スポンサーリンク

緊張しても大丈夫!プロのスポーツ選手が使う5つのメンタルコントロール術

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

緊張しても余裕!メンタルコントロールが上手くなる5つの科学的思考法

プレッシャーや不安といったものは誰にでもありますし、ときには思いもしないところでそのような感情が湧いてきて不意に緊張してしまうことがあります。

一度こうなってしまうとパニックになったり頭が真っ白になって、準備していたことや予定していたことが思うように進まなくなってしまいます。そしてそのことがさらに焦りを生むという負のスパイラルに陥ってしまうこともしばしばあります。

そこで今回は緊張してしまったときでもすぐに冷静さを取り戻してパフォーマンスに集中するためのメンタルコントロール方法について話していきます。

普段のメンタルトレーニングが大切

もちろんメンタルのコントロールに一番重要なのは普段のトレーニングなのですが、その普段のメンタルトレーニングのために用いられている方法を本番のときに思い出して活用してみても良い効果が期待できます。

なので、今回紹介する思考術を普段の生活の中に取り入れることができれば日常的なメンタルトレーニングもできる上に、緊急事態に陥った時のための回復手段も上達するので一番良いわけです。できたら今回の方法を普段の生活の中でちょくちょく行うように心がけましょう。

また、今回紹介するメンタルコントロール術は私たちのマインドセット(価値観や考え方)を自分が望んだ良い方向に変えることにも繋がりますので、どんな人でも覚えておいて損はありません。

それでは早速、その5つのメンタルコントロール術を紹介していきます。

・あなたの行動力を爆上げさせる!子どもにも使える自己コントロール方法!

あなたの行動力を爆上げさせる!子どもにも使える自己コントロール方法!
行動力が上がるテクニック 今回は子どもにも大人にも使える、目標達成率と行動力を上げるための心理テクニックについて話していきます。 実は目標自体は同じで努力の量や行動する量は同じでも、目標の提示の仕方に少し工夫を加えるだけで目標達成率が変わってしまうのです。 なの...

メンタルコントロールのための5つの思考

アメリカでメンタルをコントロールするためのトレーニング方法を紹介しているジム レイヤー氏は、次の5つの思考が心をコントロールしてプレッシャーを軽くするために必要なことだと言っています。以下に並べたものがメンタルコントロールをするための5つの思考です。

  1. 結果はどうでも良いと考える
  2. 自分のプレイに集中しようと考える
  3. やっている作業をとにかく楽しもうと考える
  4. 失敗しても次があると考える
  5. 何があっても大丈夫だと考える

それでは順番に解説していきましょう。

・すぐ不安になってストレスを感じる!HSP、敏感な人が強くなるための心理テクニック

すぐ不安になってストレスを感じる!HSP、敏感な人が強くなるための心理テクニック
ストレスを感じやすい人たち 世の中にはスーパーポジティブで大抵の嫌なことはすぐに忘れてしまう人がいる一方で、ストレスを感じやすかったり悩みを抱えやすい人もいます。 そして、自分がポジティブとネガティブ、どちらの傾向が強いのかを理解していないと必要以上に自分を責めてしま...

結果はどうでも良いと考える

目の前のことではなく未来の結果や過去の失敗について考えている状態はマインドレスな状態と呼ばれ、集中力が途切れ心が彷徨っている状態を指します

この状態になると、不安や恐怖といったネガティブな感情がどんどん押し寄せていて心が疲れてしまいます。なので、まずは目の前のこととは関係のないことを頭から追い出すようにすることが大切です。

そこでまず最初に、未来の結果も過去の失敗は今は関係ないと考え、目の前のことに集中してマインドフルになる準備を整えるのです。

結果はどうでもよく、今できることを全力でやるだけなのだと考えるのです。まずは未来や過去ではなく、現在目の前にあることだけを考えればいいのだと自分に言い聞かせましょう。これが最初にこなすべき行動です。

もちろん、これだけではうまくいかないこともあります。なので、結果はどうでもいいのだと考えたら次のプロセスに進みます。

・いつも考えすぎて一人反省会をして落ち込んでしまう人のための心理学

いつも考えすぎて一人反省会をして落ち込んでしまう人のための心理学
反省しすぎる人たちへのアドバイス 考えすぎてしまうことってありますよね。内容自体は大したことのないことでも、失敗したときや友達と会った帰りなんかに、その日に自分の話したことや振る舞いを思い返して「もっとこうしていたらよかったな〜」という感じでどんどん反省していってしまうやつ...

