スポンサーリンク

連休明けが苦しい人へ!五月病にならないための心理学まとめ

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

五月病対策

ゴールデンウィークの連休も明けて5月のお仕事も本番に突入するので、五月病を防ぐためのストレス対策について話していきます。

実は、2003年をピークに日本の自殺率は下がり続けていますが、40歳以下の人では自殺が事故やがんなどの死亡率よりも2倍以上高く、いまだに死亡原因では一位となっています。

つまり、五月病対策、ストレス対策をしておくことは、40歳以下の若い人たちが生き続けるために必要なことの1つなのです。若い世代にとってのストレス対策は健康のためだけではなく、生命の維持のためにも必要なことなのですね。

というわけで、明日の仕事のことを考えて憂鬱になってしまっている人は参考にしてみてください。

https://twitter.com/kruchoro/status/1124197965663358976

心の健康に大切ことは4つ

5月に限らずどんな時でも言えますが、健康状態を維持するための基本的な事柄は睡眠、食事、人間関係、運動の4つです。

なので、理由もわからずにある時突然、気分が沈んできたり体調が悪くなってきたら、まずはこの4つの指標を再確認しましょう。調子が悪いと感じる時には4つのどれかが不足している可能性が高いです。

また習慣的にもこの4つの健康指標のうちのどれかが欠けていたり、疎かになっていると感じている場合は、まずはそれを改善するところから始めると良いです。基本的なことができていないのに他の健康習慣を取り入れても、思うように体調は回復してくれませんからね。

というわけで、4つの健康指標を守るために具体的には以下のような行動を心がけましょう。

 
 
▶️7時間以上の睡眠を取る
▶️ジャンクフードを減らして野菜をたくさん食べる
▶️素直な顔を見せられる明るい友人を作る
▶️1日15分間の運動時間を作る

・ネガティブに反応しやすい人の特徴がわかったので、今のうちに改善しておこう

ネガティブに反応しやすい人の特徴がわかったので、今のうちに改善しておこう
自分の性格を知っておくと役立つ 自分が陥りがちな心理状態や思考習慣、さらにはポジティブなことを考えやすいかネガティブなことを考えやすいかとった傾向を知っておくことは人間関係を良好に保ち、人生の満足度を高めていく上で大切な情報のひとつです。 自分について知ることで、私た...

短期的には睡眠と食事の改善が大切

これらは上から順に優先度の高い、大切なことです。基本的にはこの4つの生活習慣を守っていれば健康になれますし、ひどく不幸な気持ちになることもないかと思います。

この優先度は短期的に健康効果を得やすいものの価値を高めに設定しています。

睡眠時間が少ないと脳みその疲れがリセットされずにどんどん老化していきますし、心の状態も乱れてしまうので仕事のパフォーマンスが下がったり人間関係が悪化したりします。

https://twitter.com/kruchoro/status/1094561366067867648

また、食事も睡眠と同じくらい大切です。空腹さえしのげれば死にはしないので、私たちは食事の効果を軽くみがちなのですが、実は意外と食事の優先度は高めになのです。

・モテるかどうかは食事の内容で決まる!恋愛の結果を左右する健康心理学

モテるかどうかは食事の内容で決まる!恋愛の結果を左右する健康心理学
あなたがモテるかどうかは何を食べているかで決まる 今回は、食事と恋愛に関する心理学研究のお話です。 食事の内容次第で異性にモテるかどうが決まる!という衝撃的な事実が判明しました。 食事の内容が私たちの魅力度を変えてしまうとは、どういうことでしょうか? その答えは、...

なので、具体的には加工食品を食べる量を減らしつつ、意識的にも野菜を食べることはもっと重要視したほうが良さそうです。サラダのセットを注文したり、食事を選ぶときには緑色の食材を取り入れたりしましょう。栄養不足やジャンクフードの心理的な悪影響はバカにできないのです。

食生活は健康のためにかなり大事!

しかし食事はよく言われるように、ジャンクフードを減らして野菜を多く摂るようにするだけでかなり改善できます。難しいことを考える前にとにかく野菜を多めに食べるようにしましょう。

なので、もしもこれまで食事の心理的影響をあまり考えたことがない人がいるのなら、食事に対する考え方を改めた方が良いかと思います。

・あなたの性格を決めるのは友達!友達付き合いは心理学的に超重要

あなたの性格を決めるのは友達!友達付き合いは心理学的に超重要
行動や性格はうつる! 性格は人から人へと感染します。 私たちは遺伝子の影響を受けるのと同じように、友達や日常生活でよく関わる人たちから影響を受けています。しかもそれは自分たちで思っているよりも大きな影響です。 なんとなく友達の真似をしたり、友達が始めたことを一緒...

偏った食事をすると体力だけではなく、気分も落ち込むのだと理解しておきましょう。

そして運動はやはり優先度が低めです。ただ、健康な人生を目指すのなら絶対にしたほうが良いです。

また、数分で元気になることを目指すのなら運動が一番良いです。ほんのちょっと筋トレをしたり、 好きな音楽を聴きながら周りを散歩するだけでも気分が良くなります。日中の散歩は、うつ病対策としても有名ですからね。

・心を明るい気持ちにさせる超簡単な運動方法!

心を明るい気持ちにさせる超簡単な運動方法!
運動すれば幸せになれる 幸せを感じられるようになりたければ運動がおすすめです! と、本ブログではたびたび運動の大切とその効力の偉大さについては書いてきておりますが、もうひとつ、軽い運動でも心理的に良い影響がありますよ〜という研究が見つかったので、今回はそれを紹...

定期的に人に甘えよう

続いて、上級者向けのテクニックですが、主に人間関係の改善が目的です。

▶️小さなことでも人に頼る、甘える
▶️人助けや奉仕活動をする
▶️知らない人に話しかける、親切にする
▶️友達を増やす
▶️ストレスフルな人間関係を断つ
▶️知らないことを知り、新しいことを始める
▶️大切なことを犠牲にする誘いにはNOと言う

ここでは人に助けを求めることが最重要です。人間は社会的な動物ですので、親しい人との触れ合いが水と酸素に並んで生きるための必須項目になります。

人間関係の調整は、ストレス対策の中では意外と抜け落としがちですので注意してください。人間関係を良好に保つための工夫は自身の健康のためにもおろそかにしないようにしましょう。

ご飯を食べて眠ることと同じくらい、人間関係は大事なのだと覚えておきましょう。ご飯を食べなくなると活動できなくなりますが、人間関係を悪化させても活動量が減ってしまうのが人間なのです。

https://twitter.com/kruchoro/status/1125359360459149312

最後にまた繰り返しになりますが、健康に関しては、特に、睡眠、人間関係、運動、食事が大切だということを覚えておいてください。心が疲れた時はこの4つを見直しましょう。

・悲しくても笑おう!は間違いだった?無理に笑っても幸せになれない心理学的な理由

悲しくても笑おう!は間違いだった?無理に笑っても幸せになれない心理学的な理由
笑ってみても良い感情は生まれない 「人は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」というのはよくある心理学のアドバイスです。 しかし、近頃この研究が否定されています。 2016年に行われた追試験で「作られた表情は感情に影響を与えるのか」という同じ実験を繰り返...
健康の基本は睡眠、人間関係、運動、食事
疲れてきたら優先的に睡眠と食事の状態を改善しよう
次に人間関係を見直そう
余裕があったら散歩などの軽い運動をしよう