スポンサーリンク

やりたいことが多すぎてやりたいことがわからなくなる、ポジティブ思考のワナに注意!

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

やりたいことが多すぎる人の弱点は、ポジティブ思考

「自分のやりたいことがわからない」には2種類の原因があります。

1つには、やりたいことがまったく思いつかなくて悩む場合。そしてもう1つは、やりたいことが多すぎて悩む場合です。今回は主に後者の話をしますが、前者の悩みの場合でも使えるテクニックを紹介します。

やりたいことが多すぎる人というのは、好奇心が強すぎて、気持ちをうまくコントロールできていないために悩んでしまいます。

これはポジティブ思考の罠の一つで、ポジティブな人に起こりがちな問題です。

世間では勘違いされがちなのですが、ポジティブ思考って良いことばかりではないんですね。逆に言うと、ネガティブ思考も悪いことばかりではありません。

・ネガティブ志向のメリット、ネガティブのポジティブな使い方とは?

ネガティブ思考のメリット、ネガティブのポジティブな使い方とは?
ネガティブ思考にもメリットはある 昨今やたらに忌み嫌われてしまっているネガティブ志向(思考)ですが、実はこれにもきちんとメリットというものがあります。 ただ無意味に気分が落ち込んでしまうというわけではないんですね。気分が落ち込んだり暗いことを考えてしまうのには、それな...

成功の想像はやる気をなくす可能性がある

よくあるのが、「自分が成功している姿を想像して、やる気を失ってしまう」という現象です。心当たりはありませんか? 僕はめちゃくちゃあります笑。

ですから自己啓発本に書かれているような「自分の成功している姿をイメージして、未来の成功を信じよう」といったことは逆に成功から遠ざかってしまう行為ですのでやめましょう。想像することでそれで満足してしまうのです。

でも結局は想像の中だけの出来事なので、そのときは満足しても「どうして行動しなかったんだろう?」と後から悔やむことになります。これがポジティブ思考の罠です。

・実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学

実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学
失敗してもひどく落ち込む必要はない 成功と失敗、どちらの方がより豊富な知識と経験が身につくのかということは実はすでに判明しています。 学びの過程としてより重要で、なおかつ私たちの脳みそに鮮明に刻まれるのは失敗の記憶と事例です。人は、成功からよりも失敗から多くの知恵を得...

ちなみにポジティブ思考が引き起こすネガティブな反応を表して、「ポジティブ-ネガティブ反応」と僕は勝手に呼んでいます。高校生の時に思いついて名付けたのですが、発表するのは今日が初めてです。流行ると良いですね笑。

逆は「ネガティブ-ポジティブ反応」です。縮めて「ネガポジ反応」「ポジネガ反応」と呼んでいます。ネガネガ反応やポジポジ反応もありますが、詳しく話すと本一冊分の内容になるので、割愛します。

悩みを簡略化しよう

さて、このポジティブ思考の罠問題を解決するためには、情報の整理と計画が必要になってきます。

基本的に人の悩みというのは問題を複雑に解釈してしまっているが故に問題化しています。ですので、情報を整理することで問題を単純化し、ひとつひとつ解決していくのが有効な手段となります。これは本当にいつでもどこでも使える思考なので覚えておくと良いです。

・人は考えすぎると、失敗する確率が上がってしまうので注意という心理学研究

人は考えすぎると失敗する確率が上がってしまう!という心理学研究
人が直感に頼ってしまう心理学的な理由 直感(直観)というのは意外と有能だというのは、実は心理学界では有名な話です。 もちろん、本来ならきちんと考えることで正解に導ける問題なのに、バイアスやヒューリスティックによって間違った選択や思考をしてしまうことは危険なので...

ポジティブ思考の罠を避ける方法

まず情報の整理ですが、ノート(orいらない紙)に自分のやりたいことのすべてを書き出します。ここで重要なのは、すべてを書き出すことです。

人によってはこれで一日潰れます。僕は半日使いましたし、今もたまに1,2時間くらいかけてやります。一回ですべてをやり終える必要はありません。ですが、一度こうして書き出しておくことでだいぶ違ってきます。騙されたと思って一回やってみてください。

また人によってはチラシの裏などのいらない紙の方が心理的に書きやすい場合がありますので、ノートでうまくいかない場合は適当な紙切れを使ってください。いつでも捨てられるという心理が、私たちの気持ちを素直にさせてくれるのです。

・メモの魔力!前田裕二のメモ術の科学的に正しいところを心理分析してみた

メモの魔力!前田裕二のメモ術の科学的に正しいところを心理分析してみた
メモを有効活用するための心理テクニック 12月21日に新R25で公開された前田祐二さん(SHOWROOM社長)の記事が面白かったので、ポイントを抽出して心理分析してみました。元の記事を読みたい人はリンクから飛んでください。 ※本記事は、メモの魔力/前田祐二 著の読書レ...

