くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

勉強するなら知っておこう!学業で成功できる賢い人たちの特徴はあきらめの悪さだった

努力しないと成功も成長もできない

あきらめなければ必ず成功するというわけではありません。間違ったことを続けても結果は良くなりませんから。

 

しかし、なにかをあきらめずに努力し続けることがは成功するためには必要です。

 

成功や成長のためには苦労してもがんばり続ける心の強さが大切なのです。

 

あきらめない生徒は成績が向上しやすい

ニュージーランドにあるオークランド大学のボッギャーノ博士は、小学生137名に成績と努力に関する調査を行いました。どんな生徒が成績をアップさせることができるのかを調べたのです。

 

すると、失敗してもあきらめずに続ける傾向がある子供たちほど最終的には成績が向上することを発見しました。

https://kruchoro.com/post-2395/

 

反復練習がスキルや知識をに身に付けるカギ

私たちはスキルを身に付けるためには練習をしなければいけませんし、知識を身に付けるためには勉強をしなければいけません。何もせずに心から望んだものを手に入れることはできないのです。

 

私たちが望んだ成果を得るためには少なからず努力や苦労や困難な壁を乗り越える必要があります。だからこそ、あきらめずに努力し続けられる人は成長できるのです。

https://kruchoro.com/post-2946/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1167045734023217157

👉よかったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

 

自制心やメンタルの強さはどんなときにも使える

特に学校の成績や知識といった記憶に関する要素は、覚えたことを苦労して思い出したり反復練習をして体に覚えさせる必要があります

 

行っている努力や味わっている苦労が必ずしも正しくて成功に結びつくものだとは限りませんが、成功に結びつく道には必ず努力や苦労をしなければいけない瞬間があるのです。

 

そうして苦労した中で身につけてきた自制心や努力し続けられるメンタルの強さはどのような状況にあってもあなたの強い味方になってくれますので、正しい道を突き進み自分の望む成功を手にするためにも日ごろからメンタルを鍛えていきましょう。

https://kruchoro.com/post-5128/

テストや授業で失敗しても、あらきめずに努力し続けた生徒は成績が上がった
正しい成果のためには正しい努力が必要だが、自制心はどんなときにも役立つ