くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

意外!?男女が恋に落ちる理由は相手をよく見かけるかどうかだった

恋愛に大事なのは見覚えだった!

実はルックスや優しさ以外に人が人を好きになる大きな理由があります。

 

意外に感じる人もいるかもしれませんが、恋愛関係を築く上で大切なものは「見覚え」です。

 

私たちは頻繁に会っている相手と恋に落ちやすいという心理を持っているのです。同級生同士のカップルや職場恋愛で付き合う人が多いのはこの心理があるからなのです。

 

その人を好きになるかどうかは、相手の顔や見た目に見覚えがあるかどうかが重要なポイントで、顔を合わせる回数が多い相手ほどその人に対して強い魅力を感じるようになります。

・ずっとそばにいたいと人に思わせる!人を惹きつける魅力を持つ4つの愛されタイプとは?

https://kruchoro.com/post-4490/

 

たくさん会うほど相手が好きになる

この心理を説明する研究があります。アメリカ、ピッツバーグ大学の実験では、相手を見かけた回数を操作してから、その人の印象を尋ねるという心理実験を行いました。

 

この実験では、実際はクラスに登録していない3人の女性に、ほかの学生たちと混じって一緒に大きな講義室に座ってもらいました。その際に女性が講義に参加した回数を変えました。

 

1学期を通して、1人目の女性には講義室に5回座ってもらい、2人目は10回、3人目は15回と授業に参加している学生と女性との接触回数を操作したのです。

 

ただしこの講義中、女性たちはただじっと座っているだけです。教室には100名を超える学生がいましたが、彼らの誰ともひと言の会話も交わさないというルールの下で実験を行いました。

 

そしてその後でクラスの学生たちに、女性たちの魅力度を判定してもらいました。

 

すると、講義室に姿を見せた回数が多かった女性ほど魅力が高いことがわかったのです。比べてみると、授業に参加した回数が増えれば増えるほど、「女性に魅力を感じる」と答える回答数も増えていきました。

 

私たちはただ見かけた回数が増えただけで、相手に好意を覚えるようになっているのです。

・顔でもお金でも頭でもない!人が恋に落ちる本当の理由

https://kruchoro.com/post-2612/

 

物理的な距離を縮めると仲良くなる

以前にも住む場所が近ければ近いほどカップルが結婚する確率が高くなるという研究を紹介しましたが、これに近い心理が働くのです。

 

私たちは「物理的な距離=心理的な距離」という風に捉えるので、物理的な距離感が近くなればなるほど心の距離感も近くなって相手に好意を抱くようになるのです。

 

また単純接触効果の心理も同時に働きます。顔をあわせる回数が多いというのはかなり心理的に大きな影響があることなのです。

・異性に本当にモテやすくなる性格TOP10を海外の心理学研究から紹介

https://kruchoro.com/post-2647/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1109434367762268166

 

まずは好きな人との触れ合う回数を増やそう!

というわけで、好きな人にアプローチしたり気になる人と仲良くなりたい時には、まずはとにかく相手と会う回数を増やしてみてください

 

この段階では顔をあわせることが大切ですので、シチュエーションは二人きりのデートでなくても大丈夫です。他の友達と一緒に誘ってグループでよく遊ぶように心がけると相手を誘うハードルが低くなるのでおすすめです。

 

グループでの遊びなら相手としても気軽にあなたの誘いに乗って遊びに行けますからね。

 

それと同時に業務連絡もあなたからして、相手との連絡を取る回数も増やしていきましょう。単純接触効果ではとにかく相手と接触できる回数が増えれば良いので、チャンスがあれば相手と顔を合わせていきましょう。

・どんな人とでも最短で仲良くなれる!好意の返報性を使った心理テクニック

https://kruchoro.com/post-3825/

見覚えがある相手にほど好意を感じやすい
会えば会うほど相手の魅力が高まり、相手のことが好きになる