くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【恋しやすくなる】ドキドキしているときには人を好きになりやすい

f:id:kruchoro:20210916170942j:plain

 

  • 興奮しているかどうかで魅力が変わる
  • ドキドキしていると恋に落ちやすくなる
  • しかし、魅力のない人にはより厳しい状況になる
  • 吊り橋効果、吊り橋理論(Misattribution of arousal)とは?
  • 参考論文

 

興奮しているかどうかで魅力が変わる

 

以前に「自尊心が低いときには恋に落ちやすい!」という心理を解説しましたが、実はほかにも恋に落ちやすい心理的状況が見つかっています。

 

それは興奮状態です。たとえそれが一時的な興奮であっても、そのときの興奮のレベルが目の前の相手に対する好意の気持ちや恋愛感情に影響することがわかっているのです。

 

そして、この興奮状態を作り出すのはかなり簡単です。激しい運動をして呼吸を速くすればいいのです。

続きを読む

【好きになる人】意外!?男女が恋に落ちる理由は相手をよく見かけるかどうかだった

f:id:kruchoro:20210918174339j:plain

 

  • 恋愛に大事なのは見覚えがあるかどうかだった!
  • たくさん会う人ほど好きになる心理
  • 物理的な距離を縮めると仲良くなる
  • まずは好きな人との触れ合う回数を増やそう!

 

恋愛に大事なのは見覚えがあるかどうかだった!


今回は恋愛心理について話してきますが、ルックスや優しさ以外に人が人を好きになる大きな理由があります。

 

意外に感じる人もいるかもしれませんが、恋愛関係を築く上で大切なものは「見覚え」です。

 

私たちは頻繁に会っている相手と恋に落ちやすいという心理を持っているのです。同級生同士のカップルや職場恋愛で付き合う人が多いのはこの心理があるからなのです。

続きを読む

【賢く見える見た目】身に着けるだけで頭が良いように見える魔法のアイテムを紹介

f:id:kruchoro:20210918170924j:plain

 

  • 良い人かどうかは見た目で判断される
  • メガネをかけるだけで賢くなった
  • 場面に合わせてファッションを決める
  • 普段から伊達メガネで知的イメージをつくる

 

良い人かどうかは見た目で判断される


今回は、個人のイメージ形成に役立つ心理学を紹介します。

 

人生をよりよく楽しむためには内面を磨くことが大切ですが、人付き合いを含めて考えた場合には、見た目に気を遣うことも大切です。見た目が悪いと、手に入る幸せモテに入らなくなります。

 

これは私たちの心理が相手の見た目で良い人か悪い人かを判断しているからです。「人の外面は内面を映す」とも言いますが、その考えに基づいた評価基準を私たちは誰もが持っているです。

続きを読む

【惚れっぽいタイミング】人が恋に落ちやすい時期と状況について解説

f:id:kruchoro:20210916170606j:plain

 

  • 個人の心理的状況、内的要因と恋愛感情
  • 恋愛に影響を与える自尊心の心理
  • 自信が落ちているときは恋に落ちやすい
  • 片思いの人の失敗をフォローしてあげる(恋愛アドバイス)
  • 失恋の後にはダメ恋をしやすい
  • 参考論文

 

個人の心理的状況、内的要因と恋愛感情

 

人が恋に落ちるときには、魅力的な相手に出会ったこと以外に、自分がそのとき置かれている状況も大いに影響します。

 

つまり、ある人と遭遇したときに自分がどのような心理状態(psychological situation
)であったのか?ということが、相手に対する好意のレベルを左右してしまうのです。

 

よく言われているのが、傷ついていたり弱っているときです。病気などにかかり弱っているときは人の優しさが普段よりも温かく感じます。

続きを読む

【頑固頭の心理】人が頑固で極端な意見に執着心を持ってしまう心理的な理由を解説

f:id:kruchoro:20210309181124j:plain

 

  • 人が頑固になってしまう原因
  • 話せば話すほど頑固になっていく
  • 意見が極端になっていく心理
  • 自分の言葉に縛られてしまう発現効果の心理
  • 嫌いなものはより嫌いに、好きなものはより好きになる

 

人が頑固になってしまう原因


実は人が頑固な性格になってしまうのには心理的な理由があることがわかっています。

 

私たちの心には一貫性の原理という心理法則があります。この心理があるために私たちは以前に自分がとった行動や言動を守ろうとして過去の経験や行動に思考や感情が縛られてしまう傾向があるのです。

 

「前もこうしたから今回もこうしよう」と自動的に考える癖があるのですね。

 

これは自分には嘘を付きたくない、他人に嘘つきだと思われたくないという気持ちから来る心理法則なのですが、これが悪い方向に向かってしまうと他の考えを受け入れられない頑固な性格になってしまいます。

続きを読む

【使ってはいけない】他人から怪しまれて信用されなくなってしまう4つの口癖を紹介

f:id:kruchoro:20200921020242j:plain

 

  • 相手の心を操る言葉遣い
  • 他人に信用されなくなる言葉遣いが存在する
  • 信用されなくなる4つの怪しい言葉
  • 他人に信用される言葉と身に着ける方法
  • 使ってはいけない4つの言葉(まとめ)

 

相手の心を操る言葉遣い


話し方一つで人の印象は変わりますが、実はその人が使っている言葉を1つとっても印象は変わります。

 

世の中には会話の中で使うと相手に良い印象を持ってもらえるポジティブな言葉と、悪い印象を持たれてしまう危険な言葉があるのです。

 

今後スピーチやプレゼンテーションをする機会がある人は、今回の研究データを参考に台本や話の内容を考えるようにしてみてください。

続きを読む

【メイクの心理】お化粧をすると女の子は頭が良くなる!

f:id:kruchoro:20210917185023j:plain

 

  • リップスティック効果とは?
  • なぜ女性は高級な化粧品を買うのか?
  • 化粧品がもたらす心理的メリット
    • 明るい音楽を聴いても頭が良くなる
  • メイクには美しくなる以上のメリットがある
  • 自分を魅力的だと思えると自信がつく
  • 参考論文

 

リップスティック効果とは?

 

リップスティック効果(口紅効果、Lipstick effect)と呼ばれる経済心理現象があります。

 

これは、「お金がなくて生活に困ってしまったとしても、女性の消費者は高級な化粧品を買うことだけはやめない」という女性特有の心理現象です。

 

また、景気が後退したときや経済危機のときにはあらゆる消費は抑えられて売り上げは落ちるものなのですが、化粧品の売り上げだけは上がるという経済的な傾向があります。

続きを読む