スポンサーリンク

自分のダメな点を伝えて好意を勝ち取る心理テクニックとは?

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

私たちは好きな人の前では、相手に好かれたいがために、ついカッコをつけたり可愛こぶったりしてしまいます。また、なるべくなら自分の過去の失敗や不得意なことは隠しておきたいなと考えてしまうところもあります。私たちはこちらから好意を寄せる相手には自分の良いところをたくさんアピールして、ダメなところは目立たないようにしておきたいんですね。

しかしこうしたちょっとした隠し事でも、私たちは後ろめたさを感じてしまい、相手の前に緊張してしまったり思うように話すことができなくなってしまうことがわかっています。では、どうしたらいいのでしょうか?

答えは、自分の弱点や苦手なことを素直に相手に伝えればいいのです。

ダメなところを一緒に伝えた方が評価が高くなる

例えば、アメリカの心理学者であるアレン教授は、良いところだけを伝える一面提示よりも、良いところと悪いところの両方を伝える両面提示の方が20%も高く相手に信用されやすくなると言っています。

良い話だけをしていると私たちの耳には嘘っぽく聞こえてしまったり、強くおすすめされているような気になってしまうのであんまり良い気分になれないんですね。

また、この両面提示は疑り深い性格の人にほど効果的であることがわかっています。疑り深い性格の人は「この話には何か裏があるんじゃないか」と考える傾向があるので、悪いところがあるという事実を伝えることで安心できるということなんですね。

もちろん、疑り深くない人でも同じように効果があります。

良いところを一緒に伝えることを忘れずに

さらに、この両面提示の心理効果はドイツの研究でも証明されています。

ドイツの心理学者であるアインウィーラー博士は、一面提示と両面提示の効果の違いを調べるために、レストランにパンフレットを置いて実験しました。

この実験では、片方のパンフレットにはレストランの長所だけを載せてアピールしたのに対し、片方のパンフレットには「価格が割高にはなってしまいますが、品質の良い材料を使っています」のような短所と長所を合わせて紹介しました。

すると、アレン教授の実験のときと同じように、短所と長所の両面を提示したパンフレットの方が良い評価を得たのです。まさに正直さの勝利ですね。

というわけで、好きな人や憧れの人の前でカッコつけすぎるとかえって好意的な評価を得るチャンスを失ってしまうので、自分の中で心配なこと・不安なことがある場合は正直に話してしまうといいですね。

「実は今ものすごく緊張していて…」とか「こういうところはあんまり来ないからよくわからないんだ」と言って緊張していることや知らないことは素直に相手に伝えると、相手もすんなり納得してくれます。

このように正直に心の内を伝えることは自己開示と言って相手との距離を縮めるのにも必要なコミュニケーションのひとつですので、自分のダメなところはどんどんさらけ出していきましょう。

良いところだけをアピールすると嘘っぽく聞こえ、疑われやすくなる
ダメなところも一緒に伝えることで好意的な評価が得られるようになる
自分の弱点や苦手分野を素直に話すことは自己開示という重要なコミュニケーションになる