くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

ストレス解消ってほんとに効果があるの?科学が認めたストレス解消法8選 その2

科学的に正しいストレス解消法とは?

今回は科学が認めた本当に効果のあるストレス解消法8選の続きです。前回は読書と運動でストレスが解消できますよーと解説しました。

 

今回も紹介するのは科学的に証明された本当に効果のあるストレス解消法ですので、ストレスが溜まった時などにお使いください。

続きを読む

速読・多読は無意味?本を読むことの本当のメリットとは何か?

科学が認める速読のメリット

これまで速読についてデメリットや悪いところを散々書いてきましたが、速読にもメリットはあります。今回は速読のメリットについて解説しています。

 

いきなりですが、速読のメリットとは何なのかというと、ずばり「知っているところを飛ばせる」、「知っていることしか書かれていない本を読まずに済む」ということです。

続きを読む

運動不足は原因ではない!人が太ってしまう本当の理由とは?

人が太るのは運動しないからではない

運動をしないと太るよという忠告がありますが、実は意外にもこれは科学が否定します。

 

確かに運動をすればそれだけカロリー消費量が増えるので脂肪が燃焼されて痩せていきます。減量をする際には、食事制限ダイエットと一緒に運動も推奨されていますよね。なので、ある意味では間違いではありません。

続きを読む

ただ文字を読むだけで幸福感と自信がアップ!活力アップの心理学

自信をつけたいのなら高速で思考しよう

2013年プリンストン大学のエミリー・プロニン博士の研究によると、マニック思考(レーシング思考)と呼ばれる「高速で物事を考える思考法」をすることで、想像力と幸福度がアップすることがわかっています。

 

実験では数種類の短文を学生に読んでもらいました。そのときグループを2つ作って、速く読む人と遅く読む人とに分けてそれぞれ文章を読んでもらいました。

続きを読む

科学が認めた本当に効果のあるストレス解消法8選 その1

科学的に正しいストレス解消法

世の中には様々なストレス解消法があります。昔から使われているものもあれば、オリジナリティあふれるもの、ついみんながやりがちなものなど色々です。

 

しかし、そうしたストレス解消法の中には、時にはストレス解消の効果がないものも入っています。

続きを読む

速読情報商材に気をつけて!科学的に正しい速読の方法とは?

速読のデメリットと落とし穴

以前、ジョージ・メイソン大学に勤める著名な経済学者のタイラー・コーエン教授がおすすめする速読&多読方法を解説しましたが、今回はコーエン教授が忠告する速読&多読のデメリット・落とし穴について解説していきます。

 

以前の解説を少し振り返りますと、速読をするためには多くの知識を身に着けるしかないという結論に落ち着きました。そもそも多くの知識を身に着けるために速読をしたいと思っているので、これでは本末転倒ですね。

続きを読む

デスクワークのせいで不健康になった体を健康に戻す方法とは?

座っている時間が長い人ほど死亡リスクが高い

最近の研究によると、一日に長時間椅子に座り続けると肥満になったり病気にかかるリスクと死亡率がアップする!ということがわかっています。これはいくつもの研究結果から示されていまして、座り仕事が増えている現代では悩ましい問題であります。

 

座っている時間が長いことが健康に悪いので、なんとかして座る時間を減らすしか解決の手立はないという感じだったのですが、どうやら運動をすることでもこのリスクを減らすことができるようです。

続きを読む