スポンサーリンク

ネガティブ思考のメリット、ネガティブのポジティブな使い方とは?

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

ネガティブ思考にもメリットはある

昨今やたらに忌み嫌われてしまっているネガティブ志向(思考)ですが、実はこれにもきちんとメリットというものがあります。

ただ無意味に気分が落ち込んでしまうというわけではないんですね。気分が落ち込んだり暗いことを考えてしまうのには、それなりの理由が隠されていたのです。

ですので大切なのは、ネガティブ思考の意味と使いかたを理解し、自分の生活に合わせて使いこなせるようになることなのです。

ネガティブになると思考力が上がる

まず人がネガティブ志向になると思考力が活発になります。

考えることが得意になるんですね。

たしかにネガティブな人って、あれこれと想像したりすごくよく物事を考えていますよね。よく「考えすぎて眠れない」といった状態になったりもしますが、ネガティブなことを考えているときはそれくらい頭の中が活発化しているんです。

・大きな失敗をしたときの立ち直り方と、複雑な問題を解決するためのシンプルな思考方法

大きな失敗をしたときの立ち直り方と、複雑な問題を解決するためのシンプルな思考方法
大きな失敗は小さな失敗の寄せ集めでできている 大きな失敗には様々な理由や事情が隠れているので、大きな失敗の中から改善点を見つけ出すことは困難です。 ですから一発逆転の解消法を狙うよりも、まずは大きな失敗を細かく見ていき、瞬間瞬間に起きる小さな失敗の方に目を向けましょう...

ネガティブな人は最適な戦略を取れる

米クラークソン大学の研究報告によると、鬱病の被験者は、鬱病でない被験者に比べて、最適戦略にはるかに近い戦略をとる傾向があった、とあります。この最適戦略というのは現状考えらえる上でのベストな選択という意味です。

健康な被験者の場合には、怠惰な傾向があり、十分な数の選択肢を検討しなかったそうです。

つまり、健康な被験者は、考えることはほどほどに早く決断をしてしまって、そのために問題を間違える傾向があったんですね。

・やる気を出し続けるために一番最初にすべき大事なこと。心理学に正しい目標の立て方!

やる気を出し続けるために一番最初にすべき大事なこと。心理学に正しい目標の立て方!
モチベーションを高められるかどうかは、最初の行動が肝心です。 ある目標が達成されるかどうかは、その計画の最初の心理状態を見ればわかります。 なぜなら掲げた目標に対して一番最初の行動を取るときこそが、その人の中で目標や夢に対する意欲が一番高まっているとき...

ネガティブになると忍耐強くなる

これに対し、鬱病の被験者は、選択肢を検討し続けようとする傾向がはるかに強く、タスクの成績がはるかに良かったそうです。

健康な人はすぐに考えるのをやめて決断を急ぐに対し、ネガティブ志向の人は「本当にこれが正解なのか?」と粘り強く考え続けたというのです。ネガティブ志向の人は思考力が上がっているのと同時に答えにたどり着くまでの忍耐力も上がっていたんですね。

忍耐力や思考力は目標達成できるかどうかにも大きく関わってくる能力ですので、適度に悲観的な思考ができる人の方が目標達成率が高いのです。

・新年の抱負の立て方!意識の高い行動を起こすときに意識した方がいいこと

新年の抱負の立て方!意識の高い行動を起こすときに意識した方がいいこと
ハードルは難しすぎてはダメ 新たな行動を起こすときにつまずかないようにしておいた方がいいことがあります。 それはハードルの設定です。 難しすぎることをするのは大きなリスクとコストを伴います。エネルギーも時間もかかるし、お金もかかるかもしれません。

ネガティブな方が記憶力、噂の判断能力が上がり、差別もしにくくなる

また、豪ニューサウスウェールズ大学の社会心理学者ジョー フォーガスによると、憂鬱な気分に陥った被験者のほうが、噂話の正確さを判断したり、過去の出来事を思い出したりする課題の成績が良い+知らない人をステレオタイプ的に分類する傾向が大幅に低い、といった特徴が見つかったそうです。

つまりですね、ネガティブな方が記憶力が上がるうえに、話が嘘かどうかの判断力も上がり、人を差別するということもなくなるということなんですね。あれ? なんだかちょっとネガティブ思考のことを見直してきた気がしませんか?

まぁ要するに、憂鬱な気分だからと言って単純に悪いものとは決め付けられないということなんですね。ポジティブ思考も使い方を間違えれば不幸な結果になってしまいます。

・やりたいことが多すぎてやりたいことがわからなくなる、ポジティブ思考のワナに注意!

やりたいことが多すぎてやりたいことがわからなくなる、ポジティブ思考のワナに注意!
やりたいことが多すぎる人の弱点は、ポジティブ思考 「自分のやりたいことがわからない」には2種類の原因があります。 1つには、やりたいことがまったく思いつかなくて悩む場合。そしてもう1つは、やりたいことが多すぎて悩む場合です。今回は主に後者の話をしますが、前者の悩みの場...

https://twitter.com/kruchoro/status/1088035113047273472

無理に明るくならなくてもいい

これらの研究から学べることは、自分が憂鬱な気分になっているからと言って、そこまで悲観的になったり無理に明るくなろうとしなくてもいいってことです。

もちろん、うつ病のような深刻な病状の場合は別ですが、ネガティブだろうとポジティブだろうと大切なのはその思考法をうまく使いこなすということなんですね。結局のところ人間の気分も、物事を解決するためのひとつのツールに過ぎないんです。

ですから、ネガティブなときにはその気分を利用して物事を深く考えて、それをメモしておき、あとになってポジティブな気分やニュートラルな気分になったときに考察してみるというのがおすすめです。

そうすることで現状に甘えすぎず、かといって調子に乗って危険なことをしすぎるということがなくなるんですね。

https://twitter.com/kruchoro/status/1075735255955329025

自分がネガティブすぎるなと感じたら?

しかしいくらネガティブ思考は役立つとは言っても、ネガティブに振り回されたり過度にネガティブ感情を感じてしまうと生活や作業に支障が出てきます

ですので、そういう困ったことが起きているレベルでネガティブな感情を持ってしまっている人は以下の記事を参考にしてネガティブな感情を弱めてみてください。

・ネガティブな感情に振り回されずに快適に毎日を過ごす心理学的な方法

ネガティブな感情に振り回されずに快適に毎日を過ごす心理学的な方法
怒りを制御する心理学的な方法 不安や怒りといった強いネガティブな感情に心を支配されて、後で冷静になった時に後悔するような行動をとってしまいがちな人には瞑想をおすすめします。 瞑想と聞くと宗教的なイメージだったりスピリチュアルな印象を持ってしまい、「科学的にあんまり信用...

・嫌な考えがピタッと止まる!マイナス思考を停止させる心理術

嫌な考えがピタッと止まる!マイナス思考を停止させる心理術
ネガティブなことが思い浮かぶことは誰にでもありますが、問題は、その考えが消えないことです。 悲しいことや辛いこと、不安なことや心配事が頭から離れないと目の前のことに集中できず日常生活や仕事や勉強に支障をきたしてしまいます。そうなると、さらにそのことで悩み、問題が悪化して...
人はネガティブな気分だと、思考力+忍耐力+嘘を見極める能力が上がり、単純な差別をしなくなる
課題の最適解を見つけるにはネガティブ思考の方が向いている
(Visited 61 times, 1 visits today)