くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【なぜ黙る?】みんなで楽しく話していても突然沈黙が訪れて気まずくなる理由とは?

f:id:kruchoro:20220209182714j:plain

 

 

会話中に生まれる気まずい沈黙について

 

友達とどんなに会話に盛り上がっていても、沈黙は突然現れます。

 

別に会話が楽しくなかったわけではありません。あなたもほかのみんなも本当に心から楽しく話をしていました。しかし、沈黙は訪れます。なぜでしょう?

 

俗説によると、人のグループは1時間楽しくおしゃべりを続けたら20分ほど静かになる、と言われています。

 

英語圏では、Awkward silence(気まずい沈黙)と呼ばれ、対処法もいくつか考えられています。

 

kruchoro.com

 

脳みその負荷を軽くするため説

 

会話の後で人が沈黙をするたしかな理由はまだわかっていませんが、一説によると、こうした沈黙の時間は周りに危険が訪れていないかを定期的に確認するためにおこなっているものと考えられています。

 

また、別の説では、常に会話が続くと脳みそに負担がかかりすぎるために、一時的に沈黙の場を設けて情報処理能力を回復させているという話もあります。

 

会話によるストレスを癒すため説

 

さらには、会話の生み出す騒音が健康に害を及ぼすという説もあります。

 

人が長いあいだ騒音のある環境にいると、ストレスレベルが上がり高血圧になることがわかっています。

 

つまり、会話によるストレスを癒すために私たちは定期的に沈黙するのです。

 

 

沈黙時には無理に話をしなくていい

 

はっきりしたことは言えませんが、現在では以上の理由から、ある程度会話を楽しんだ後で私たちは一時的に沈黙すると考えられています。

 

なので、楽しい会話の後で沈黙が訪れたら、無理に話し続けたり新たな話題を必死に探すよりも、ゆっくりと休むと良いでしょう。

 

沈黙の時間を苦手に感じるのは一般的な感覚なので、あとは慣れです。

 

kruchoro.com

 

参考文献

 

Does a hush really pass over a crowded room 20 minutes after the hour?

https://science.howstuffworks.com/science-vs-myth/everyday-myths/hush-crowded-room.htm