スポンサーリンク

どんな性格の人が会社で成功し認められるのか?社長や上司に気に入られる人たちの特徴

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

自分と似ている人からの意見は聞き入れやすい心理

私たちは自分と同じ思考や感覚を持つ人たちの意見ほどより簡単に受け入れてしまうという心理を持っています。自分と似たタイプの人からの説得やアドバイスには耳を傾けやすいのです。

これはリーダーや経営者といった人に指示を出したり方向性を決めて組織をまとめるといった集団行動の決定権を持った立場にある人も同じです。

つまり、多様な意見や反対意見というのはそもそも聞き入れてもらいにくい心理があるのです。組織が間違った方向にいつまでも進み続けてしまうのはこの心理があるためです。

部下は上司の喜ぶ意見しか言わなくなる心理がある

さらにはリーダーに付き従う立場にある人たちはこの心理のことを経験上よく理解しているので、権力を持っている人たちが喜ぶ内容の話や賛成意見しか言わなくなってしまうという集団心理すらも働きます

こうして多様性はさらに失われ、極端な意見に偏るようになっていきます。

また、相手に合わせることができる人ほど上司や経営者に気に入られやすいという事実も存在します。なのでなおのこと、従業員は経営幹部の顔色をうかがうようになります。

そして、上司が自分に合わせてくれる部下に高い評価を与えるのは、同じ意見を持っている彼らが正しい意見を言っていると思い込んでしまう心理があるからということがわかっています。

・悪者は見逃される?他人の悪事を注意する人はいない!不正に関する組織心理学

悪者は見逃される?他人の悪事を注意する人はいない!不正に関する組織心理学
組織の不正は防止できるのか? 今回は組織内で起きてしまう不正行為に関する心理研究を紹介します。経営者や組織内で集団をマネージメントしている人たちは会社内の不正行為防止の参考にしてみてください。 アメリカ、ジョージタウン大学マネジメント学科のマルシア ミッチェリ博士の組...

上司は自分と同じ意見を採用する

アメリカ、ニューヨーク州立大学で組織学を教えているレイモンド ハント博士は、210名の経営者を対象に従業員や部下からの意見や提言が採用されやすくなる心理的な条件について調査をしました

まず調査対象となった経営者の人たちを直感的に判断するタイプか、分析的に判断するタイプかに分け、それぞれに直感的なアドバイスと分析的なアドバイスを提示してみました。

すると、直感的な判断をする経営者は直感的なアドバイスを受け入れやすく、分析的な判断をする経営者は分析的なアドバイスを受け入れやすいという結果が出たのです。

つまり、リーダーは自分と同じ意見や考え方を持つ部下のアドバイスの方が、そうではない部下と比べて聞き入れやすいということです。

・同僚と仲良くなると良いことだらけ!仕事の成功と幸せをも決める社交性の高さに関する心理学

同僚と仲良くなると良いことだらけ!仕事の成功と幸せをも決める社交性の高さに関する心理学
成功と幸せ、両方を手に入れる方法 成功をしたければ独りよがりになるのではなく、周りの人と仲良くすることが大切です。 人間一人の力には限界があり、たとえ何でもうまくこなせるほどの器量があったとしても、その才能を分散させてしまっては器用貧乏のようになってしまい大した成果を...

出世するためには部下は上司に合わせなければいけない

逆に言うと、上司とぶつかるような意見は反感を買ってしまうので提言しても良いことはありませんし、下手をすると評価が下がることにも繋がります

身も蓋もない話なのですが、会社内で成功を収めるためには上司の意見や価値観と自分の働き方を統一させなければいけないのです。意見や価値観が上の立場の人と食い違うと評価を得られないだけではなく協力もしてもらえない可能性もあります。

例えば、組織の変革を行ったり方向性を大きく変えるのであれば、上司の考えに合わせた上で自分の主張を少しずつ従来の慣習に織り交ぜていく必要があります。

最初から上司の意向とは違う意見を伝えても無視されてしまう可能性が高いので注意しましょう。

・こんな人は昇進・昇給も思いのまま!上司から良く思われるための人付き合いの心理学

こんな人は昇進・昇給も思いのまま!上司から良く思われるための人付き合いの心理学
昇給・昇進はどれだけ上司に好かれるかが重要! 今回は上司に取り入る方法・上司と仲良くなる方法に関する心理学研究を紹介します。年上の人や立場が上の人たちとの付き合い方に困っている人は参考にしてみてください。 また今回のテクニックは上司から見たときのこちらの評価を上げる効...

https://twitter.com/kruchoro/status/1067720951196860416

👉よかったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

上司や経営幹部をうまく説得する方法

今回の研究はちょっと切ない内容でしたが何はともあれ、まずは自分の上司のタイプを見極めるところから行動を始めていきましょう。

説得する相手の情報は持っていても損はありませんからね。相手を知り、自分を知るところからコミュニケーションスキルは高まっていくのです。

そうして相手との心理的な距離を詰めてから、多様な意見を取り入れてもらうように行動を起こしていくと新しい意見であっても受け入れてもらいやすくなります

上司や経営者と言っても心理で動く人間ですので、心理テクニックは有効です。正攻法でうまく行かない場合は工夫をして相手の説得にあたりましょう。

・簡単なあることをするだけで、相手が優しくなってお願い事がずっと叶いやすくなる

簡単なあることをするだけで、相手が優しくなってお願い事がずっと叶いやすくなる
相手を褒めるだけでお願いは通りやすくなる 実に単純な心理法則ですが、私たちは人に褒められると相手の頼みごとや説得を聞き入れやすくなります。 ですので誰かにお願い事がある場合は事前に相手を褒めることでお願い事の承諾率が上がります。太鼓持ち芸人のスキルのひとつですね。 ...
人は自分と同じ考えを持った人の意見しか聞き入れない心理がある
リーダーや上司も自分と違う意見は聞き入れにくい心理的な傾向がある
相手と異なる意見を伝えるのならまずは親密な人間関係を築こう