スポンサーリンク

後悔や反省をしがちな人は不安を感じやすく、自己評価も低くなる

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

不安を感じやすい人の特徴

今回は反省と不安に関するお話です。

以前の記事「起きた出来事を何度も繰り返し考えることで落ち込みやすくなる?」でも似たようなお話はしましたが、今回するお話もこちらの記事と関連性が高いのであとで読んでみるといいかもしれません。

起きた出来事を何度も繰り返し考えることで落ち込みやすくなる?
何度も思い出してしまうタイプ 前に起きた出来事を何度も思い返してしまうことってたまにありますよね。中にはたまにじゃなくて、よく考えますという人もいるかもしれません。 内向型思考の人(物事が起きた原因を外ではなく自分の中にあると考える傾向の人)ほど、考えたり他者に共感す...

タイトルの通り、後悔や反省をしがちな人というのは不安を感じやすい傾向があるようです。

後悔しがちな人はうつ病になりやすい

アメリカのノースカロライナ州立大学の研究によると、後悔や反省をしがちな人は心配性の傾向が17%・うつ病傾向が14%増え不安を12%多く感じやすくなり、自己評価が10% 低くなるそうです。

つまり、後悔と不安と心配な気持ちと自己評価の低さは繋がっているんですね。これ、なんとなくわかりますよね。

例えば、自己評価が高い人が何かに失敗しても「ガハハ、かまへんかまへん」と軽快に笑い飛ばしそうな気がしますもんね。

・不幸なのは体型が原因?自信を持てるようになるダイエットと肉体改造の心理学

不幸なのは体型が原因?自信を持てるようになるダイエットと肉体改造の心理学
自信が持てないのは体型が原因? 実は、あなたの体重と体型によって、人の意見に流されやすいかどうかが左右されます。 私たちは様々なことに心理的な影響を受けますが、自身の体型も心理的な影響を与える大きな要因の一つとなっているようです。 結果から言うと...

また、物事を深く考えていない人もこのタイプになります。反芻思考で物事を考えずにすぐに忘れてしまうから、それだけ精神的な立ち直りが早いんですね。アニメや漫画で言うところの筋肉バカタイプですね(悪口ではありませんw)。ロロノア ゾロとか…。

このように反省をすると心配性にもなるし不安も強くなるし自己評価も低くなるしうつ病になりやすくなるなら、難しいことは何も考えない方がいいってこと? と、思ってしまいがちですが、実はそうでもありません。

というのもネガティブ思考には良い面もしっかりとあるからです。

・実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学

実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学
成功と失敗、どちらの方がより豊富な知識と経験が身につくのかということは実はすでに判明しています。 学びの過程としてより重要で、なおかつ私たちの脳みそに鮮明に刻まれるのは失敗の記憶と事例です。人は、成功からよりも失敗から多くの知恵を得ることができるのです。 ...

ネガティブ思考の良い面は前よりも賢くなること

人間というのは抑うつの状態が続いたとしても、それだけ思考を巡らせた結果、問題解決の糸口や方法を見つけることができる生き物なのです。

つまり、何かで失敗したとききちんと論理的に反省することで成長し、似たような状況で起こる危険や失敗を回避する能力が身についたり、問題を解決する能力が身につくということですね。ですから、反省すること自体は悪いことでもなんでもないんですね。

じゃあどう実際に反省するときは、どのように反省すればいいのでしょうか?
結論から言うと、正しい反省の仕方というのは今出せるベターな答えを出して悩むのをやめてしまうことです。

・悲しくても笑おう!は間違いだった?無理に笑っても幸せになれない心理学的な理由

悲しくても笑おう!は間違いだった?無理に笑っても幸せになれない心理学的な理由
笑ってみても良い感情は生まれない 「人は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」というのはよくある心理学のアドバイスです。 しかし、近頃この研究が否定されています。 2016年に行われた追試験で「作られた表情は感情に影響を与えるのか」という同じ実験を繰り返...

人が悩み続けてしまう理由とは?

どうして人は悩み続けてしまうのかというと、「答えを出さないから」「決断しないから」悩んでしまうんですね。

ですから「今度似たような状況になったときはこれを試してみよう! 」と次の機会の行動を決めておくことで、頭の中がすっきりして失敗したことについて何度も思い返して凹むことがなくなります。

反省するときのポイントは最適解ではなく、今現在の状態で出せる中でのベターな答えを出すことです。正しい答えなんて探し出したら時間はいくらあっても足りません。ですので前回より少しでもいいのでマシになる決断をしていきましょう。

ネガティブ思考のポジティブな使い方について詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。ネガティブ思考は意外と奥が深いものなのです。

・ネガティブ思考のメリット、ネガティブのポジティブな使い方とは?

ネガティブ思考のメリット、ネガティブのポジティブな使い方とは?
ネガティブ思考にもメリットはある 昨今やたらに忌み嫌われてしまっているネガティブ志向(思考)ですが、実はこれにもきちんとメリットというものがあります。 ただ無意味に気分が落ち込んでしまうというわけではないんですね。気分が落ち込んだり暗いことを考えてしまうのには、それな...
後悔や反省をしがちな人は不安を感じやすく、自己評価も低くなる
反省するときはとにかくベターな答えを出して考えることを終わらせる