くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【外向性の弱点】外向的な子供は良くも悪くもまわりの影響を受けやすく、大人になっても引き継ぐ

 

 

子どものときの体験は健康状態に影響大

 

過去の研究によると、幼少期の体験と成人した後の健康状態の間には強い関係があることが示されています。

 

幼少期の体験は大人になってからの状態にも大きな影響があるのです。

 

また、環境に対する感受性の差異理論(The Differential Susceptibility to Environment Theory, または感受性差異仮説 Differential susceptibility hypothesis)では、子供の不利な経験や有益な経験に対する感受性に影響を与えるものに、性格を含むいくつかの要因があることが示唆されています。

 

これはつまり、その子供の性格特性によって、幼少時の経験の影響の強さが変わるということです。

 

そこで、2020年のブリガムヤング大学公衆衛生学部のジェイコブ・R・ミラー、アーロン・チャン、リネス・カーステン・ノヴィラ、アリス・アン・クランドール博士らの研究では、どのような性格の子どもが環境的な要因から大きな影響を受けるのかを調べました。

 

kruchoro.com

 

環境から影響を受けやすい人を調べた研究

 

成人246名(19~57歳)を対象に、外向的な性格特性、幼少期の有害・有益な体験(悪かったことと良かったこと)、成人の健康に関するいくつかの指標(実行機能、知覚ストレスレベル、うつ傾向、過去の喫煙習慣など)について質問しました。

 

次に、外向性スコアのレベルに基づいて参加者を階層化し、上位4分の1を「外向型」、下位4分の1を「内向型」、その間を「両向型」とラベル付けしました。

 

そして、集められたデータに統計解析をおこない、幼少期の体験と成人後の各健康指標との関係を評価しました。

 

外向性の高い人ほど影響を受けやすい

 

するとその結果、幼少期の体験と成人後の健康状態との関係は、一般に外向的な人ほど強いことがわかりました。

 

つまり、外向的な性格の人ほど幼少時の体験が影響を与え、大人になってもその影響が強く残りやすいのです。

 

別の言い方をすれば、外向的な人はまわりの影響を受けやすいということですね。これはポジティブな出来事とネガティブな出来事の両方に対して見つかりました。

 

kruchoro.com

 

外向的な人ほど影響を受けやすい理由

 

幼少期にポジティブな経験が多かった外向的な人は大人になってからもより健康になりますが、ネガティブな経験が多かった場合には不健康(実行機能の低下、ストレスの増加、うつ病の増加など)になってしまっていました。

 

外向的な人はポジティブな経験の後に大きな高揚感を経験しやすく、逆にネガティブな経験の後に大きな喪失感またはストレスを経験しやすいのです。

 

ドーパミン報酬に対する感受性が高まることで起こることから、この現象を「ドーパミンラッシュ」と言います。

 

つまり、外向的な人は、良くも悪くもドーパミンを与えてくれるようなものに反応しやすいのですね。

 

外部に楽しみを求める外向型の人は、内向型の人よりもたくさんの刺激を欲していて、いわば刺激不足な状態になりやすいのでこうなってしまいやすいのです。

 

 

外向的な人は環境感受性が高い

 

たしかに今回の研究結果は、「ノリがいい」「誘われたら参加しがち」「人付き合いが多い」という外向的な人のイメージとも一致します。

 

このように環境の影響を受けやすい性質を持つことを「環境感受性が高い」と言います。一見すると、内向的な人のほうが環境感受性が高いように思えますが逆なのですね。

 

内向的な人は外的な刺激に敏感なのは間違いありませんが、だからと言って環境感受性が高いわけではないのです。

 

今回の結果は、内向的な人や両向的な人と比べて、外向的な人は幼少期の環境の影響により敏感である可能性を示唆していますが、大人になってからもまわりからの影響を受けやすい可能性はありますね。

 

kruchoro.com

 

参考論文

 

Miller JR, Cheung A, Novilla LK, Crandall A. Childhood experiences and adult health: the moderating effects of temperament. Heliyon. 2020 May 8;6(5):e03927. doi: 10.1016/j.heliyon.2020.e03927. PMID: 32420492; PMCID: PMC7218023.

https://doi.org/10.1016/j.heliyon.2020.e03927