くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

日本人が使うお世辞の意外な心理効果

仕事で成功しやすい人の特徴

心理学の研究によると、お世辞がうまかったり上司に取り入るのがうまい人ほど出世しやすいということがわかっています。

 

以前の研究でも解説しましたが、私たちは自分を気持ちよくさせてくれる相手にはお返しをしたくなる心理があるのです。

 

またそれだけではなく親密な相手への信頼性も、詳しく知らない人よりは高くなります。仕事に関係のない情報であっても親密さというのはプラスの心理効果をもたらすのです。

https://kruchoro.com/post-2144/

 

お世辞がうまい人ほど仕事もうまくいく

アメリカの海軍人事研究所がゼネラルモーターズに勤める管理職の人たちに、お世辞のレベルと出世との関連性を調べるために調査を行いました。

 

すると、上司へのお世辞がうまい人たちほど仕事が成功する確率が高く、出世もできていることがわかりました。

 

これは面白い結果ですよね。お世辞をうまく使うことで単純に上司に気に入られるだけではなく、仕事の成功度も高まるのです。

 

意外にもお世辞と仕事の出来には関係があったのですね。つまりは、ゴマスリ戦略最強説ですかね笑。

https://kruchoro.com/post-5089/

 

ゴマスリが成功を呼ぶ心理的な理由

こういったゴマスリ戦略が人に好かれるだけではなく仕事のパフォーマンスにまで影響するのは、お世辞がうまい人ほど上司や周りの人たちからの協力も得られるからです。

 

お世辞やゴマスリも一種のコミュニケーションなので、一緒に働く人たちとたくさん接して仲良くなることで自分の仕事もうまく運ぶようになっていたのです。

https://kruchoro.com/post-3812/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1111200167787528192

👉よかったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

 

仲の良い人や好きな人を応援したい心理

人間関係が仕事の成果や評価に大きく影響する以上は、周りの人とうまくやっていく能力が個人の評価にもつながります

 

やはり嫌いな人や知らない人よりは、好きな人やよく知ってる人が成功したり喜ぶ姿を見たいのが私たち人間なのです

 

お世辞やゴマスリはチームワークと生産性の向上にもつながるので、単純に悪いものとは言い切れない文化なのです。参考にしてみてください。

https://kruchoro.com/post-4300/

上司へのお世辞がうまい人ほど仕事が成功しやすい
上司へのお世辞がうまい人ほど出世もしやすい