くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

ストレスをプラスに変える心理学!ストレスを味方につけて鋼のメンタルになる考え方

ストレスをプラスに変える

多くの人はストレスと聞くと過剰に反応してしまうようになってしまっていますが、実はストレスというのは絶対悪というわけではないのです。

 

ストレス=悪いものと扱われがちなのですが、道具が使い方次第で効果を変えるように、ストレスもまた我々の使いようでプラスにもマイナスにも転じます

 

ストレスの発散は一時しのぎ

ストレスを感じるとすぐに私たちは「発散させなくちゃ」「休まなくちゃ」と考えがちですが、これは一時しのぎに過ぎません。そしてこうした一時しのぎは何度もやると、一時しのぎにすらならなくなります。

 

アルコール依存症を想像してもらえればわかりやすいのですが、アルコール依存症というのは最初からガブガブ飲んでいたわけではなく、だんだんと量が増えていった結果かかる病気です。

 

アルコールは量を増やせば酩酊効果の時間も増えていきますが、ストレス発散に関してはもっと短い限界があります。

https://kruchoro.com/post-4467/

 

ストレスの元を解決しないとずっと苦しむ

ストレス解消をしてすっきりしたと言っても、少しは残っていたりストレスを与えたものを思い出せば復活します。

 

こうなるとイタチごっこのようになってしまいますが、問題を解決させない限りは必ずストレスの方が最後に勝ちます

 

ですので、私たちはストレスを発散させるのではなく、ストレスを生み出す原因となっている問題と向き合わなければいけないのですね。

https://kruchoro.com/post-3936/

 

ストレスは新しい行動をするための合図

しかしストレスというのは単純に悪いものなのではなく、ただの変化の兆しなのだと捉え直すことができれば大分気持ちが楽になります

 

このようにストレスを捉えることができるようになると、ストレスを感じたら「あ、ストレスを感じているぞ!ということは今の生活のどこかを変えなくちゃいけないんだな」くらいに考えられるようになるのです。

 

ストレスの訪れ=新しい自分に挑戦するのにぴったりの機会がやってきた

 

という感じです。ストレスを感じたら行動するための理由や後押しを得たようなものなので、むしろ喜んでもいいのです。ここまで来れば最強です。

https://kruchoro.com/post-5642/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1150899089891946498

👉いいなと思ったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

 

ストレスに対処すると幸福度が上がる

そのようにしてストレスに対処できるようになっていくと、自分が自分の人生をきちんとコントロールしている実感が生まれて自信がつき、もっとストレスへの対処がうまくなっていきます

 

というわけで最初は誰にとっても大きなストレスを解決することは難しいかもしれませんが、小さいストレスから解決していくと経験値が手に入ってレベルアップし、大きなボスも倒せるようになります。そして気づけば、あなたは世界を救う勇者に転職しています。

 

さあ、まずは一番近くの洞窟から攻略していきましょう!

https://kruchoro.com/post-5807/

ストレスは考え方次第でプラスにマイナスにもなる
ストレス解消は問題解決にならないのでずっとストレスを抱えてしまう
ストレスを感じたら生活に変化をつけよう
ストレスはあなたを励ましてくれる新しい行動のサイン