スポンサーリンク

苦手な人を克服する方法!単純接触効果

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

学校でも職場でも、あるいは親族などの集まりでも、苦手な人に会うときがあると思います。ほとんどの場合、私たちは苦手な人とはあまり関わりたくないと思うので距離を取ってしまいがちですが、これだとその場に行くこと自体が嫌なストレスに変わってしまいます。そして嫌な気持ちがどんどん増幅されて言ってしまいます。

ですので逆に苦手な人には積極的に話しかけることをおすすめします。

会う回数が増えるだけで好かれるようになる

心理学には、単純接触効果(ザイアンスの法則)というお互いの好感度を上げる方法があります。ザイアンスという心理学者が見つけた心理効果ですので、ザイアンスの法則とも呼ばれていますが、これは顔をあわせる回数が多ければ多いほど、その人への好感度が上がるというものです。

商業的に利用しているのがテレビのCMですね。何度も目にすることで視聴者はその商品に親近感を覚え好感度が上がり購買につながるというものです。

たとえば私たちが買い物をしていて商品の選択に迷ったとき、メジャーな商品と初めて見る商品では、メジャーな商品を選びやすいというものです。他にも安いものがあるけれど、この商品の名前はよく聞くし、〇〇と言えばこれなのかもしれないな、と使ったこともないのにメジャーな商品を信用し買ったことがある人は多いと思います。

ストレスから逃げると辛くなる

以前の記事、ストレスはあなたを励ましてくれる出発のサインでも話しましたが、ストレスは逃げれば逃げるほど追ってきます。むしろストレスは行動を変える絶好の機会ですので、ラッキーくらいに考えてどんどん利用していきましょう。

ストレスを発散するということがひと昔前に流行ってしまって、多くの人はストレスと聞くと過剰に反応してしまうようになってしまったのかなと思う。ストレス=悪いものと扱われがちだけれど、バカとはさみは使いようということで、ストレスもまた使いようでプラスにもマイナスにも転じます。 ストレス...

また単純接触効果の逆を言えば、会わなければ会わないほどお互いの仲は悪くなっていきます。たとえば遠距離恋愛がうまくいかないのはこの原理が大きく影響しているからですね。

このように私たちは物理的な距離感と精神的な距離感を頭の中で重ね合わせて考えているので、苦手な人を克服するために相手に近づくのは必要なことなんです。

あなた自身のことを優先的に考えるにしても、嫌いな人がいるだけで健康上よくありません。もちろんすべての人を好きになって好かれる必要性はありませんが、嫌いな人のために気分が悪くなったりイライラしてしまうのはもったいないですよね。そのせいで好きな人に当たってしまったらそれこそ悲劇ですからね。

あなたにとって大切な人たち、あなたのことを大切にしてくれる人たちと過ごす方法は基本的にこのひとつしかありえません。それは、「好きでもない人と過ごす時間を削りとって少しでも多く自由な時間を得る」ことです。 以下は僕のツイートです。 「自分に対して否定的な態度を取る人とうんちみたいな...

ただ私が個人的に推奨するのは、本当に嫌いな人(間違っている人)とは付き合わない方がいいということです。

どうしても付き合わなければいけないだとか、ひょっとしたら相手のことを知らないだけかもと思える場合には、今回紹介した単純接触効果を使ってみてください。そのあとに「やっぱり最悪な性格だったわ〜」となったら関係を断つために行動していけばいいのです。

あと今回の心理術はもちろん恋愛にも使えます。お試しあれ〜^^

苦手な人を克服する方法!単純接触効果
最後まで読んでくれてありがと!
よかったらいいねしてたまにチェックしてね^_^/

SNSでコメント待ってます

よかったら友達になろうず