スポンサーリンク

医師おすすめ!疲れたあなたの心を癒す天然の抗うつ剤はコレをすること!

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

心が回復するストレス解消法

今回は、心が疲れた人におすすめ、無料でできてすぐに実践できるストレス解消法を紹介します。

どんな人でもうまく行かないときや気分か落ち込むときは訪れます。たまたま運が悪かったり嫌なことが続くと、どれだけ元気な人でも何もする気もなくなって仕事や遊びへのやる気も下がってしまうことがあります。

そこで、ちょっとしたことで気分が悪くなってしまったとき、どうすれば最速で気分転換してもとの作業にやる気満々で戻れるのかについて今回は話していきます。

しかもこのストレス解消法は医師も勧めているほど精神の回復効果が高く、副作用もない方法です。コストもリスクもないので、気づいたら最近疲れが溜まっていた!という人は気軽に使ってみてください。

・不安と緊張で夜も眠れない!考えすぎて不眠になった時の心理的対処法

不安と緊張で夜も眠れない!考えすぎて不眠になった時の心理的対処法 
考えすぎて眠れなくなった時はどうすればいい? 不安や心配ごとで頭がいっぱいになり眠れなくなってしまったら、頭に浮かぶ考えをすべて紙に書き出すと良いことがわかっています。 もしも仕事のことばかり考えて眠れなくなったり、明日のことを悪く考えてしまって気分が悪くなってしまっ...

https://twitter.com/kruchoro/status/1061020104513802240

運動をすれば気分が改善する

今回のポイントは運動です。

これはすごく単純なテクニックなのですが、とりあえず運動をすればいいのです。運動の大切さはこのブログでは何度も言っていますね。

「へ?なんだそんなことか」と思うなかれ、運動が与えてくれる疲れた心への費用対効果はかなり高いことが証明されています。今回紹介する研究データを見ると一目瞭然ですが、気だるい気持ちを解消して気分を良くしたかったら運動をすると良いのです。

このブログでは何度か運動の効果について説明していますので、そちらも合わせて読むと運動の心理効果のすごさが理解できます。

・ストレスに強い人の特徴は筋肉だった!筋肉をつけるだけでメンタルが強くなる!

ストレスに強い人の特徴は筋肉だった!筋肉をつけるだけでメンタルが強くなる!
簡単に心を鍛える方法! 実はあまり難しいことをせずに、手っ取り早く心を強くする方法があります。 健康的な習慣や思考法というのは一朝一夕では身につかず、そのために途中でモチベーションが下がってしまい、望ましい結果が出るまで続けることが難しいという弱点があります。 ...

体を動かす人ほど落ち込みにくい

不思議なことなのですが、実はただ体を動かすだけで、私たちは自然と気分が明るくなっていくる脳の仕組みを持っているのです。なので、運動は天然の抗うつ剤のようなものですね。運動がもたらすメンタルの改善効果は数々の研究で確認されています。

例えば、スイスのバーン大学精神科に勤めるジークフリード フレイ教授は、抑うつ状態と身体の動きに相関関係があるということを実験の結果から見つけ出しました。

博士は精神科の患者たちの様子をビデオに撮影して記録し、患者たちの動きと抑うつ状態からの回復経過との間に関係がないかを調べました。

すると調査の結果、体をよく動かして活発に運動をしていた患者の人ほど抑うつ状態の改善が見られたのです。

運動の効果による抑うつ状態からの回復レベルを比べると、体をあまり動かさなかった人たちの回復率が31.04%であったのに対して、体をよく動かしていた人たちの回復率は43.74%だったのです。比べてみると10%以上の改善となりました。

体を動かしただけで病気から回復しやすくなり、さらには10%以上も効果が出やすくなると考えるととりあえずやっておいて損はないどころか大きな得です。お金がかかりませんからね笑。

つまり、健康的な人であっても普段から体をよく動かすようにすることで抑うつ的な気分や落ち込んだ気持ちを解消しやすくなるのです。落ち込んでしまったときにはあまり動きたいと思わないものですが、暗い気持ちを払拭して気分を回復させるためには体を動かした方が良いのです。

・幸せ&モテるようになるための手っ取り早い方法。最強の恋愛心理学

幸せ&モテるようになるための手っ取り早い方法。最強の恋愛心理学
幸せになるための生活習慣 幸せと健康との相関性はよく言われていることですが、今回紹介する研究結果から分かるように、やはり健康体であることが幸せになるために重要な要素のようです。 そして健康になるために必要なのは定期的に運動をすることです。運動についてはアルツハイマー病...

ちょっと体を動かすだけでいい

また、運動といっても何も難しい動きや長時間のトレーニングをする必要はなく、乗り気ではないときでも散歩をしたり軽い筋トレをしたりして少しでも運動習慣を維持できていれば気分の改善に向かいます

今回の研究では、精神科で治療を受けている抑うつ状態の患者さんが対象でしたが、もちろんそこまでひどい抑うつ状態に陥ってなくても運動には気分を良くする効果があります

なので、気分が落ち込んで何もやる気が起きないときには、とりあえず体を動かすと良いということを覚えておきましょう。普段から運動している人はその習慣を利用しましょう。

ちなみに歩き方を少し変えるだけで幸福度が上がる方法もありますので、運動のついでに歩き方を変えることもおすすめします。

・幸せは散歩から!歩き方を少し変えるだけで幸せになる方法

幸せは散歩から!歩き方を少し変えるだけで幸せになる方法
歩き方を変えるだけで幸せになる 歩き方ひとつで幸せになれるなんて、簡単な幸福度の上げ方だろう! そう思いましたか? 私は思いました。お散歩大好き芸人でよかったです。 運動が大切なのは多くの科学的な実験で証明されていますが、それでも習慣的になかなか...

気分転換には運動をしよう

また例えば、勉強や仕事をしていて集中できなくなったり、どうも作業する気が起きなくなってしまったら、散歩をして気分転換をするか筋トレをして脳みそをわざと興奮させてやる気を取り戻すという心理テクニックも使えます。

気分転換だけではなく、運動をして体を動かすことで脳みそを活性化させてやる気を起こさせることもできるのです。やはり運動は万能なメンタル補助剤なのです。

というわけで、気分が落ち込んだら運動、集中力が途切れたりやる気がなくなっても運動をして満足できる一日を過ごしてください。面倒臭いと思う人もいるかもしれませんが、それだけ効果がありコスパが良いのが運動なのです。騙されたと思ってお試しあれ。

やる気が下がらない心理学的な目標の立て方と、やる気が出ない時の対処法

やる気が下がらない心理学的な目標の立て方と、やる気が出ない時の対処法
やる気が下がるのは仕方のないこと まず最初に「やる気が下がらない目標の立て方」ですが、そんなものは心理学的にはありません。 やる気だけに限らず、人の感情というのは上がり下がりがあって当然のものなので、あなたがロボットかサイコパスでない限りは、ある時点で特定の目...
体を動かす人は抑うつ的な気分が改善しやすくなる
体を動かすだけで気分は勝手に良くなる
落ち込むことがあったらとにかく動くと良い
(Visited 19 times, 1 visits today)