くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【簡易性格テスト】内気な外向型、社交的な内向型の人はどんな人?

f:id:kruchoro:20220410200748j:plain

 

 

自分の社交性と外向性のタイプを理解する

 

あなたは、内向型/外向型、内気型/社交型のうち、どの特性に最もよく当てはまるでしょうか?

 

もちろん、人を簡単に分類することはできませんが、外向性と社交性に関して言えば、ほとんどの人は次の4つのグループのいずれかに傾いていると考えられています。

 

  1. 社交・外向型(Outgoing Extrovert):対人恐怖心がない、外的刺激が必要。
  2. 内気・外向型(Shy Extrovert):対人恐怖心が強い、外的刺激が必要。
  3. 社交・内向型(Outgoing Introvert):対人恐怖心がない、外的刺激に弱い。
  4. 内気・内向型(Shy Introvert):対人恐怖心が強い、外的刺激に弱い。

 

見ての通り、ポイントは「人付き合いに恐怖を感じるか?(内気・社交レベル)」と「刺激を欲するか?(内向・外向レベル)」の2つに分けられています。

 

自分のタイプをしておくことで、メンタルヘルスの管理や社交に関する問題に対処しやすくなりますので、以下の簡単なテストを使ってぜひ調べてみてください。

 

kruchoro.com

 

社交・外向レベルを調べるための簡単なテスト

 

今回は、自分がどのグループに最も近いのかを把握できるように、それぞれのカテゴリーに属する人が、いくつかの典型的な社会的交流のシナリオに対してどのように反応するかを説明していきます。

 

以下の文章を見て、自分の行動によく当てはまったり、自分の性格に最も近いパターンのものを見つけてください。

 

場面1、パーティーのような人が多い場所でのふるまい

 

  • 社交・外向型:めちゃめちゃ楽しい!人が多い場面にいると元気が出る!早くみんなと話したい!
  • 内気・外向型:みんなと一緒にいるのは楽しいけど、怖くて話しかけられない。
  • 社交・内向型:みんなと一対一で話すのはすごく楽しいと思う!でも、人混みにはちょっと圧倒されてしまいます。
  • 内気・内向型:早く家に帰りたい。たくさんの人と一緒にいると疲れるし、緊張して誰とも話せない。

 

場面2、図書館のような静かな場所でのふるまい

 

  • 社交・外向型:ふぁ~、眠くなってきた。誰か話せる人がいないかな?それとも誰かにメールしてみようかな。友達は今夜何してるんだろう。
  • 内気・外向型:図書館にいるのはかなり退屈だけど、少なくとも人目につかずに隅に隠れることができるし、人前でへまをやらかすこともないから安心だ。
  • 社交・内向型:図書館は最高!いろんなことを学べるからすごい楽しい!司書さんとおしゃべりして、面白い話でも聞いてみようかな。
  • 内気・内向型:図書館は最高だね。本で自分の顔が隠れるから安心できるし、一日中読書ができる。でも、知りたいことがあっておm司書さんに質問するのは怖くてできない。

 

場面3、電話が鳴ったときの反応

 

  • 社交・外向型:お!誰だろう!?ワクワクする!(最初の呼び出し音で、すぐに電話に出る)。
  • 内気・外向型:うーん、電話かぁ。誰だろう?本当はすぐに話したいけど、電話に出るのは怖いな。(電話に出るのがかなり遅い)。
  • 社交・内向型:ああ、仲の良い友達だといいな!最近どんな感じなのか、話を聞くのが楽しみだ。(数回鳴った後に電話に出て、ほとんど相手に話させて聞き役になる)。
  • 内気・内向型:ああ、やめてくれよ。電話には出たくない!もし変なことを言ってしまったらと考えると怖いんだ。とにかく、誰とも話したくない。(電話に出ずに留守電にする)。

 

 

社交性・外向性は変化することもある

 

といった感じです。最初にも言いましたが、人間の性格は複雑で当てはまるタイプを見つけたからと言って、常にこれらのタイプでいるわけではありません。

 

また、社交性も外向性も訓練次第で自分の望む方向へ改善することもできます。

 

自分のタイプに満足していれば大丈夫ですが、特性が偏りすぎると人間関係に問題を抱えることになりますので悩んでいる人は自分の特性をよく理解したうえで対処していきましょう。

 

kruchoro.com

 

参考論文

 

Heiser NA, Turner SM, Beidel DC. Shyness: relationship to social phobia and other psychiatric disorders. Behav Res Ther. 2003 Feb;41(2):209-21. doi: 10.1016/s0005-7967(02)00003-7. PMID: 12547381.

https://doi.org/10.1016/s0005-7967(02)00003-7

Afshan, Ambreen, et al. “Shyness, Self-Construal, Extraversion–Introversion, Neuroticism, and Psychoticism: A Cross-Cultural Comparison Among College Students.” SAGE Open, Apr. 2015, doi:10.1177/2158244015587559.

https://doi.org/10.1177/2158244015587559