くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【協調性】協調的な性格の人はどんな人か?6つのポイントを解説

f:id:kruchoro:20211122192111j:plain

 

 

協調性を構成する6つの特徴

 

協調性とは、簡単に言うと、個人が親切、共感、信頼、協力、同情的であるかどうかを示すものです。

 

別の言葉で言い換えれば、協調性が高いかどうかは、その人が社会にどれだけ適合しているかを示す指標であるとも言えます。

 

協調性という特性の中には、次に挙げたように6つの側面や下位特性があり、これらの要素を組み合わせて、その人が協調的な性格かどうかをさらに詳しく測ることができます。

 

  1. 利他主義
  2. 協力的
  3. 謙虚さ
  4. 素直さ
  5. 共感
  6. 信頼

 

これらの特性について、これから順番に解説していきます。

 

kruchoro.com

 

利他主義

 

協調的な人は、人を助けることで気分が良くなります。

 

さらに、彼らは善行を行うことで多大な内的報酬を得ており、それを自己犠牲による行動であるとは考えていません。

 

つまり、協調性の高い人は、人助けや良い行いというその行為そのものから充実感を得ているのです。

 

一方で、協調性が低い人は、人を助けることを押し付けられたように感じ、自分から積極的におこなおうとは思いません。

 

たとえ自分の非情さを認識していても、わざわざ行動を変えようとは思わないことが多いのです。

 

協力的

 

協調性のスコアが高い人は、他人との対立を避けるためにあらゆる努力を惜しみません。

 

まわりからは平和主義者だと思われたいので、他の人と仲良くするために自分のニーズや利益を犠牲にすることが多くなってしまいます。

 

一方で、協調性のスコアが低い人は、自己の利益になることを頻繁に要求したり、自分の意志を他人に押し付ける傾向があります。

 

また、自分の思い通りに他人を動かすために、ときには脅したり攻撃的な態度をとることもあります。

 

誠実

 

協調性のスコアが高い人は、素直で誠実な傾向があります。

 

自分の欲しいものを手に入れるために、ほかの人を操ったり蹴落としたりする必要性をほとんど感じていません。

 

同様に、彼らは純粋で愛情深い人だとまわりからもみなされ、親しみやすいイメージが持たれます。

 

しかし、協調性のスコアが低い人は、特により都合が良いと判断した時には、人を騙すことに何の問題もないと感じることがあります。

 

また、彼らは自己の利益を守るために秘密主義になる傾向もあります。

 

kruchoro.com

 

控えめ

 

協調性のスコアが高い人は、非常に現実的な考え方を持ち、他人よりも優れていると主張することはほとんどありません。

 

彼らは謙虚であることが多く、そのためにかえって自己評価が低くなってしまうことが時にはあります。

 

一方で、協調性が低い人は、より傲慢な態度をとり、他人を利用することもいといません。

 

また、自分が他の人よりも優れていることを示すために、より多くのアピールをすることがあります。

 

思いやり

 

協調性のスコアが高い人は、非常に思いやりがあり、すぐに他人を気遣ったり心配したりすることができます。

 

また、高度な感情的な知性を持ち、非常に共感性が高く、他人の痛みや苦しみにも共感することが多いです。

 

親しい人に何かあったときにすぐに気持ちを察することができるのも協調性の高い人の特徴です。

 

協調性のスコアが低い人の場合は、情け深くなることがあまりなく、他者に共感を感じなかったり感じにくい傾向があります。やや非情なイメージです。

 

信頼感

 

協調性のスコアが高い人は、他の人が基本的には善人で善意を持っていると考える傾向があります。

 

また、他人を裁いたり糾弾するのが少なく、実際に行うにしてもタイミングが遅くなります。彼らは無条件に他者を大切にすることが多いのです。

 

一方、協調性のスコアが低い人は、他人を利己的で自分本位な存在と見なし、自分の利益のためだけに行動していると考える傾向があります。

 

また、ほかの人を自分の利益や幸福を脅かす存在と見なして敵視することもあります。

 

 

協調的な性格かどうかを調べる簡単なテスト

 

全体的に見て協調的な人とみなされるのであれば、生活の中でかなり一貫して行われている共通の行動があります。

 

ここでは、協調性の高さを調べるために、協調性の高い人がする一般的な行動をいくつか紹介していきます。

 

下記の項目の中から、自分に当てはまることがいくつあるのか探してみてください。

 

  • 自分の利益よりも他人の利益を優先する
  • 人を喜ばせる行動をとることがある
  • 他人からの肯定的な態度や評価を必要とする
  • 親切で、思いやりがあり、人助けを良くする
  • 利他的な活動やコミュニティのイベントに参加する傾向がある
  • 争いを減らすためなら、自分の考えや理想も妥協する
  • 攻撃的な態度や矛盾した態度をとらない
  • 正直で誠実な言動を心がける

 

これらの事柄のうちで当てはまるものが多ければ、あなたは協調性の高い人であると言えます。

 

kruchoro.com

 

参考論文

 

Jakobowitz, Sharon & Egan, Vincent. (2006). The Dark Triad and normal personality traits. Personality and Individual Differences. 40. 331-339. 10.1016/j.paid.2005.07.006. 

https://doi.org/10.1016/j.paid.2005.07.006

Ashton MC, Lee K. Honesty-humility, the big five, and the five-factor model. J Pers. 2005 Oct;73(5):1321-53. doi: 10.1111/j.1467-6494.2005.00351.x. PMID: 16138875.

https://doi.org/10.1111/j.1467-6494.2005.00351.x

Costa, Paul T. et al. “Facet Scales for Agreeableness and Conscientiousness: A Revision of the NEO Personality Inventory☆.” Personality and Individual Differences 12 (1991): 887-898.

https://doi.org/10.1016/0191-8869(91)90177-D