スポンサーリンク

左利きに天才が多いという話は本当か?を調べた脳科学研究

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

左利きは天才なのか?

左利きの人の特徴について、前回はハーバードの研究(左利きの人は年収が低く、頭も悪くなりがちだった)をもとに解説しました。気になる人はそちらを先に読んでみてください。

今回は「左利きの人には本当に天才が多いのか?」という疑問に答えていきます。

実は前回のハーバードの研究では主に中間層のデータを扱っていたので、左利きの両極にいる人たちの実態についてはよくわからなかったのです。

というわけで今回は、統計データ上、賢さのレベルで極端な位置にいる左利きの人たち、つまり天才と呼ばれる人たちについて扱った研究を紹介して心理解説していきます。

バカと天才の共通点。成功するための心理学的な秘訣
バカと天才にはあって、凡人にはない能力というものがあります。 実は、バカと天才の脳みそは脳科学的に似ています。昔からバカと天才は紙一重と言いますが、これはあながち間違いではないのです。 バカと天才の共通点、それはシンプル思考です。 シンプルに...

天才には病弱で眼鏡をかけた左利きが多い

1986年に行われたジョンズ・ホプキンス大学の教育学者カミラ・パーソン・ベンボウ博士の研究では、右利きの人に比べて、左利きの人の方がテストの点が良かったことがわかっています。

調査によると、1万人に1人という割合で数学的・言語的に早熟で賢い特徴を持った生徒の間では、次の3つの生理的特徴が高い頻度で見られました。

  1. 左利きまたは両手利きである
  2. 喘息やその他のアレルギーを持っている
  3. 近視である

つまり、天才や天童と呼ばれる人たちは、左利きでアレルギー持ちで眼鏡をかけている人が多いということです。

天才が成功するために必要なものはあれだった!これなくして成功することはない!
天才が成功するために必要なもの 今回は天才と成功者に関する心理学の研究を紹介します。 どんな人間であれ、成功のためには周りのサポートが欠かせません。それは天才と呼ばれる人たちでも同じです。 仕事でも好きなことでも、成功をするために必要な要因はいくつもありますが、...

天才が左利きで病弱になる理由

どうして天才の人たちには病弱だったり左利きだったり眼鏡をかけている人が多いのでしょうか?その理由は彼らの胎児期にあります

実は天才が持つ特徴のうち、「利き手」と「アレルギー」の2つに関しては、胎児期の発達段階で神経系や免疫系がテストステロンの影響を受けているためとされています。

テストステロンには、左脳の発達を遅らせて右脳を発達させる作用があると言われています。なので、このために母親のお腹の中で多くのテストステロンを浴びた胎児は右脳が発達し、左利きになる可能性が高くなるのだろうというのが研究者の見解です。

悲報!ネイティブ並みの英語力は10歳までに身に着ける必要があるという悲しい研究結果が。しかし…!
英語はいつ学び始めるのが良いのか? 外国話者を調べた海外の研究によると、外国語をネイティブのようにスムーズに話せるようになるには、10歳までにその語学を学んでおく必要があることがわかっています。 人間の脳みそは10代の頃にはどんな語学であっても環境さえあれば習得できる...

https://twitter.com/kruchoro/status/1126839455686352896

👉よかったらぜひツイッターのフォローをお願いします🙇‍♂️

左利きが天才になりやすい理由

また左利きの人は両脳の接続率が高く、本来は片方の脳みそに偏っている様々な機能を両脳に分散させています。

この特徴のために、右利きの人よりも脳みそをうまく使える可能性があると研究者は指摘しています。だから左利きの人は賢い人が多いのですね。

このように両脳を扱うことが巧みなために、左利きの人が脳卒中の発作に見舞われた場合には、右利きの脳卒中患者よりも復帰が早いこともわかっています。

血糖値が高いと記憶力が悪くなり認知症のリスクも2倍上がる
高血糖で脳みそにダメージ ドイツで行われた研究によると、血糖値が高いと記憶力も悪くなる可能性が示唆されています。 高い血糖値が体に悪いのは周知の事実ですが、体だけではなく脳みそにまでダメージが及ぶ可能性があるのです。

左利きには天才が多いは本当

というわけで、左利きには天才が多い説は本当でした。

前回のハーバード大学の研究が示す通り、普通に暮らしていると左利きの人にはデメリットが多いのですが、左利きであることをうまく利用することができれば天才にもなれる可能性があります。

左利きの人は、右利きの人にはない特徴を持っているので、せっかくならその特徴を利用して天才を目指していきましょう。

頭が良い人たちに共通するちょっと変わった思考習慣
秀才や天才には共通点がある 自分自身を大切にできる人は能力が伸びていきます。 自分が持つ能力や個性を伸ばすということは、自分の時間を才能の開発にあて、それに集中するということです。当然、無理をしていたり努力自体が辛くては続きません。私たちの頭には我慢できる許容範囲があ...
左利きには天才が多いは本当
天才は左利きでアレルギー持ちで眼鏡をかけている人が多い
左利きのハンディキャップを克服すると才能が開花する