くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

幸せを多く感じている人に共通の思考パターンは、物事を単純に考えてすぐに忘れること

物事の捉え方次第で幸せは決まる

みなさんは物事を単純に考えてすぐに忘れる方ですか? それとも「もっと裏があるのではないか?」と複雑に考えて昔のことでも何度も思い返したりしますか?

 

実はこのちょっとした思考パターンの違いによって、私たちの幸福度には違いが出てくるということがわかりました。

 

物事を単純に考えると幸せになれる

ドイツのハイデルバーグ大学の心理学研究によると、物事を単純に考える癖のあってあまり深く分析しない人の方が幸せを感じやすいようです。

 

たしかにあれこれと考えを巡らすことによって、マイナスの感情を呼び起こすような悲しいことですとか怖いことを思いついてしまうことってたまにありますよね。夜中に一度考えだすと思考が止まらなくなって寝付けなくなってしまったり。

・やってはダメ!自信を失う行動と考え方。勇気を持つための心理学

https://kruchoro.com/post-2792/

 

反芻思考に注意

例えば、そうやって目の前で他の人が物事を深く考えすぎて怯えていたら「考えすぎだよ」ですとか「大丈夫だよ」と伝えられるくらい明るく考えられるのですが、不安を感じている当事者となるとマイナスの思考がさらに別のマイナスの思考を呼び、それが連鎖してつい考えすぎてしまいます。

 

そのような物事を何度も思い返して分析する反芻思考を持っている人よりも、答えが出たらそれを潔く受け止めて「なるほどね」くらいに済ましてしまう人の方が幸せを感じやすいということです。

 

このマイナスの反芻思考への対策として、自分のことでも一度、他人ごとのように考えてみると良いです。

 

そう考えることで「なんだ、大したことなかったな〜」とあっさりと思い直せるときもあるので、悩んだときにはこの方法を試してみることをおすすめします。

・起きた出来事を何度も繰り返し考えることで落ち込みやすくなる?

https://kruchoro.com/post-1900/

 

過去は潔く受け止め、対策を立てる

しかし何もすべての反芻思考や分析することが悪なのではなく、考えているふりをしてただウダウダと悩んでいるだけですとか、今さら考えても仕方のないことや答えの出ないことは「もう済んだこと」として終わらせてしまう技術も大切だということです。

 

そして、次に似たような状況になったときは別の選択をしようと結論づけておけば、嫌な経験をした記憶を何度も思い返さずに済みます。

・実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学

https://kruchoro.com/post-2928/

 

忘れるためのポイントは、次に同じ状況になったときの行動をあらかじめ選択しておくことです。

 

まぁ一言で言うと、「あんまりクヨクヨするな」ってことですね。自分の行動を自分できちんと決定して実践し続けることでクヨクヨする頻度を少なくすることができます。

・嫌な考えがピタッと止まる!マイナス思考を停止させる心理術

https://kruchoro.com/post-2938/

物事を単純に考えてすぐに忘れてしまう方が幸せを感じやすくなる!