スポンサーリンク

心理的に息苦しいときにやるしぐさの心理学3

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

スーツを着ることで変わる人の心理

みんなは普段Yシャツ派ですか? それとも、Tシャツ派ですか?

ビジネスマンやOLの人は圧倒的にYシャツを着ることが多いかなと思います。移動時間とか含めたら仕事の時間って一日の半分近くもありますものね。

ちなみに、ビジネススーツを着ていると世間的に見るとマイナスイメージの個性が隠せて仕事のスイッチが入るという一方で、利己的で自分勝手な振る舞いをする傾向になってしまうという研究結果も出ていますので、仕事のときの服装が選べる人はなるべく緩いカジュアルなものを着るといいです。

そのファッションで表す個性も使いようですからね。ファッションはコミュニケーション手段のひとつです。

・無意識に相手に好かれ、信頼されやすくなる人の条件とは?

とはいえスーツは便利であり、世界にはまだまだスーツを着て仕事している人が多いです。そして仕事をしている時間というのは思っているよりもけっこう多く、そうなると必然的にスーツを着ながら人と接する機会というが多くなります。

そこで、スーツを着ている人ならではのしぐさの心理学について今回は話していきます。

緊張しているしぐさ、換気行動

さて、私たちがストレスを感じていたり舞台に上がるなどしてちょっと緊張していたりときによく行うしぐさとして換気行動があります。

換気行動ってなんぞ?って言うと、そのままなんですが、服の襟や胸ぐらあたりを掴んで引っぱり服の内側に空気を入れるしぐさのことです。

「ああ、あちぃー」とか言いながら首まわりの襟を引っ張っている男の人が想像できましたか? そうそう、そんな感じです。この場合は暑いから服の中に冷たい空気を送り込んでいるのですが、私たちは緊張するとこの換気行動を取ります。この「襟引っぱり」は男の人が行う場合が多いですね。

・人は考えすぎると、失敗する確率が上がってしまうので注意という心理学研究

女性の換気行動

ただし、女性の場合だと文化的にやりにくい傾向があります

その代わりに女性は後ろに垂れている長い髪の毛をバサッとあげたり、前髪をかきあげたりします

また腕を前にやったり体をちょっと丸めたりして、さりげなくブラウスをゆったりさせて空気が入りやすくする場合もあるみたいですが(女性の服は男性の物よりも首元が広く開いていることが多いですよね)、個人的には「それ本当ですか?」って感じなんですよね。

「あたし、やっているよ!」っていう女性の方いますか?笑

と言っても、換気行動は普段は無意識にやっているので、自分でも気づきにくいことかもしれませんが。

・よく笑う女性は本当にモテることが心理学研究によって判明!しかし男性は…?

換気行動はわかりやすい

男性の場合の換気行動は襟元を引っ張ったりネクタイを緩めたりするのでわかりやすいです。アニメとかドラマで緊張するシーンを演じている俳優さんは、演技の中でたいていやっているんじゃないんですかね?

つまり、それくらい一般的にも見ていてわかりやすいしぐさなんですね。「あ、おどおどしてる!」ってなります。嘘をついている人が焦ってつい換気行動をやってしまうこともありますね。

緊張した場面に遭遇したとき私たちはよく「息苦しい」という表現を使いますが、そうやって心理的に息苦しくなると連動して身体的にも息苦しくなるので、呼吸がしやすいように自然と換気行動を取るようになるんですね。

もうひとつわかりやすいのは、髪の毛を触るしぐさです。

・不安を感じたときに落ち着きを取り戻す方法。しぐさの心理学1

日本人の換気行動は少し特殊かも

とは言っても、日本人は一般的にそういう自分の気持ちをストレートに表現している行動を取ることは相手に失礼だと考えるので、もっとさりげなく換気します

襟ではなく腕の裾を触ったり、袖のボタンを外して換気しやすくしたりといった感じですかね。手首をクルクルッって回転させる行為もそうですね。そうやって腕時計の締め付けを楽にして腕部分の換気をしています。

と、それくらい換気行動は見た目でわかりやすいので(暑がっているというイメージもついちゃうしね)、私たちは商談などガチの交渉のときはもっと別の、よりさりげないしぐさで不安や緊張を表します。が、その話はまた次の機会ということで。

ちなみにこれは余談ですが、私の場合はやたらと自分の顔を触ります笑。これは換気行動ではなく心を落ち着かせるためのなだめ行動です。ただの癖かもしれませんが。同じしぐさをするよって人がいたらお友達になれそうですね。

・緊張している相手を気遣うためのしぐさの心理学2