スポンサーリンク

お喋りな人はお得?話す量がリーダーを決める

リーダーに選ばれる人には共通の特徴があります。これはすごくわかりやすい特徴です。しかも天才にしかできないようなことではなく、ごくありふれている特徴です。

リーダーの共通点、それは「たくさん話す」ということです。

心理 学者 で ある リトルペイジ( 1995) ら は、 166 人 の 被験者 に対して、「 砂漠 で 生き残る のには 何 が 一番 大切 か?」 という 質問 を 投げかけ て、 それ について 5 人 程度 の グループ で 議論 さ せ まし た。

このとき最終的に意見が通ったのはグループの中で最も多くの発言をした人でした。そのときの発言には大した知識や発言の根拠といったものはほとんど関係がありませんでした。わざわざ無理に小難しいことを言わなくてもいいんですね。つまり、私たちは発言の内容よりもその量に対して評価の基準を置いているのです。

私たちは「発言の数が多い=知識が豊富な人」と相手を捉える特徴があるということです。

たしかに思い返してみると、リーダーという立場にある人は発言する機会が他の人よりも多いですよね。新しいプロジェクトが進むときや新商品が開発されるときなど、チームメンバーにどんなふうに新しいことに挑んでいくか語りかけて一致団結させます。普段は寡黙なリーダーでも大事な場面では発言しますよね。ですから、「よく話す人=リーダー」という刷り込みが私たちの頭の中にはあるんですね。

お喋りな人ほどいろんな人にたくさん話しかけるぶん、リーダーの素質があるとみなされることも多いのですね。出世を狙うのならまずはお喋りになってみるのも良いかもしれませんね!