NO IMAGE

定期的に元気を取り戻す方法。心理学的、生理学的に効果ありやで。音の葉 / RADWIMPS

こんにちは、みなさん。楽器を弾いて歌っていると脇汗がダラダラ出てくる時期になってきました。みなさん、いかがお過ごしですか?私は脇汗のごとくダラダラとして生きています。焼酎片手に。 ま、そんな嘘は置いておいて、 暑くない? てか、暑くない? 最近暑くない? おい、...

NO IMAGE

人と仲良くなるためには絶対にやらなければいけないこと。これを飛ばして誰かと仲良くなるということはありえません

あなたが誰かと会話をしていて、なおかつ二人の間でその会話がきちんと通じているとき、実は目に見えない二人の脳内でも同じ部位が活発になりシンクロしています。また逆に二人の脳波が同調しているとき、二人の間には共通の概念が存在し、互いにそれを理解しているとも言えます。

NO IMAGE

北朝鮮より怖い日本人?ミサイルを打たない理由と報道の心理「恐怖管理理論」とは

ホリエモンが北朝鮮は戦争を仕掛けるつもりがないことを解説したニュースについて心理分析しました。以下、ニュースの簡単な要約と個人的な解説です。 今時テロはいつでも誰にでも起こせるので、わざわざ国を挙げて他国に戦争を仕掛けるメリットはない。東京に核兵器を落とすより、日本...

NO IMAGE

サイコパス化する人々。ユナイテッド航空の引きずり事件を心理分析

ユナイテッド航空の引きずり事件を心理分析してみました。ポイントは仕事を作業と捉えることと人のサイコパス化にあります。 仕事を作業と捉えると人間は効率を求めてサイコパス化する傾向があります。心理的には仕事をしている自分と私生活の自分とは別人格と捉えるので罪悪感がわきにくく共感...

NO IMAGE

ストレスを下げても意味がない理由。ストレスは解消するのではなく、解決するもの。

最近の心理学の研究では、実は幸福度が高い人ほど強いストレスを受けていることが分かっている。つまりストレスレベルは本質的な問題ではなく、感じているストレスとどう向き合うのかがその人の健康状態を左右する上で重要だということ。

NO IMAGE

苦手な人を克服する方法!単純接触効果

学校でも職場でも、あるいは親族などの集まりでも、苦手な人に会うときがあると思います。ほとんどの場合、私たちは苦手な人とはあまり関わりたくないと思うので距離を取ってしまいがちですが、これだとその場に行くこと自体が嫌なストレスに変わってしまいます。そして嫌な気持ちがどんどん増幅されて...

NO IMAGE

今すぐ!病んでる状態を治すための心理学的ポイント3つ

病んでいる状態というのは、短期的な軽度のウツ状態とも言えます。もちろん誰でも失敗をすれば落ち込みます。失敗をすることはそれ自体悪いことではありませんし、一時的に落ち込んでしまうことも問題ありません。ただやはり落ちんでいる時の気分は悪いですし、そこからさらに失敗が連鎖しても困ってし...

NO IMAGE

素直に批判を受け入れるのは相手を信用している証拠

私たちは誰かに「こうしてみたら?」とか「ここがちょっと…」といったことを言われた場合、その意見に素直に従うパターンと、不貞腐れたり相手に反論して怒り出すパターンを持っています。この決め手になるものはなんだと思いますか? もちろん細かいことを言うと原因はたくさんありますが、主...

NO IMAGE

意志力は有限!気合いでは疲労に勝てない

実は1日のうちに使える意志力には限りがあります。お財布の中身みたいに有限なんですね。しかし私たちはそんなことは知らずに未来の自分に大きな期待をかけて計画を立てています。そのことが裏目に出て、計画に失敗したり挫折したときに「ああ、自分はなんてダメなんだ…」と落ち込んでしまいます。 ...

NO IMAGE

ストレスはあなたを励ましてくれる出発のサイン

ストレスを発散するということがひと昔前に流行ってしまって、多くの人はストレスと聞くと過剰に反応してしまうようになってしまったのかなと思う。ストレス=悪いものと扱われがちだけれど、バカとはさみは使いようということで、ストレスもまた使いようでプラスにもマイナスにも転じます。

NO IMAGE

実はメンタルに弱いとか強いとかいうパラメーターは存在しない

よく自分はメンタルが弱いだとか、あの人はメンタルが強いだとか言う人がいるけれど、そもそもメンタルの強弱を表すパラメーターなんてものは存在しない。ある人のメンタルが弱かったり強く見えるには必ず原因があるのだが、その原因を突き止めるのが面倒くさいからそんな言い回しをしているにすぎない...