自分のプレイに集中しようと考える

先ほどの方法で未来への懸念と過去への執着を頭から追い払ったら、次はただ目の前のことに集中します。

腕を持ち上げる、指を動かす、背筋を伸ばすなどなんでも良いのですが、作業に関わりのある部分に注意を向けることで過去のことも未来のことも頭の中から自然と消えていきます我々の脳みそのメモリーは意外と小さいので、新しいことに注意を向けることでこれまで考えていたことがあっさりと消えていきます。

「失敗してしまうかもしれない」というネガティブな考えが浮かんだら、作業の細部に目を向けてみてください。パニックになったり集中が途切れたら、細かな作業に意識を向けて集中すると覚えておきましょう。

目標となる対象物をじっと見て、必要な情報を得るために耳を澄まし、呼吸を整えて、すべての意識をそこに集めます。そうして細かな点に注意を払うことで集中しやすくなります。

・ネガティブな感情に振り回されずに快適に毎日を過ごす心理学的な方法

ネガティブな感情に振り回されずに快適に毎日を過ごす心理学的な方法
怒りを制御する心理学的な方法 不安や怒りといった強いネガティブな感情に心を支配されて、後で冷静になった時に後悔するような行動をとってしまいがちな人には瞑想をおすすめします。 瞑想と聞くと宗教的なイメージだったりスピリチュアルな印象を持ってしまい、「科学的にあんまり信用...

やっている作業をとにかく楽しもうと考える

集中できるようになったら次は楽しむことを意識しましょう。

遊び心はユーモアと並んで成功に必要な要素の一つです。遊び心は私たちの心に余裕と柔軟性をもたらしてくれ、物事を結果的に成功に導いてくれます

これが遊びではなく、絶対に成功させよう!と意気込んでしまうと失敗を恐れて緊張してしまう可能性があります。成功を意識するあまり未来の結果が気になってしまうようになるのです。

そこで、結果がどうこうではなく、とにかく今やっていることを全力で楽しもう!と考えてプレッシャーがなくしていきましょう。そう考えるようにすると、作業を楽しめるようになり不安も感じなくなって目の前のことに集中できるようになります。

どの部分が面白いのか、興味のあるところを探して面白半分で物事を見つめるようにしましょう。

・不安に強くなるためには好奇心を持つことが大切!CQの鍛え方

不安に強くなるためには好奇心を持つことが大切!CQの鍛え方
行動力の高さは好奇心で決まる ずば抜けて行動力がある人っていますよね。海外によく行く人とか結構そういう性格の人が多いような気がします。 「新しい環境でも未知の出来事でも全然大丈夫!」というような心の強い人というのは、心配事や不安が多い人からしたら尊敬できる憧れの対象み...

失敗しても次があると考える

結果にこだわり過ぎてマインドレスな状態にならないためには、そもそも成功だけを唯一の正しい道だと考えずに、この挑戦には失敗してもいいのだと考えることが役に立ちます。

失敗しても大丈夫、失敗しても次がある、これがすべてではないと考えることでリラックスし、本来の力が本番でも引き出せるようになるのです。

「練習は本番のように、本番は練習のように」と言われているように、本番の心理的なハードルや期待感を上げ過ぎない考え方が大切です。

人の心は期待すれば期待するほど、未来への結果に固執し、失敗を恐れるようになって、体も心もガチガチになってしまいます。むしろ「こんなものはどうでもいい」と考える方が上手くいくのです。これは緊張しやすい人や心配性な人ほど効果があります

期待も後悔もなく、ただ目の前のことだけを基準に考え、集中し行動するだけなのです。

・テストで使える!緊張をはねのけていつもの実力を発揮するための心理術!

テスト直前で使える!緊張をはねのけていつもの実力を発揮するための心理術!
試験対策向けの心理テクニック 受験やセンター試験、資格試験等で使えるメンタルを安定させる心理テクニックについてです。 ここに挙げていることを全部やらなくても好きなものを選んで行うだけで成績を上げる効果があります。うまくいくものが見つかるまで適当に試してみましょう。 ...