やりたいことをすべてを書き出したら、その中から3つだけ選び、あとはすべて捨てます。悩むと思いますが、この捨てる作業が重要です。

そもそもやりたいことが多すぎる人というのは色々な物事に目が移ろい、集中力が散漫になってしまっています。ですからこの興味の範囲を意識的に限定することで、集中力を一箇所に留められるようになるのです。

・集中力が続かないときはアレを変えてみよう!環境の心理学

集中力が続かないときはアレを変えてみよう!環境の心理学
やりたいことがあるのにできない あれもしたい、これもしたい。でも何もできていない。 という現象があります。あれこれと挑戦しようと思っているのに、行動が追いつかず結果何事も思い通りにいかず、落ち込んでしまうこともあります。 これがけっこう厄介な心理...

諦めることで行動できるようになる

行動というのはトレードオフです。可能であれば物事を同時に進行させるに越したことはありませんが、いつでもAをしながらBができるとは限りません。

そして私たちは何かを諦めることで、本当に大事なことを諦めない覚悟ができるようになります。ですから捨てる作業というのが重要なのです。

「やらないことを決める」は「やることを決める」と同義なのです。やりたいことが多すぎて注意力が散漫になってしまっていたら、やること(やらないこと)を決めていないのだと思いましょう。そして決断していきましょう。

・自信のある人が成功する理由。自信の高さは能力の高さと比例する

自信のある人が成功する理由。自信の高さは能力の高さと比例する
自信がある人の特徴 自分に自信がある人ほど努力することがわかっています。 以前は責任感を持っている人ほど仕事の成績が優秀になり、逆だと人生の意欲を失ってしまうという話をしましたが、この責任感を持つことと自信を持つことは実はけっこう似ているのです。 責任感と自信と...

計画することで行動できるようになる

しかし、それでも諦めきれないことも中にはあります。そのために計画をします。

つまり今は諦めても、後で達成させることができればいいのです。そのために計画を練り、作業に取り組む順番を決めます。

そうして計画を練って他のやりたい作業の時間を未来に分配しておくことで、目の前のやりたいことに集中することができます。これもある意味、「今はやらない」と決めて捨てる作業です。

・他人まかせをしてはいけない理由!責任転嫁はメンタルに悪影響。自己選択の心理学

他人まかせをしてはいけない理由!責任転嫁はメンタルに悪影響。自己選択の心理学
自分で決める人は健康的! 物事の決定は自分自身で行う方が心理的にプラスの効果があります。他人任せにしてはいけないのです。 他人や環境に問題の原因や責任をなすりつけてしまうと、傷つくのは責任転嫁をしてしまったその人自身です。意外な事実ですよね。 一見すると他者に責...

行動の手順

まとめると、

「やりたいことの認識→選別→計画→実行」という流れです。これはやるべきことが見つからない場合にも使えるテクニックです。

やりたいことをやったり、やる気を出すテクニックというのはいろいろあり、またうまくいかない原因もそれだけいろいろあり、解決する術は今回紹介した方法だけではありません。

しかし一番簡易的なのが、今回紹介した「やりたいことを絞って、それ以外は捨てる」という方法です。まどろっこしいのが苦手な人ほどこの方法が効果的ですので、ぜひ試してみてください。

心の課題というのは一朝一夕でどうなるものではなく、また、ある方法が誰にとっても万能というわけでもありません。

心は様々な知識を身につけることで強化されていきますので、心理に作用する方法をたくさんしていればそれだけ心も強くなります。

・正しくない努力に気をつけて、心理学的に正しい努力を身につける方法

正しくない努力に気をつけて、心理学的に正しい努力を身につける方法
正しい努力と正しくない努力を区別しよう 努力には、正しい努力と正しくない努力があります。 この正しい努力の仕方を知らないと、いつまで経っても成功できないどころか成長すらできません。なぜなら毎日続けていることが正しくない努力だった場合は、いつまで経っても結果が出てこない...
自分が成功した想像はやる気を下げる可能性がある
悩みを簡略化し、本当にやりたいことだけに集中すると行動力がつく