますが、どんな人物がリーダーとしてふさわしいかのかは職場の環境によって変わります

大きく分けるとリーダーのタイプは2種類あり、権威的で部下にも積極的に指示を出すリーダータイプと、自由放任主義的でチームのメンバーそれぞれの判断に任せて仕事をさせるリーダータイプがいます。

パッと見ると後者のリーダーの方が優秀そうに見えますが、実はこの2つのリーダータイプには、合う職場、合わない職場があるのです。

なので、どれだけ優秀なリーダーシップを持っていても環境に適していなければ成果を出すことはできません。

リーダーとして仕事をしている人はその環境や状況を見極めて行動を変えていかなければいけないのです。単純に同じように働いていれば良いというわけではないのですね。

・やったらダメ!部下に嫌われるリーダー・上司が持つ3つの共通点

やったらダメ!部下に嫌われるリーダー・上司が持つ3つの共通点
部下に嫌われるリーダーの特徴 嫌われるリーダーには共通点があるということが研究の結果からわかっています。 そして研究によると、その嫌われるリーダーの主な条件は3つあります。3つと聞くと意外と少ないように感じるのですが、人間関係を壊さないためには重要なポイントです。たと...

指示をよく出すリーダーが活躍する職場

フロリダ大学の心理学者であるマービン ショーとマイケル ブルムが行った心理実験によると、組織の行なっている仕事の内容が従業員に面白いと思われているかどうかで、チームに対してリーダーのすべきことが変わるということがわかっています。

仕事や作業の内容が面白く、作業をするチームメンバーが楽しみながらプロジェクトを進められる場合には、リーダーは指導的でメンバーに積極的に指示を出すほうがうまくいきます。

例えば、新しい挑戦や採算をあまり気にしないような仕事ですね。メンバーがそれぞれに興味ある分野の仕事に携わることができている場合は、それだけで仕事に対する満足度上がっているので指導があっても不満が出にくい状況にあります

なので、そういう場合にはリーダーは指示を細かく出して仕事の効率を高める方にシフトした方がチームにも活気が出てくるのです。好きなことができて、さらには成果も挙げることができているという最高の状態です。

・実は男性と女性で好かれる話し方は違う!男女別に効果の高い会話の心理学

実は男性と女性で好かれる話し方は違う!男女別に効果の高い会話の心理学
話し方で心をコントロールする方法 数々の心理学の研究データから、話し方一つで相手に伝わるこちらの印象は変わってくることがわかっています。 世の中には優しい伝え方もあれば高圧的な話し方もありますが、これらの話し方の違いで相手の気分を良くしたり、話している内容の理解度を上...

民主的なリーダーが活躍する職場

しかし、仕事の内容が単調的だったり興味がなかったりして退屈だったりつまらないと感じられる場合には、メンバーに命令を下すタイプのリーダーは向いていません

やっていることが退屈な上に上司から頻繁に指示が飛んでくるようになってしまうと、さらに社員のモチベーションが下がってしまうのです。

こういう場合にはメンバーと民主的に話し合い、それぞれの作業内容を個々人が好むものに割り当ててくれるリーダーが好まれています。不満が溜まっていたりフラストレーションが溜まっている状況では、リーダーは積極的に部下の話に耳を傾けてモチベーションの維持に努める必要があるのです。

例えば、楽しみのためではなく経営維持のためやお金を稼ぐために行う保守的な内容の仕事がこれに当たります。

気乗りしないけれどどうしてもやらなければいけない仕事の場合には、従業員の自主性を高めて作業にあたってもらうように心がけると良いのです。

・同僚と仲良くなると良いことだらけ!仕事の成功と幸せをも決める社交性の高さに関する心理学

同僚と仲良くなると良いことだらけ!仕事の成功と幸せをも決める社交性の高さに関する心理学
成功と幸せ、両方を手に入れる方法 成功をしたければ独りよがりになるのではなく、周りの人と仲良くすることが大切です。 人間一人の力には限界があり、たとえ何でもうまくこなせるほどの器量があったとしても、その才能を分散させてしまっては器用貧乏のようになってしまい大した成果を...

仕事の種類でリーダーのやるべきことは変わる

実際に実験の結果でも、この2つのタイプのリーダーを比べてみると、面白い作業のときには指導的なリーダーが指示を出すと従業員はより作業内容が面白く感じられるようになったのに対し、作業がつまらないものだと民主的なリーダーがメンバー自身に自主的に作業を選ばせたほうが仕事を楽しく感じられたことがわかりました

こうして職場の雰囲気やその時の作業の内容に合わせて指示の出し方を変えるのもリーダーが行うべき1つの心理テクニックなのです。

というわけで、部下を持っている人や人を雇っている立場にある人は、この研究結果を参考に作業指示の出し方を最適化してみてください。

・90%の人を動かした!子供にも使える優秀すぎるラベリング心理術

90%の人を動かした!子供にも使える優秀すぎるラベリング心理術
イメージ次第で生活習慣が変わる 私たちの頭の中にあるイメージの力は強力です。 私たちは自分でも意識できないレベルで、頭の中にあるイメージに行動を決定されています。ですので、イメージの力を利用することでやりたいことができるようになったり、やりたくないことを抑えら...

https://twitter.com/kruchoro/status/1072464262747090945

👉よかったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

効率的に仕事と自分を管理する方法

また、まだ部下など指示を出す相手がいない人は、今回の研究は自分自身にも使えるテクニックですので、仕事に対するモチベーションを見極めて作業工程に工夫を加えてみましょう。

好きな仕事はより機械的に、好きではない仕事はより自由に行なってみるという感じです。そうすると苦手な仕事も楽にこなすことができますし、好きなことの成果も上がって一石二鳥にすることができるのです。

・好きなことに飽きたり、仕事を嫌いになってしまう心理的な原因は過剰な報酬!

好きなことに飽きたり、仕事を嫌いになってしまう心理的な原因は過剰な報酬!
内発的・外発的動機づけ 実は好きでやっていることに過剰な報酬が用意されると、私たちはかえってやる気がなくなってしまいます。 このある作業を好きな気持ち、あることに対する興味関心を内発的動機付けと呼びます。これとは別に作業それ自体に興味はなくても、その作業をすることでメ...
作業が楽しい場合には指示を細かく与えるリーダーが活躍する
作業が退屈な場合には従業員の自由度を高めるリーダーが活躍する
リーダーは状況に合わせて支持を出す回数と自由の幅を調整すると良い
(Visited 10 times, 1 visits today)