何があっても大丈夫だと考える

先ほどの失敗に寛容になるというアドバイスと似ていますが、こちらは結果だけではなく、挑戦の途中経過や自分の人生全体を含めて「何が起きても大丈夫」だと考えようというアドバイスです。

どれだけ準備をしても予想外のことは起こります。これはどうしようもないことです。

なので、何が起きても自分なら大丈夫だと自己暗示をかけましょう。これから先どんな事態が起ころうとも自分はそれにうまく対処するし、結果的に良くなる方に物事は転んで行くものだと考えるのです。哲学に近いですね。

これまでの心理学の研究でもポジティブな自己暗示を信じられる人ほど成功しやすく、本番でも結果が出せるとわかっています。自分に全能感があり、どんな問題にも完璧ではないけれどそれなりに対処できるというポジティブな思い込みが自信に繋がり、本番でも緊張せずにリラックスして行動できるようになるのです。

本番に向けて必要な努力したあとは、自分の力と運をただ信じましょう。これまでの努力を思い返し、「〜もしてきたし、〜もしてきたから大丈夫だ」と自信を持つように自分を説得するのです。

・信じるだけで本当に成績アップ!人間の能力を最大化する暗示の効果

信じるだけで本当に成績アップ!人間の能力を最大化する暗示の効果
暗示や思い込みは本当に効果がある! 暗示や思い込みの効果は強力で、私たちの行動や思考に大きな影響力があります。 暗示によって能力が開花したり自信がついて積極的な行動を起こせるようになることもあれば、逆に思い込みによって物事の嫌な側面ばかりが目につくようになって自信や勇...

とにかく「まぁいっか」を口癖にする

また、本番で想定していなかったことが起きてしまい、思うようなパフォーマンスができなくても、柔軟に対応してその瞬間を楽しむように気持ちを切り替えましょう。

予定と違うけど大丈夫、ちょっと失敗したけど大丈夫と考えるのです。

その場で起きたことであっても、ネガティブな出来事や不安について考えるのは集中を妨げてプレッシャーを呼び戻すことに繋がってしまいます。なので、その思考を断ち切るために「まぁいっか」を合図にしてネガティブな思考を停止させることが役に立ちます。

「まぁ、いっか」の一言を合言葉にこれまでのことを忘れ、今自分のこなすべき役割だけに集中すればいいのです。

・恐怖を飼い慣らす!心配性な人のための不安を乗り越える心理学と軍事テクニック

恐怖を飼い慣らす!心配性な人のための不安を乗り越える心理学と軍事テクニック
過度な不安はチャンスを逃す原因になる 性格的に不安傾向が強い人ほど「こうなったらどうしよう😰」と現実的には起こりえない可能性について考えて不安になってしまいます。ネガティブなことばかりを無意識に考えすぎて妄想が膨らんでしまうのですね。 もちろん、それが...

https://twitter.com/kruchoro/status/1131723980220510209

パニックになったら使おう

以上がプレッシャーを跳ね除けて本来の能力を本番で発揮するための5つのポイントでした。最後にもう一度改めて5つのポイントを載せておきます。

  1. 結果はどうでも良いと考える
  2. 自分のプレイに集中しようと考える
  3. やっている作業をとにかく楽しもうと考える
  4. 失敗しても次があると考える
  5. 何があっても大丈夫だと考える

ということで、もしも緊張しやすい場面で過剰にプレッシャーを感じてしまい、頭がパニックになってしまったら、これらのポイントを思い出してそれぞれの思考に集中してみましょう。

今回紹介したアドバイスを実行するときには、上の思考から順番に思い出して集中していって、自分が段階を踏んで徐々に落ち着いていっていることを自覚するとよいです。そうして段階を踏むことでより集中しやすくなり、プレッシャーを感じにくくなりますからね。

・好きな人の前で緊張しなくなる!勇気を瞬間で身につけるための心理学

好きな人の前で緊張しなくなる!勇気を瞬間で身につけるための心理学
好きな人の前で緊張してしまう 誰にでも好きな人の前で緊張してしまったという経験はあるかと思います。 というよりも、実はすべての人は片思いの相手の前では緊張していますし、少なからずパニックになっています。これは好きという気持ちの裏返しなのでどうしようもないことです。なの...
結果を忘れ、目の前のことだけに集中し、作業を楽しみ、失敗しても次があると考え、何が起きても大丈夫だと自分に言い聞かせる
最終的には「まぁいっか」と口に出す
(Visited 28 times, 1 visits today)